fc2ブログ

オンライン坐禅会 法話【冷暖自知 その1】

この文章は臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会を担当させていただいたときの法話原稿です。


600冷暖自知 禅語



静岡には『雪見遠足』という行事があります。



静岡の平野部では雪が降りません。



富士山など遠い山の上に降った雪は見ることができても、触ることはできません。



ですから、保育園や幼稚園では本物の雪に触れるために雪を見に行く遠足、『雪見遠足』を行うのです。






娘が小さい頃、この雪見遠足の準備のために、慣れないゴワゴワの服や、長靴を試着させると


「雪は嫌!!たくさん服を着ると暑いし行きたくない!!」


と言い始めました。




それでも、無理やり連れていくと・・・


大はしゃぎ!!!


何度も、何度もそり滑りを楽しんでいました。


帰宅後も「楽しかった、楽しかった」と話してくれました。






禅の言葉に

冷暖自知【れいだんじち】

という言葉があります。


実際に触れば、冷たいか暖かいかわかるように、悟りの体験はそれを得た人にだけが知ることができる。言葉では説明しきれない。



という意味があります。




娘は雪見遠足という、想像ができない世界に足を踏み入れる前は


「嫌だなぁ」


と思い込んでいました。しかし、飛び込むことで、その楽しさを知ることができました。



これも冷暖自知なのかもしれません。






しかし私は、冷暖自知にはもう少し違ったとらえ方もあるように感じます。


雪見遠足が嫌だった娘ですが、行ってみたら楽しかった。


ここまでは普通のことです。


しかし、私は娘のある行動に感動をしたのです。


それは。雪見遠足の思い出を「楽しかった!!」と素直に話してくれたことです。





私の場合、始めに「嫌だ」と口にしてしまったことを「好き」になることだけでも難しいのに、さらにそのことを「好き」と認めて誰かに話すことは、自分の間違いを認めることになってしまし、なかなかできません。



私は禅語、「冷暖自知」には


冷たいものを冷たい、暖かいものを暖かいと素直に観ることができる素直な心も大切だ


という意味も持っていると考えています。




実際に触れることで感じられることはたくさんあります。


しかし、それだけでなく、素直な心が大切だということを、雪見遠足へと出発する子供達を見るたびに思い出します。

新たに発見したオンライン坐禅会の良さ

600ティッシュ20220206



花粉が飛んでいること感じる季節になりました。


目がかゆいだけでなく、自分の意思とは関係なくくしゃみが出てしまいます・・・



辛い季節です。



しかし、くしゃみが出ると同時に、オンライン坐禅会の良さを1つ発見することができました。




それは、



オンライン坐禅会は花粉症でも気にせずに参加できる!!



ということです。



私は会議中・授業中にくしゃみが止まらなくなると「周りの人に迷惑かも」と気になってしまいます・・・


坐禅会ならなおさらです。



でも、マイクをオフにしているオンライン坐禅会なら突然のくしゃみも気にせず坐禅に取り組むことができるのです!



思わぬところで発見した、何気ないオンライン坐禅会の良さでした。



※オンライン坐禅会に興味があるか方には毎日開催されている「臨済宗青年僧の会」のオンライン坐禅会がおすすめす。
詳しくはこちら(ホームページ)をご覧ください!!

オンライン坐禅会ではカメラを「オン」にした方が良い理由

600オンライン坐禅会 会場図 初めてのオンライン坐禅会モニター2



先日放送された、NHK 所さん!大変ですよ というテレビ番組の中で、脳科学者の澤口俊之さんが、

自分の顔を鏡で見るとやる気が出る

と2021年に発表されたばかりの論文を紹介されていました。



自分の顔を鏡で見るとやる気を出すドーパミンが放出されて脳の奥にある腹側被蓋野【ふくそくひがいや】が 活性化されることがわかった!



と言うのです。


以前からお伝えしているように、オンライン坐禅会とお寺での坐禅会の大きな違いの一つが、


「オンライン坐禅会では「自分の姿を見ることができる」



というものがあります。



オンライン坐禅会の場合、カメラをオンにすることで自分が映っている姿を自分で見ることができます。
※もちろん、その映像が他の参加者にも見えますので、オンオフは慎重にご検討ください。




私だけかもしれませんが・・・


始めは「坐禅をがんばるぞ!!」と意気込んでいたのに、坐っているうちにだんだんやる気が少なくなっていくことはありませんか。


もちろん、カメラをオンにして坐禅中に自分の顔や姿を見ただけでやる気を失わないと言う保証はどこにもありません。


しかし、少しでも良くなる可能性があるのなら、信じて試してみてはいかがでしょうか。

オンライン坐禅会 法話 【炊飯器に教えられたこと】

炊飯器のご飯20211025




 朝晩が少しずつ涼しくなって秋を感じる季節になりました。暑さ寒さも彼岸までということで、お彼岸が過ぎ、15夜を過ぎると、涼しくなってまいります。


坐禅をしていても、少し前までは坐っているだけで汗がダラダラと出ていましたが最近は本当に気持ちよく坐ることができています。


また、この時期になると新米など秋の味覚が出回る時期ですね。ただでさえ美味しい新米を、薪を使ってお釜で炊いたら本当に美味しいご飯になることは間違いないことです。私も秋が深くなってくるとお寺が管理する山の整備のために、木や竹を切りに山に入ります。その際に、切って乾かした木や竹を燃料にして飯盒でご飯を炊くことがあるのですが、やっぱり美味しいですね。





吾心似秋月 碧潭清皎潔
【わがこころは 秋月に似たり 碧潭(へきたん) 清くして 皎潔(こうけつ)たり】


聞いたことがある方も多いかと思います。


『寒山詩』の中でも特に有名な詩の一節です。




河野太通老師の「床の間の禅語」によれば



吾心似秋月
自分の今の心境をたとえるならば、ちょうど秋の月のようにさえざえと清く澄みわたっている。十方世界をくまなく照らして一点の埃も心の中にとどめてはいない。
清浄無垢な心境を秋月にたとえ、

碧潭清くして皎潔
その心の月の光が池の面を照らせば、青く澄みきった池はその底まで何の汚れもなく、輝き映える。
清澄なる心が万物を見れば、すべてのものは清澄なる悟境である。



という意味です。





 話は少し変わりますが、オンラインで何かをしようとうするときに必ず出てくる言葉が


「やっぱり直接会うのが一番いいよね」


という言葉です。


その通りの言葉なので、この言葉を否定することはできません。しかし、自分自身が主催者として必死に取り組んできた行事の最後にこの言葉が聞こえてくると、心にモクモクと雲が出てくるような沈んだ気持ちになっています。



しかし、この心の雲をどけるような出来事がありました。私の心の雲を取り除いてくれたのが我が家の炊飯器でした。


我が家の炊飯器はタイマーがついています。


朝ご飯を食べたいと思っている時間にタイマーをセットしておけば、勝手に炊飯器がタイミングよくご飯を炊いて、しかも「ピーピーピー」と音で合図までしてくれます。私は結婚以来、妻との家事分担で朝食は私が、夕食は妻が担当をしておりまして、これまでに数えきれないほど、炊飯器のタイマーを使ってきました。


ある朝のことです。いつものように台所で作業をしていると「カチ」という小さな音が聞こえたのです。普段なら聞き逃してしまうような音でしたが、その日はなぜか鮮明に聞こえました。


それは炊飯器のスイッチが入った音でした。炊飯器はご飯が炊けたとき「ピーピーピー」と大きな音を出して知らせてくれますが、炊きあがる時間から逆算してスイッチが入ります。この時は別に知らせる必要はありませんので電子音は聞こえません。しかし、スイッチは入りますので、その音が聞こえたのです。


「カチ」という音の後には微かに「ゴー」という電熱線が温まっていく音が静かな台所に鳴っていました。この「カチ、ゴー」という音を聞いたとき、ハッとしたのです。




炊飯器にかかわった多くの方の苦労や歴史を「カチ、ゴー」という音に感じたのです。


薪で炊いたご飯がなぜ美味しいのか。様々な理由があると思います。その一つが目に見える苦労です。自分で薪を使ってご飯を炊けば苦労を実感できますし「薪で炊いたご飯です」と言われれば、炊いてくれた人の苦労を容易に想像することができます。だからこそ、その苦労に感謝の気持ちが湧き、ご飯が美味しく感じられます。


しかし、炊飯器でご飯を炊くときにあまり苦労をしません。なぜでしょうか。それは便利な炊飯器を作り上げるために、私達が想像できないほど多くの先人達が苦労をしてくれているからです。先人が苦労の先払いをしてくれているのです。その方々の苦労のおかげで炊飯器を使うときに私達が苦労をせずにすんでいるのです。そのことに気がついていないからこそ、私は


「薪で炊く方が炊飯器よりも苦労する。だから薪の方が美味しい」と思い込んでいたのです。


「カチ、ゴー」という炊飯器の音が苦労を感じていなかった私に、


「お前、便利な道具の裏側にある苦労に何も気づいていないじゃないか!!炊飯器だって薪と同じなんだ。米を美味しく炊くために必死なんだ!」と語りかける炊飯器の声だったのです。


そして、この音を聞いたとき、


「対面が一番だよね」という言葉に対して、「確かに」と思っていた私の浅はかさに気がつきました。もちろん直接人と会うことができることは素晴らしいことです。しかし、それと比較して「オンラインは・・・」と考えていた自分には、オンラインで人と出会うことができるようになった先人たちの苦労・労力が、さらに、必死になってインターネットの世界に足を踏みいれてくださった方のご苦労を感じていなかったのです。


これこそが私がオンラインに対して少しだけ感じていたうしろめたさの原因であり、


他人の苦労を感じることができていなかった自分自身の思い込みが心に雲を作り出していたのです。




「吾心似秋月 碧潭清皎潔」と言う言葉は


 私達の心の清らかさは、喩えるべきものがないほどのものだが、ちょうど秋の月のようにさえざえと清く澄みわたっている。と教えてくれています。


 この澄み切った心で物事を見渡すことができたなら、どちらが優れていて、どちらかが優れていないなどと分ける必要はなく、どれもが尊いものだと見ていくことができると教えてくれています。


薪で炊いたご飯も素晴らしい存在であり、炊飯器で炊いたご飯も素晴らしい存在。

直接会った人も素晴らしい存在であり、オンラインで会った人も素晴らしい存在なのです。

「カチ、ゴー」という炊飯器の声が私の心の雲を吹き飛ばし、大切なことに気づかせてくれたように感じます。

オンライン坐禅会 1千回・参加者7万人突破

600オンライン坐禅会 7万人



私は微力ながら臨済宗青年僧の会が主催するオンライン坐禅会の手伝いをさせてもらっています。
※オンライン坐禅会(臨済宗青年僧の会)のホームページはこちらです。



このオンライン坐禅会ですが、8月21日(土)の夜に参加者が7万人を突破しました!


そして、本日(8月24日)の朝の坐禅会で開催数が1,000回となりました!





本当なら、


「あと何人で〇万人」


「あと〇回で1,000回」」


と盛り上げなくてはいけないところ、


「気がついたら7万人、1,000回を超えていた・・・」


というしくじりを、心暖かい参加者や関係者の皆様なら許して下さると信じてご報告させていただきます。





1,000回も坐禅会が開催されたこともすごいことではありますが、昨年の4月26日から1日も休むことなく1,000回以上坐禅会を開催し続けていることにも驚いています。


これもひとえに、開催に尽力してくださる関係者、そして参加者の皆様のおかげです。


本当にありがとうございます。




これからも、オンライン坐禅会がより良いものになるように努めて参ります。


至らないところばかりですが、末永いお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。


また、オンライン坐禅会は仏教や禅の教えに触れていただくことができる貴重な場所ですので、少しでも多くの方にこの坐禅会の存在を知ってもらえるように広報にも力を入れていきたいと思います!
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる