fc2ブログ

昔話シリーズ 桃太郎 【9:鬼ヶ島到着】

600【昔話】45桃太郎

昔話シリーズ 桃太郎 【9:鬼ヶ島到着】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。

この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。




今回は 「9.鬼ヶ島到着」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。


桃太郎は船に乗って鬼ヶ島へ向かうことは多くの方が知っています。


物語の中で、鬼ヶ島への道中はこのように描かれています。



うららかないいお天気で、まっ青な海の上には、波一つ立ちませんでした。

稲妻が走るように、目のまわるような速さで船は走って行きました。 

ほんの一時間も走ったと思うころ、きじが、「あれ、あれ、島が。」とさけびました。

何年も、何年もこいで行かなければならないという鬼が島へ、ほんの目をつぶっている間に来たのです。





物語の前半でも

「どこにあるのか、何年かかるかわからない場所に鬼ヶ島がある」

と書かれていたのに・・・



いざ、出発してみるとあっという間に到着をしてしまったのです!!!


驚くような場面ですが、この場面からも学ぶことがあります。





有名な昔のお坊さんに六祖慧能禅師【ろくそえのうぜんじ】というお坊さんがいます。




六祖慧能禅師、大変な苦労をしながら子供時代を過ごすのですが、ある時に町でお坊さんがお経を唱えているのを聞いて出家をします。


しかし、学校などに行っていなかったので文字も読めません。


文字を読んだり書いたりできないと修行にならないので、師匠は六祖慧能禅師に台所仕事をするように命じます。


六祖慧能禅師は台所の仕事をしているのでみんなと同じ修行はできませんが、他の修行僧よりもとても短い時間で悟りを開き師匠に認められたのです。





いわゆる大勢の人が行っている「修行」はとても大切です。


長い時間をかけて悟りを開く方もいらっしゃいます。


しかし、それが全てではありません。


みんなとは違う方法で、短い時間で結果が出ることもあるのです。




桃太郎達も一般的に言われているよりも短い時間が鬼ヶ島に到着しました。


それは、前回の記事でも紹介したように猿、犬、きじが自分の役割をしっかりとやれたからです。
※前回の記事はこちらです。





勉強やスポーツも同じです。

同じ宿題や練習を長い時間やれば良いわけではありません。

短い時間であったとしても本当に集中して取り組むことができれば自分でも驚くほどの成果を得られる時があります。





坐禅も同じです。もちろん長く坐ることができるのは良いことではありますが、たとえ短い時間であっても精一杯坐ることが大切です。

さぁ、一生懸命に身体と呼吸と心を調えていきましょう!!!



600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎9

昔話シリーズ 桃太郎 【8:船で鬼ヶ島へ出発】

600【昔話】44桃太郎

昔話シリーズ 桃太郎 【8:船で鬼ヶ島へ出発】



この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。



皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。

この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。

今回は 「8.船で鬼ヶ島へ出発」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。




いよいよ鬼ヶ島へ向かう桃太郎一行は港に到着します。


鬼ヶ島へは船旅です。


船を見つけて乗り込む場面にこのような会話が登場します。



「わたくしは、漕ぎ手になりましょう。」

こう言って、犬は船をこぎ出しました。

「わたくしは、かじ取りになりましょう。」

こう言って、猿がかじに座りました。

「わたくしは物見をつとめましょう。」

こう言って、きじがへさきに立ちました。






この時に、猿が


「いやいや、俺も空から全体を見渡したい」


と言ったらどうなるでしょうか。


きじが


「空の役割ばかりじゃなくて、俺もたまには船をこいでみたい」


と言ったらどうなるでしょうか。



もちろん、それでも良いかもしれません。


猿が飛べるようになるまで待てば可能かもしれません。


きじが船をこげるようになるまで待てば可能かもしれません。



しかし、それでは時間がかかりすぎます。

かかりすぎるどころか、鬼ヶ島に到着することができなくなってしまいます。




仏教の例え話に



「体が一つ、頭は二つの鳥がいた。一つの頭がおいしい果物を食べているのを妬み、もう一つの頭が毒を食べて、両方ともに死んでしまった。」




「尻尾が 前に出ようとして 蛇の頭と尻尾が喧嘩した。尻尾が前に出ると炎の中に落ちて死んでしまった。」





といったものがあるように



桃太郎たちが船に乗り込む場面では、各自が今自分の力を発揮できる場所で精一杯の努力をすることの大切さを説いています。



そして、今自分が何をするべきなのかは姿勢を良くしてゆっくりと呼吸をすることで心が調えれば自然と見えてくると言われています。



さあ、ゆっくりと心を調えていきましょう。





600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎8

昔話シリーズ 桃太郎 【2:こっちの水は甘い】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】38桃太郎

昔話シリーズ 桃太郎 【2:こっちの水は甘い】



皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる




となっています。


この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「2.あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」 という場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。


これも有名な場面ですが、


川を流れる桃に対してお婆さんは「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と声をかけています。


そのように声をかけるとことで、お婆さんは桃を拾い上げることに成功するのです。


私はこの場面では「悪を遠ざけ、善をすすめる」という仏教の基本的な教えを感じることができます






仏教の大切な教えに七仏通戒偈【しちぶつ つうかいげ】というものがあります。


非常に短いお経で、




諸悪莫作【しょあくまくさ】 

衆善奉行【しゅぜんぶきょう】

自浄其意【じじょううごい】

是諸仏教【ぜしょぶっきょう】





という4つの句で書かれています。そして、この言葉は



悪いことはせず、

善いことを行い、

自分の心を浄めること、

これが諸仏の教えである。




と訳すことができます。


簡単そうで、なかなか実践することが難しいお経です。


桃太郎の話の中で


お婆さんは「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と声をかけています。


川を自由に流れる桃は、辛い水の方へ行くこともあれば甘い水の方へと行くこともあります。
私達の心も同じです。


時には悪い方へ流され、時には良い方へと流されます。


桃はお婆さんの声に導かれて甘い水の方へと流れていくことができました。


同じように、私達も悪いことから離れて、良いことを続けていくことが大切だと伝えてくれています。




600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎2

昔話シリーズ 桃太郎 【1:桃を拾う】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600【昔話】37桃太郎

昔話シリーズ 桃太郎 【1:桃を拾う】




皆さんご存じの通り、桃太郎のお話は

1.川に桃が流れてくる
2.お婆さんが桃に「あっちの水は辛いよ、こっちの水は甘いよ」と言う
3.桃から桃太郎が生まれる
4.おじいさんとおばあさんが桃太郎のめんどうをみる
5.桃太郎、鬼ヶ島へ
6.おじいさん、おばあさんがきびだんごを作る
7.きびだんごを欲しがる猿、犬、きじを仲間にする
8.船で鬼ヶ島へ出発
9.鬼ヶ島到着
10.鬼を退治して帰ってくる



となっています。


この桃太郎の話から、私達は様々なことを学ぶことができます。


今回は 「1.川に桃が流れてくる」 場面から何を学ぶことができるのかを紹介させていただきます。





桃太郎のお話は


おばあさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ~ ドンブラコ~ と桃が流れてきました。


という有名な場面から始まります。



この、桃をおばあさんは迷うことなく拾います。


「桃太郎」というお話が、読んでいる私達に伝えたいことは、この場面に描かれているように感じます。


洗濯をしていたお婆さんは川を流れてきた桃を迷うことなく拾います。


この姿は迷いなく行動できることの素晴らしさを示しています。



仏教では、このような心を”無心”と言います。



無心とは、差別をしない心や見返りを求めない心のことを言います。




昔話にはこの場面については、


「お婆さんが川で洗濯をしていると桃が流れてきました。おばあさんは桃を拾っておじいさんと一緒に食べることにしました。」


と書いてあります。


川に桃が流れていても現代を生きる私達は「あ、拾って食べよう」とはなかなか考えません。


「安全だろうか?」
「汚いかも!?」
「桃を食べたら怖いお兄ちゃんに高い桃代を請求されるかもしれない。」


などなど、頭で考えてしまいます。


しかし、お婆さんが私達のように考えていたら桃太郎の物語は始まりません。



”桃”という御縁を迷うことなく受け止めたからこそ、物語が始まったのです。



つまり、日々流れてくる「御縁」を受け止めることの大切さをお婆さんが桃拾うことでで教えてくれているのです。



もちろん、それ以外にも多くのことを教えてくれている桃太郎の話をこれから紹介させていただきます。



600仏教豆知識シール 390-399 昔話シリーズ 桃太郎1

昔話シリーズ その19 竹取物語 【1:仏の光明】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われてみんなの坐禅会(子供坐禅会)で私が話した内容をまとめたものです。




600仏教豆知識シール昔話シリーズ2 3

昔話シリーズ【19】 竹取物語 【1:仏の光明】




竹取物語・かぐや姫の話しは有名です。



・おじいさんが竹を取りに行くと、一本の光る竹を発見する

・その竹を切ると小さな女の子がいた

・女の子は美しい女性へと成長する

・多くの男が結婚を申し込むが、無理難題を言って断る

・かぐや姫はおじいさんに「自分は月から来た、月に帰らなくてはいけない」と話した

・おじいさんは何とかしようとするが、かぐや姫は月に帰っていく。




と言った内容です。



日本最古の物語とも言われる竹取物語にも多くのことを学ぶことができます。



今回は竹取物語の冒頭部分を紹介します。


竹の中からかぐや姫を見つけたおじいさんは、喜んで家に連れて帰ります。


物語の中ではこの部分を



家の中が隅から隅まで光り輝きました。翁(おじいさん)にはこの子を見るのが何よりの薬で、また何よりの慰みでした。




と書いてあります。



かぐや姫を連れて帰ると家の中が隅から隅まで光ったと言うのです。この部分を読んだとき私は「仏の光明」という言葉を思い出しました。




お釈迦様の教えをまとめた仏教聖典に


仏を念ずる者は、常に仏の光明におさめられ、また自然に仏の香気に染まる。

世に仏を信ずることほど大きな利益【りやく】をもたらすものはない。 もしただ一度だけでも仏の名を聞いて、 信じ喜ぶならば、 この上ない大きな利益を得たものといわなければならない。




とあるのです。


ただし、仏の光明は外から照らさせるものではありません。


竹の中からかぐや姫が出てきたように、私達を照らす仏の光明は私達の中から出てきます。


毎日、毎日おじいさんが竹やぶに竹を切りに行って光り輝く竹を見つけるのと同じように、


私達も毎日坐禅をしたりお参りをしたりすることで、心を調えることで、光り輝く仏の心を自分の中に見つけることができるのです。





竹取物語・かぐや姫の冒頭部分を読んだときに、光り輝くかぐや姫が家中を照らすように、私達の中にある尊い心が私達自身を照らすことを思い出していただければ幸いです。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる