fc2ブログ

今日の1% 「不二」とは何かを紹介する 

600不二202202212





昨日:今の私の1%

一昨日:毎週土曜日はインスタの日 【絵葉書 衆生無辺誓願度】

の記事で書いた通り、


私なりの「1%の努力」として、臨済宗青年僧の会のホームページで過去の機関紙「不二」を紹介する作業を続けていきます。




今日の記事は


・「不二」とは何か

・ホームページの現状とこれから



について書きていきます。





・「不二」とは何か


「不二」は臨済宗青年僧の会という団体が、情報発信として年に数回発行している機関紙です。


発行をする際は、本屋さんで販売したり、フリーペーパーのように、人が集まる場所で配布したりするわけではありません。


全国の臨済宗・黄檗宗の寺院に発送しています。


できたものを直接、各寺院に送付するので、一般の方が目にすることはほとんどない、というよりも、まず目にすることがない、かなり、マニアックな情報紙です。



ですから、ホームページ(臨済宗青年僧の会)での説明も



 機関誌『不二』の命名は山田無文老師に依るものです。老師から「臨済宗各派の青年僧の和合専一に、研鑽と親睦を図ってほしい」という願いが託された言葉です。紙面の巻頭には各山老師に、青年僧への期待と禅僧としてのあり方など、親切なご教示を賜り掲載しています。





と、かなり固いものになっています。


もう少し、やわらかい説明をすると




僧侶の、僧侶による、僧侶のための情報紙





とも、言い換えることができます。



ですから、不二の表紙には基本的に老師【ろうし】が登場します。



臨済宗では僧侶を指導し、導く僧侶を「老師」と呼びます。


「先生の先生」のような存在であり、


本来、我々僧侶は老師の元で修行を続けなければいけないのです。

しかし、そうもいかず各寺院で修行を続けながらお寺の維持・管理・運営をしている状態です。



そんな、各寺院で日常を過ごす僧侶に老師の言葉を届けるのが「不二」なのです。






・ホームページの現状とこれから


私は、この不二の記事をホームページで紹介しようと考えているのです。


事務局にバックナンバーは保管してありますが、簡単に手に入れられるものでもありません。


いつでも事務局に誰かいるわけはありませんから、過去の「不二」を読みたいと思ってもなかなか手にすることはできません。


しかし、便利な時代になりました。


そうです、インターネット上に公開することで、いつでも誰でも読むことができるようになるのです。


僧侶のために作られた「不二」ですが、僧侶しか読んではいけないという秘伝の書ではありません。どなたでも読むことができますが、ホームページの整備が調っていないのが現状です。


臨済宗青年僧の会のホームページに「不二」を紹介するページがあります。





600不二202202212

その中に、このように色がついている部分をクリックすると、「不二」の中も老師のページをご覧いただくことができます。


※興味のある方は、ぜひホームページをクリックしてご覧ください。




まだまだ、整備中ですので



600不二20220221


白と緑が混ざっている所や、




600不二202202213



白ばかりの所もあります。



しかし、少しでも、このページが緑色になるように「1%」の努力を続けていきたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる