fc2ブログ

昔話シリーズ その13 おむすびころりん

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



600豆知識シールおむすびころりん


昔話シリーズ【13】 おむすびころりん




恥ずかしながら「おむすびころりん」について私は「おむすびが転がった話し」という認識しかありませんでした。


それ以上の話しは知らず大人になってしまったことを今は後悔しています。






「おむすびころりん」の話しは

心優しいおじいさんが畑の仕事の合間におむすびを落としてしまう所から始まります。


おむすびはコロコロ転がって穴の中へ、おじいさんも一緒に穴に落ちてしまいます。


しかし、この穴はただの穴ではなく驚くことに奥に明るいネズミの宮殿があったのです。


転がってきたおむすびにネズミたちは大喜び。


転がしてくれたおじいさんを温かく出迎え、最後には御礼(宝物)まで持たせます。


この話を聞いた欲深い隣のおじいさんも御礼が欲しくなっておむすびを持って同じ場所へ。


おむすびを穴の中に投げ込み、自分も入ります。


そこには、ネズミたちがいるのですが御礼の品(宝物)が欲しい欲張りじいさんはネズミを追い払って宝物をいただこうと考えます。


そこで、よくばり爺さんはネコの鳴きまねをしました。ネコが来たと驚いたネズミたちは慌てて逃げていきますが、その際にネズミ達は見つからないように灯りを消して逃げたのです。


すると穴の中は真っ暗になってしまいました。


よくばり爺さんは、真っ暗な穴の中から出ることができなくなってしまいました。




というお話です。






仏教の言葉に自灯明【じとうみょう】という言葉があります。


自灯明には自分自身を拠り所にするという意味があります。


拠り所となる「自分自身」とは「悟り」とも表現される、「こだわりのない仏様の心」だと表現することができます。



「おむすびころりん」の話しの中で、おむすびが転がって入った穴の中の明るさや様子は、その人の心の明るさ、自灯明を表しているように感じます。


宮殿こそ私達の心であり、欲を出さず素直に入っていけば明るいままです。しかし、欲を出してしまえば自分自身が灯りを消してしまい迷い苦しんでしまいます。


灯りを点けたままにするのか消してしまうのか。全ては自分次第だということを改めて伝えてくれている話なのかもしれません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる