fc2ブログ

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【4.栗の登場】

600【昔話】50猿蟹合戦




昔話シリーズ 猿蟹合戦 【4.栗の登場】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、猿蟹合戦【さるかにがっせん】のお話は


1.猿が蟹の持っていたおにぎりを柿の種と交換
2.蟹は柿の種を植えて育てる
3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・
4.栗の登場
5.蜂の登場
6.昆布の登場
7.臼の登場
8.猿をこらしめ、猿を許す



となっています。



この猿蟹合戦の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「4.栗の登場」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。




猿蟹合戦では,、猿に殺された蟹の子供達が悲しんでいると



泣いている子ガニに

「かにさん、かにさん、なぜ泣くの。」

と聞きくと、子ガニは猿が親を殺したから、かたきを討ちたいと言いました。すると「にくい猿だ。よしよし、おじさんがかたきをとってやるから、お泣きでない。」

栗と蜂と昆布と臼とは、みんなよって、かたき討ちの相談をはじめました。





と、栗・蜂・昆布・臼が登場します。


「猿蟹合戦」という物語のですので、殺されてしまった蟹の仲間が復讐をしてもよいのですが、復讐をするのは蟹ではありません。


昔話の中には様々な想いが込められています。


と、言うことは「栗」が登場したことにも意味があるはずです。


意味を込めて物語は作られたはずです。


では、「栗」は何を伝えようとしてくれているのでしょうか。





私は


栗といえば、いがぐりを連想します。


ツルっとした栗を守るようにいがぐりがあります。


しかし、栗から針が生えているわけでありません。


ツンツンした針と栗は明確に違いがあり、針だらけのいがぐりはツルっと外すことができます。




この「栗」と「いがぐり」の関係は、


私達の「心」と「知識や経験」の関係に似ています。


いがぐりには栗を守るという大切な役目があります。


しかし、その2つは決して離れることができないわけではありません。


むしろ、ツルっと剥けてしまします。





同じように私達の「心」は「知識や経験」に守られています。


しかし、時として知識や経験が邪魔になって本当の心が見えなくなってしまうことがあります。


仏教・禅ではこの知識や経験にこだわることなく生きていくことで、ありのままの心を大切にすることを教えてくれています。


同じことを猿蟹合戦では、物語に栗を登場させることで教えてくれているように私は感じています。





600仏教豆知識シール 400-407 昔話シリーズ 猿蟹合戦4

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・】


600【昔話】49猿蟹合戦

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、猿蟹合戦【さるかにがっせん】のお話は


1.猿が蟹の持っていたおにぎりを柿の種と交換
2.蟹は柿の種を植えて育てる
3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・
4.栗の登場
5.蜂の登場
6.昆布の登場
7.臼の登場
8.猿をこらしめ、猿を許す



となっています。


この猿蟹合戦の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。

今回は 「3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。





とうとう悲劇が起こります。

蟹が毎日一生懸命声をかけながら育てた柿の木が成長し、立派な実がなり始めると猿が再びやってきます。


上手に柿を取ることができない蟹は猿に柿の実を取るようにお願いをします。


しかし、猿は熟した柿を木の上で食べてしまい、蟹にはまだ青い柿の実を投げるのです・・・・




猿が投げた柿を食べたカニは

「こんなしぶいのはだめだよ。もっとあまいのをおくれよ。」 

と言いますと、猿は、もっと青いのを投げました。カニが、

「今度もやっぱりしぶくってだめだ。ほんとうにあまいのをおくれよ。」 

と言いますと、猿はうるさそうに、

「よし、そんならこれをやる。」

と言いながら、いちばん青い硬いのをもいで、力いっぱい投げつけますと、カニは甲羅をうたれて、目をまわして、死んでしまいました。




熟した柿は美味しいのに、まだ青い柿はおいしくないどころか、相手を痛めつけることになってしまうのです。


坐禅会の最後にお唱えする白隠禅師坐禅和讃【はくいんぜんじ ざぜんわさん】というお経に



衆生本来仏なり
【しゅじょう ほんらい ほとけなり】

水と氷の如くにて
【みずと こおりの ごとくにて】

水を離れて氷なく
【みずを はなれて こおりなく】

衆生の外に仏なし
【しゅじょうの ほかに ほとけなし】




という一文があります。



みんな仏様のような素晴らしい心を持っています。

しかし、その心は水と氷のようなものです。水は多くの人々を救いますが、固い氷は時として人を傷つけます。

しかし、水と氷は分けることができません。 氷は水に変化しますし、水が氷になってしまうこともあります。

同じように、どこか遠くに仏様がいるのではなく、私達の心が仏様なのです!



と言った意味があります。




青い柿も熟せば美味しい柿となり、猿と蟹が美味しく食べることができたかもしれません。



猿蟹合戦のこの場面は、猿による悪行を見せるだけでなく



その奥に、坐禅をしたりお経をお唱えしたり、良い習慣を大切にすることで、

氷が溶けて水になるように、

柿が熟して甘くなるように、

私達の心も成長して、熟して、柔らかくなることの大切さを教えてくれているように感じます。




600仏教豆知識シール 400-407 昔話シリーズ 猿蟹合戦3

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【2.蟹は柿の種を植えて育てる】

600【昔話】48猿蟹合戦

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【2.蟹は柿の種を植えて育てる】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、猿蟹合戦【さるかにがっせん】のお話は


1.猿が蟹の持っていたおにぎりを柿の種と交換
2.蟹は柿の種を植えて育てる
3.できた柿を猿が食べて青い柿で・・・
4.栗の登場
5.蜂の登場
6.昆布の登場
7.臼の登場
8.猿をこらしめ、猿を許す



となっています。


この猿蟹合戦の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「2.蟹は柿の種を植えて育てる」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。



蟹はおにぎりと交換した柿の種を育てることにしました。

種を植えると、水をやりながら

「早く芽を出せ、柿の種。出さぬと、はさみでちょん切るぞ。」

と声をかけました。

すると、驚いたことに目が出ました。次に

「早く木になれ、柿の芽よ。ならぬと、はさみでちょん切るぞ。」

と毎日声をかけると大きな木になりました。

そこで、

「早く実がなれ、柿の木よ。ならぬと、はさみでちょん切るぞ。」

と毎日声をかけると多くの実がなったのです。





この部分を読んだとき、


「蟹はなんて悪いやつだ!! 脅かして成長させるなんてとんでもない!!!」


と思うかもしれません。


しかし、この場面の大切な部分は厳しい言葉だけでなく、「毎日」という部分です。




植物を育てたことがある人なら「毎日」がどれだけ大変かはわかると思います。


毎日声をかけるとためには、雨の日も、風の日も、暑い日も、寒い日も、体調が悪い日も、忙しい日も、毎日そこに通わなくてはならないのです。


しかも、声をかけるだけではありません。


草を刈り、石を拾い、虫にも対応しなければなりません。





毎日厳しい言葉をかけたその裏で、蟹は自分にはもっと厳しく接していたのです。


私達は優しい言葉をかけられたらうれしいし、厳しい言葉をかけられるとやる気を失うかもしれません。


しかし、やる気を失う厳しい言葉は、偉そうにしているだけで何もしない人が発したものが多いように感じます。


反対に、信頼できる人が発した厳しい言葉は大切なものを気づかせてくれることが多くあります。




柿の木と一緒に毎日を過ごした蟹の厳しい言葉だったからこそ、柿も大きく成長できたのです。


私達も普段の生活の中で厳しい言葉を受け取ることがあります。


そんな時には、その厳しい言葉の中にどのような思いが込められているのか感じ取ることが大切です。





600仏教豆知識シール 400-407 昔話シリーズ 猿蟹合戦2

昔話シリーズ 猿蟹合戦 【1.柿の種を喜ぶ】


600【昔話】47猿蟹合戦


昔話シリーズ 猿蟹合戦 【1.柿の種を喜ぶ】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、猿蟹合戦【さるかにがっせん】のお話は


1.柿の種を喜ぶ蟹
2.柿の種の成長
3.青い柿で・・・
4.栗の登場
5.蜂の登場
6.昆布の登場
7.臼の登場
8.猿をこらしめ、猿を許す



となっています。


この猿蟹合戦の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。

今回は 「1.柿の種を喜ぶ蟹」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。





猿蟹合戦は有名なお話ですのでご存じの方も多いかと思います。


始まりは猿が柿の種を、蟹がおにぎりを拾う所からはじまります。


猿は蟹が拾ったおにぎりがうらやましくてしかたありません。


そこで、猿は蟹に


「柿の種とおにぎりを交換しよう!」


と無茶な提案をします。蟹は断ろうとするのですが、猿に


「まけば芽が出て木になって、おいしい実がなるよ。」


と言われて柿の種とおにぎりを交換します。




この後、猿はおいしそうにおにぎりを食べ、蟹は何も食べることができませんでした。


この部分を見ていると猿はだました悪いやつ、蟹はだまされた被害者のようになります。




しかし、蟹はこのことで猿を怒ったりせず、素直に柿の種を植えようとします。


そう見ると、蟹が被害者でなくなっているのです。




私達は普段の生活で嫌なこと苦しいことがたくさんあります。


誰かに嫌なことを言われたり、されたりします。


防ごうと思っても防げないこともあります。


しかし、この蟹のような心で生きていくことはできます。


柿の種を大切に扱うことで、蟹は被害者でなくなったのです。


自分の心の持ち方次第で、自分自身の立場を大きく変えることができたのです。





もちろん、悪いやつにだまされても抵抗するなということではありません。


悪いことをされても我慢しろと言うことでもありません。




蟹が「心の持ち方次第で自分は変わることができる」ということを教えてくれいることを忘れずに普段の生活を送ることが大切なのです。





では「心の持ち方」とはなんでしょう。


仏教・禅では、誰もが尊い心を持っていると説いています。


この尊い心にまかせて生きていけば良いのです。




しかし、尊い心を持って生まれてくるのですが、日常生活の中でこの「心」に知識・思い込み・迷い・苦しみなど様々なものがくっついてきてしまい、本当の心が見えなくなってしまうことがあります。


その、余計なものを取り除いていくのが坐禅などの修行です。


少しずつでも余分なものを取り除くことで見えなくなった本当の心を思い出し、その心で生きていくことを猿蟹合戦の蟹は教えてくれています!

昔話シリーズ 桃太郎 【10:鬼を退治して帰ってくる】


600【昔話】46桃太郎


昔話シリーズ 桃太郎 【10:鬼を退治して帰ってくる】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.おばあさんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。

この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。




今回は 「10.鬼を退治して帰ってくる」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。




とうとう、鬼を退治した桃太郎はおじいさんとおばあさんの所へと帰ってきます。


その手には鬼から受け取ったたくさんの宝物がありました。


ところが、おばあさんは桃太郎が帰ってきたことに気がつくと宝物のことよりも


「まあ、けががなくって何よりさ。」


と言って桃太郎達を迎えます。





宝物よりも大切な人がいることが伝わる言葉です。


この場面は、一番大切な宝は「無事」の心であることを示しているように感じます。


私達は普段の生活の中で危険や不幸なことが起こらない状態のことを「無事」と言います。


それに対して仏教では「無事」は「こだわりのない生き方」を意味しています。


「こだわりがない」ということは

・かっこよく見られたい

・認めてもらいたい

・がんばったことを褒めてもらいたい


など、見返りを求めない姿とも言えます。



私達は普段から、洋服を着るように多くの「欲」を身に付けています。


この「欲」を捨てた人の姿こそが、宝物を持って帰ったことよりも桃太郎自身が帰ってきたことを喜ぶおばあさんの姿なのです。



「無心」の心で桃を拾ったおばあさんの姿から始まった桃太郎の物語は、おばあさんが「無事」の姿を見せて締めくくられます。


桃太郎の物語は、おばあさんや桃太郎が「すごい人」ということを伝えるだけでなく、物語を読んでいる私達自身が「無」になることの大切さを教えてくれています。


「無」になるとは、いなくなったり消えたりすることではありません。



静かに姿勢良く坐って、ゆっくりと呼吸をすることで心が調うことです。



さぁ、ゆったりと坐っていきましょう!





600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎10
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる