fc2ブログ

「オンラインでもできる」から「オンラインだからできる」 その3

「オンラインでもできる」から「オンラインだからできる」 その3


臨済宗青年僧の会の機関紙「不二(ふに)」にオンライン坐禅会についての記事を書かせていただきました。
僧侶が読む機関紙ではありますが、少しでも多くの方に読んでいただきたいと考え、ブログで紹介をさせていただきます。少し長い文章になりますので3回に分けて紹介をさせていただきます。



その1 オンライン坐禅会とは
 
その2 分身ロボット

その3 「でも」から「だから」




「でも」から「だから」


600オンライン坐禅会20210607



オンライン坐禅会を開催し始めた頃、 「オンライン 〝でも”坐禅会が開催できる」と考えていました。

あくまでも、お寺で開催する坐禅会の代用品がオンライン坐禅会だと自分自身が感じていた部分がありました。


しかし、実際に開催を続けていくことで、参加者から

「距離があって坐禅会をやっているお寺に行くことができないけれどオンラインなら参加ができる」

「子供が動いてしまうので、他の人が一緒に坐る坐禅会には参加しずらいけど、オンラインなら安心して参加ができる」

などの声をいただき、さらに坐禅会を担当する僧侶からも

「お寺の用事で県外へ行かなければいけないのだが、宿泊先からでも坐禅会を開催することができた。 」

などの声を聞くと

「オンライン〝だから”開催できる坐禅会」があると感じるようになっていきました。




そして、 「テクノロジーによって、人々の新しい社会参加の形の実現」がすぐそこにまで来ていることを感じた時、身体的な理由によってお寺に来ることができなかった方にも仏教や禅との出会いを作り出すことができると確信しています。


オンライン坐禅会だからこそできることがあるのです。



そのことを忘れずに、今後も活動を続けてまいります。

今後もこれまで通りのオンライン坐禅会は継続しながら、様々な方法を模索し、より多くの方に禅や坐禅の魅力を伝えていきたいと考えています。

そのためには、一緒にオンライン坐禅会の運営に携わっていただける方や直日を担当し坐禅会を開催してくださる和尚様の存在が必要不可欠です。


「青年僧の会」が主催ではありますが直日を担当していただく方の年齢は問いません。御自身でオンライン坐禅会の開催を検討している和尚様がいらっしゃいましたら、予期せぬトラブルへの対応だけでなく、互いに刺激し合い切磋琢磨できる臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会で一緒に坐禅会を開催しませんか。

皆様からの連絡をお待ちしています!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる