fc2ブログ

お彼岸が過ぎた彼岸花に学ぶ

咲いた花見て喜ぶならば咲かせた根元の恩を知れ


600彼岸花2022091





お彼岸の季節になると、スッと花を咲かせる彼岸花。

その美しさに感動をします。




しかし、私は”その後の彼岸花”も好きです。




600彼岸花のその後202210

花が枯れると、かわいらしい葉が出てきます。




600彼岸花のその後2022102

花が咲いていない球根からもかわいらしい葉が出てきます。




何とも言えないかわいらしさです。




これらの葉が成長しながら光合成をして養分を球根に蓄え、枯れていく。


葉がなくなっても、その栄養が花を咲かせるのです。



咲いた花見て喜ぶならば咲かせた根元の恩を知れ



という言葉があります。




今年の花を咲かせた葉はすでに枯れているため見ることができません。


しかし、お彼岸が過ぎると、来年の花を咲かせる”恩”が顔を出し始めます。


彼岸花の根元の”恩”を目にしたときには、自分と言う花を咲かせている”恩”にも目を向けなくてはいけないと感じます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる