fc2ブログ

カレンダーの言葉を紹介 【令和3年2月】

今年1年の目標として、

「勉強の意味も含めて東光寺(静岡市清水区横砂)で配布したカレンダーを紹介する。」

という目標を立てましたので、力不足ではありますが御紹介をさせていただきます。


2月のページには




600カレンダー令和3年2月

月夜墨梅図 の掛軸と共に




寒月 清香 霜気凛たり (かんげつ せいこう そうきりんたり)


夜深けて 窓紙 禅心を写す (よふけて そうし ぜんしんをうつす)





という文字があります。




私には詩や歌を感じる心が欠如しているので正しく解釈することはとてもできません・・・


そんな私ですが、「夜深けて 窓紙 禅心を写す」という部分は



時間を忘れて坐禅に取り組んでいると、いつの間にか夜が深けていた。 室内に灯された明かりの影響で障子紙に映し出させる影に禅の心を感じた様子を示してくれているように感じます。




寒い冬は空気が澄んでいるため、はっきりと月を見ることができます。


そして、冷たい空気の中で、はっきりと感じる花の香りは上品です。


僧侶として、この掛け軸と言葉に向き合ったとき、この美しい光景の中で時間を忘れて坐禅をするくらいの人間にならなくてはいけないと示されているようにも感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

全てのものが一体となり、美しく調和している様子が感じられす。

ありがとうございます。

コメントありがとうございます!

また、来月もカレンダーのことを紹介させていただきます。
ぜひ、お楽しみください!!
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる