fc2ブログ

夏休み 子供坐禅会(みんなの坐禅会) 開催報告 【令和3年】

600オンラインとオフライン坐禅会2021072923


7月22日から始まった東光寺(静岡市清水区横砂)のみんなの坐禅会(夏休み子供坐禅会)、オンライン坐禅会は多くの方のご協力によって全日程を終了しました。



大変残念で、申し訳なかったのですが当初8月28日までお寺での坐禅会もオンライン坐禅会も開催する予定でしたが、お寺での坐禅会はコロナウイルス感染拡大の影響を受けて8月14日に中止にせざるを得なくなってしまいました。



お寺での坐禅会には 23日間の開催中528人が、


オンライン坐禅会(梶浦和尚様、長谷川和尚様、私の3人で担当)には38日間の開催中1546人が


参加してくださいました。



今年の夏も24日間の期間中1日も休まず本堂へやって来て坐禅会に参加し続けた猛者がなんと3人も現れました!!


オンライン坐禅会は出席を正確に確認していませんでしたが、こちらも38日間毎日参加してくださった皆勤賞の方がいらっしゃいました!!


・・・ちなみに今回は、私も急な用事があって参加できない日がありました。


コロナの影響で様々な制約はありますが、このように多くの方に参加していただけたことうれしく感じています。


次に連続して行う子供坐禅会(みんなの坐禅会)は冬休みになりますが、毎週土曜日の朝7時30分からオンラインでの子供坐禅会は開催を続けていきますので、せっかく身につけた尊い習慣を無駄にすることなく、これからも坐禅を続けてくれる人が増えることを願っています。

子供が坐禅会に来なくなった影響

令和3年の夏、東光寺(静岡市清水区横砂)では子供坐禅会(みんなの坐禅会)を7月22日~8月28日まで開催する予定でした。


そして、この坐禅会を臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会に中継するハイブリット坐禅会を開催していました。




ところが、コロナウイルス感染拡大の影響でやむなく、8月14日で子供坐禅会は中止、オンライン坐禅会のみの開催となりました。




子供坐禅会が中止になっても、オンライン坐禅会は開催するので、大きな変化はないと思っていました。


・・・ところが、大きな変化がありました!!


坐禅中にマイクのスイッチを切らなくてはいけなくなったのです!!




子供坐禅会とのハイブリット開催時は、警策を受ける音などが聞こえるようにマイクのスイッチを入れたままにしていましたし、切る必要性を感じていませんでした。



お寺での坐禅会が中止になっても、わざわざマイクのスイッチを触る必要がないと思っていました・・・



とこが・・・



お寺に子供達がこなくなったときから、本堂の外を歩く人達の声が大きくなったのです。


坐禅会中、本堂のすぐ隣の保育園に通う子供達とその保護者が大勢通過していくのです。


もちろん、これまでも通過していました。


通過するときに、本堂で小学生達が一生懸命坐禅をしている姿はよく見えます。


見えれば自然と誰もが静かになります。


しかし、子供達がこられなくなってしまったのです。





600オンライン坐禅会210827


本堂にいるのはカメラの前で坐禅をする和尚だけ。



奇妙な姿です。


迫力も、威厳も、がんばりも感じないので、多くの方は普通に会話しながら通過していきます。


本堂には空調などありませんので、窓は全て開いています。


外の音も全て聞こえます。


本堂の外で話す声もマイクに入り、オンライン坐禅会の参加者に届いてしまうのです。


ですから、坐禅の最中はマイクのスイッチを切るようにしたのです。




子供達が一生懸命坐禅をする姿の美しさと影響力を思い知ると同時に、自分の坐禅の姿を今一度見直す必要があると感じた出来事です。

【補足】 子供坐禅会(みんなの坐禅会)中止について

600こまめ 悲しんでいる カラー 涙を拭いて




夏休み子供坐禅会はオンラインだけでの開催となりました。
※詳しくはこちらをご覧ください。


このことについて補足をさせていただきます。


とても難しい判断であり、状況に応じて変化することがあるかもしれませんが、


「オンラインのみでの開催ではありますが、本堂で坐禅をしている参加者がいる可能性があります。」





理由は以下の通りです。


坐禅会で参加してくれていた20人の前で 「明日から本堂での坐禅会は中止です」 とお知らせをしたときに

「知らずに来てしまう子がいるかもしれませんね。」

と言われました。


その通りだと思います。



子供坐禅会の参加者は平均すると20人~25人ほどです。


しかし、毎日来てくれる”皆勤賞レベル”の参加者多くありません。

毎日のように参加する方、2日に1回ほど参加する方、1週間に1回、2週間に1回・・・

参加する人によって頻度は様々です。



ですから”子供坐禅会に来てくれている人”はこの夏休みだけでも40人程いらっしゃいます。

また、夏休み前に地元の小中学校にチラシを配っていますので、中止を知らずに坐禅会に来る方もいらっしゃるかもしれません。



先日の記事(上記リンク先)でも書いた通り、東光寺の子供坐禅会は3密はもちろん、1密にも該当していません。

せっかく来てくれた子供に大人の都合で突然中止にしておいて「帰りなさい」とは言えません。

ですから、その日は坐禅をしてもらい、今後はオンラインで参加してほしいと伝えていきます。そのため、

「オンラインのみでの開催ではありますが、本堂で坐禅をしている参加者がいる可能性があります。」




これまで、オンライン坐禅会の画面は本堂の坐禅会に参加する方たちの映像が流れていました。


オンライン坐禅会に参加してくださる方からは好評だったのですが・・・


残念ながら、これからは私のアップが映ります。


そして、本堂内に参加者がいれば目線が動くかもしれません。


気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご了承いただければ幸いです。

子供坐禅会(みんなの坐禅会)中止のお知らせ

こんなお知らせはしたくありません。

悔しいです。

悲しいです。

でも、この先も子供坐禅会を開催するために、


今回の子供坐禅会を中止にします。


※オンライン坐禅会は開催を続けます。

参加者は全員が感染防止に協力してくれていたのに・・・

一生懸命取り組んでくれたのに・・・

こんなお知らせをしなくてはいけないのが本当に残念です。






(以下、お知らせの手紙より)


子供坐禅会参加者・保護者の皆様へ


東光寺 子供坐禅会 中止について



いつも東光寺の子供坐禅会に参加いただきありがとうございます。参加者全員が感染対策に御協力いただきましたが、予想を上回る静岡県内のコロナウイルス感染者数となり、様々な事柄を考慮し、

大変残念ですが、東光寺・子供坐禅会を中止いたします。

これまで通り、子供坐禅会と同時に行っていた臨済宗青年僧の会のオンライン坐禅会は開催を続けますので、ぜひインターネットに接続できる環境にある方はご参加ください。


これまで子供坐禅会に参加することで身に付けた朝の良い習慣を皆様が家庭でも実践し続けてくれることを願っています。





中止の理由
・コロナウイルス感染拡大を懸念
・参加者の大部分がワクチンを接種することができない状況で開催することを懸念している方がいる。

 ※現在50歳未満の一般的な静岡市民はワクチン接種の予約すらできません。

 12歳以上50歳未満(中学生~保護者)
  →静岡市から接種券は届いているが、当初予定されていた8月6日からの予約
  開始は遅れ、いつから予約できるかわからない状態。

 12歳未満の子供(小学生)
 →ワクチンの接種が推奨されていない。






子供坐禅会でのコロナウイルス感染防止策について


●静岡市がまん延防止等重点措置区域になる前

・換気

・仏教豆知識シールの配布方法やハンコの中止

・終了後のお茶の時間の中止

・各所の消毒、消毒薬の設置

・体調が悪い場合には参加しない



●まん延防止等重点措置区域になったあと

・間接的に他の参加者と接触する焼香台の撤去

・これまで以上の消毒の呼びかけ       を追加。



これらの対策を行うことで、参加者同士が接触する可能性を排除してきました。






子供坐禅会での3密について


子供坐禅会では3つの密(密閉・密集・密接)を作らないように取り組んでまいりました。
※下記の内容は「3つの密を避けるための手引き(首相官邸・厚生労働省発行のパンフレット)」をもとに作成しています。




●密閉でない状態(厚生労働省発行のパンフレットより)

風の流れができるように、2方向の窓を、1回、数分間程度全開にしましょう。換気回数は毎時2回以上確保しましょう。

東光寺・子供坐禅会では
本堂・玄関は常に開放し、本堂は4方向の扉と窓を、玄関も3方向を開放していました。




●密集でない状態(厚生労働省発行のパンフレットより)

他の人とは互いに手を伸ばして届かない十分な距離(2メートル以上)を取る。


東光寺・子供坐禅会では

坐禅は向かい合って行います。対面の参加者とは2.5m離れるように座布団を設置しました。また、坐禅をした本堂の面積を参加者数(最大時)で割った1人当たりの面積は約5.06【㎡/1人】でした。

(参考)小・中学校の教室は2【㎡/1人】、保育園の運営基準は1.98【㎡/1人】であり、日常での生活空間よりも密集していない状態でした。




●密接でない状態(厚生労働省発行のパンフレットより)

対面での会議や面談が避けられない場合には、十分な距離を保ち、マスクを着用


東光寺・子供坐禅会では
坐禅中に参加者同士が話をすることがないうえ、全員がしっかりとマスクを着用していました。開始前、終了後もマスクを外すことはありませんでした。


皆さまご協力のもと、3密を回避し、坐禅会を開催できましたことをここに改めて感謝申し上げます。




600子供坐禅会中止のお知らせ

まん延防止等重点措置と坐禅会

現在、東光寺(静岡市清水区横砂)では子供坐禅会(みんなの坐禅会)を開催しています。

今年の夏は 7/22(月)~8/28(土)まで【土日も含めて開催】開催をしたいと考えています。
※8月7日はお寺の行事のため開催しません
※詳しくはこちらをご覧ください。



開催するにあたり


・換気
・仏教豆知識シールの配布方法やハンコの押し方の変更
・終了後のお茶の時間の省略
・各所の消毒、消毒薬の設置


などの対策をしていますし、 参加を希望される方もマスクをする、体調に不安がある場合は参加を見合わせるなど御協力をお願いしています。
  




そして、この度静岡県が「まん延防止等重点措置」区域となりました。



東光寺の坐禅会では、これまでコロナ対策をしてきましたが、さらに警戒措置として



お参りの為の焼香場所の撤去と、これまで以上の消毒の呼びかけを行います。




会場となる本堂はすべての扉が開いており、換気と言うよりは外と同じ環境にありますし、坐禅をするときも前の人と2m以上距離を取っています。



誰かと接触しようとしなければ接触しない環境はできていましたが、焼香だけはお香に手を入れますので、ここだけは接触の恐れがありますので、焼香はせずに手を合わせてのお参りだけとしました。



これ以上、感染が拡大しないことを祈りながら、できる対策を徹底しながら開催を続けていきたいと今は考えています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる