fc2ブログ

子供向けオンライン坐禅会での法話【大道無門】

600駅伝と山門3 (2)



お坊さんをしていると


「どうやったらお坊さんになれますか?」


と聞かれることがあります。




中学校の教員をしているときには


「どうやったら学校の先生になれますか?」


と聞かれました。





このとき、何人かお坊さんが集まっているときに、どのように答えるか話をしたことがあります。

いろんな意見が出ました。



・師匠(先生)を見つける。
・お経を読む。
・坐禅をする。
・お寺の掃除をする。
・ご先祖様に手を合わせる。



お坊さんの数だけ、答えがありました。




中学校の先生同士で話しをしても

・一生懸命勉強する
・しっかり授業を受ける
・いっぱい遊ぶ
・先生以外の仕事をする
・部活をがんばる
・作文の練習をする

いろいろな答えが出ました。



仏教・禅の言葉に

大道無門【だいどうむもん】

という言葉があります。



「大道」は大きい道ということで、ゴールに到着する道を意味しています。

「無門」は門が無いと書きます。入口が無いことを示す言葉です。



つまり、大道無門は「ゴールに到着するような大きな道へ入るための入口はない」という意味になります。


少し表現が難しく、しかも否定的なので悲しい気持ちになるかもしれません。



しかし、そうではありません。


実は「入口がなない」のではなく「入口は一つじゃない」なのです。


ですから、大道無門は


あらゆるものが、ゴールにたどり着く入口である


という意味となります。




いろんなお坊さんに「お坊さんになるためには、何から始めればよいのか」と聞けばいろいろな答えが返ってきます。


いろんな先生に「先生になるためには、何から始めればよいのか」と聞けばいろいろな答えが返ってきます。



どれか一つだけが正解ということではありません。


全てが正解です。


例えば、東光寺の本尊様(本堂の真ん中に祀られている、一番大切な仏様)をお参りしたいと思ったとき、東光寺の敷地に入らなければいけません。


東光寺は敷地に入るための場所が全部で10カ所ほどあります。
そして、どの入口から入っても本尊様の前に到着してお参りすることができます。


これも大道無門です。


あらゆるものが、ゴールにたどり着く入口なのです。



何か、将来の目標ができたとき、一生懸命に入口を探すのも一つの方法です。

しかし、それだけが答えではありません。

今、目の前のことに真剣に取り組むこと。

そんな入口があることも覚えていてくれるとうれしいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる