fc2ブログ

御宸翰と報恩と怨念 その3 【報恩と怨念】

600オンライン坐禅会 法話 一般向け 報恩 恩と怨 20230414


これまで、「御宸翰と報恩と怨念」について記事を書かせていただいています。


その1では「巡教・開教・御宸翰って何?」と題して御宸翰について紹介をしました。
記事はこちらです。

その2では「報恩と怨念」について、怨が恩に変わった瞬間を紹介しました。
記事はこちらです。





最後はその3として「報恩と恩返し」について紹介をさせていただきます。




その1で御宸翰(花園法皇が妙心寺を建立して欲しいと願った手紙)について、


禅の修行をされ、悟りを開かれた花園法皇様が願ったのは


「報恩謝徳」と仏教の教えを盛んにしたいという「仏法興隆」だったのです。



と紹介をしました。


「報恩謝徳」は「恩に報いて感謝をする」とも言い換えることができる言葉です。


では、恩に報いるとは何でしょうか。




私は前回の記事で紹介をさせていただいたように、看護師さんの暖かな手で怨みの心が「恩」の心に変わったことがあります。


「恩」をいただいたのです。


では、この「恩」に対して何をすればよいのでしょうか。


感謝をすれば良いのでしょうか。


もちろん感謝は必要です。


しかし、本当に必要なのは花園法皇様の御宸翰の中にもあった「報恩謝徳」です。


感謝して、恩に報いることが必要になってくるのです。


恩返しではありません。看護師さんに恩を返すのも大切なのですが、感謝をしても返しきれないこともあります。


それよりも、恩を返すだけでなく、「恩」を誰かのために使っていく・活かしていくことが報恩です。


私は看護師さんがそっと背中さすってくれた手で怨(おん)を恩に変えることができました。看護師さんの手という恩を受け取ったのですから、今度は自分の手を誰かのために使っていくことが報恩なのです。


困っている人がいれば、同じように手を添える。


それだけではありません。誰かのためにこの手を使い切っていく。


それが本当に大切なことだと、臨済宗妙心寺派の生活信条は3つの言葉で端的に表します。




生活信条 【臨済宗妙心寺派】

一日一度は静かに坐って、身体と呼吸と心を調えましょう。

人間の尊さにめざめ、自分の生活も他人の生活も大切にしましょう

生かされている自分を感謝し、報恩の行を積みましょう






最後に報恩の行を積みましょうとあります。


この3つの言葉を逆から読んでいくと、今何をしたら良いのかが分かります。



報恩の行を積むために、まず生かされている自分に感謝します。

自分の生活も他人の生活も大切することで、自然と自分が生かされていることを実感することができます。

人間(生きとし生きるもの)の尊さに気がつけば。自然と周囲の生活を大切にしていきます。

身体と呼吸を調える(整える)と自然と心が調います(整います)。

1日1度、静かに坐る習慣があれば身体と呼吸が調います。




1日1度、静かに坐る習慣はありますか。


多くの方がその習慣をすでに身につけています。


お仏壇の前に座って手を合わせる、食事の前に手を合わせる、そんなときに私達は自然と背中を伸ばしています。


背中が伸びれば自然とゆったりとした呼吸になる。


まさに、「一日一度は静かに坐って、身体と呼吸と心を調えましょう。」そのものです。




「いやいや、そんな習慣ないよ!」


という人もいることでしょう。実際に増えていると思います。


だったら習慣にしてみませんか。


この習慣を身につけて、後悔することはありません。


誰かを傷つけることもありません。


30秒でもいいんです。


まずは短い時間から、ゆったりと座ってみませんか。



それが、私達を生かしてくれている全ての生命に報いる第一歩です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる