fc2ブログ

微笑みと坐禅

600坐禅イメージ1 微笑み



オンライン坐禅会を始めたときに妻に指摘されたことがあります。

それは、「あなた、顔が怖い」でした。

別に、怒っているわけではありません。

いわゆる”真顔”になっているのです。

「あなたは、ただでさえ顔が濃いんだから、真顔になると怖い。笑顔を意識した方がいいよ!」

と言うのです。そう言われてからオンライン坐禅会中に自分の顔をモニターで確認すると・・・


確かに怖い顔をしていました。それ以来、”微笑み”を意識するようになりました。




円覚寺派管長 横田南嶺老師 がインタビューの中でこのように話されていました。




禅の教えの肝心なところは、人間は誰しも生まれながらに仏様の心を持っている」ということです。

けれど、それが「自分さえよければ」という思いで見えなくなっているだけなのです。

相手を慈しみ思いやる仏様の心を、私たちが最も簡単に実践できるのが「ほほえみ」です。もちろん、看病してあげるとか食べ物を食べさせてあげるとか、思いやりにもいろいろなことがあります。その中でも、ほほえみはいつでもどこでも誰にでもできることです。たとえ寝たきりになっても病床にいても、ほほえむことはできるわけです。

花を見てほほえむ、それだけではない。鳥の声を聞いてほほえむ、それだけではない。苦しいときもつらいときもほほえむ。暗い世の中であればあるほど、ほほえんで生きていく。私もそんな生き方をしたいなと思って、日々努力しているところでございます。





私は、この文章を読んだときに



微笑みと坐禅は同じことだと感じました。



微笑むことは、いつでも、どこでも、誰にでもできることです。

坐禅も同じです。いつでも、どこでも、誰にでもでもできます。


さらに、老師の言葉にもあるように、

苦しいときもつらいときもほほえむ。暗い世の中であればあるほど、ほほえんで生きていく。

ことが私達にはできます。

坐禅も同じです。

苦しいとき座ることができる。世の中が暗くても坐禅をすることができます。



さらに、さらに、老師の言葉に

私もそんな生き方をしたいなと思って、日々努力しているところでございます。

とあります。

坐禅も同じです。日々努力です。


そして、微笑みを意識して坐禅をするようになると、少しずつ違和感なく笑えるようになってきます。
※私だけが違和感を覚えていないだけで、他の人から見たら笑顔が足りないかもしれませんが・・・


微笑みと坐禅


これからも意識して取り組み、意識しなくても自然とできるようになりたいと願っています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる