fc2ブログ

子供坐禅会 法話【なぜ人は悪口を言うのが好きなんですか。】

臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会(子供坐禅会)で話をしたときの原稿です。

600オンライン坐禅会 法話 子供坐禅会 なぜ人は悪口を言うのが好きなんですか



以前、小学生に

なぜ人は悪口を言うのが好きなんですか。

と聞かれたことがあります。



大人も子供もついつい悪口を言ってしまうものです。



私も先日、お寺の裏の水路があふれたときに、これまで毎日流れ続けてくれていた水路に、そして水路が流れるために一生懸命活動してくれていた方に感謝することなく、「なんでしっかり流れないんだ!」と悪口を言ってしまいました・・・
※詳しくはこちらをご覧ください。



さて、「なぜ人は悪口を言うのが好きなんですか。」

という質問に対して、私は

「慈悲(じひ)の心を見失うから」

と答えます。




仏教では、誰もが慈悲の心を持っていると言っています。

しかし、カバンの中に入れた鉛筆が見つからないことがあるように、私達も慈悲の心を見失うことがあります。



慈悲の

「慈」とは相手に楽しみを与えること、

「悲」とは相手から苦しみを抜き去ること



を表しています。


ですから、


慈悲とは相手と共に喜び、共に悲しむことができる心なのです。


この心をみんなが持っているのです。



仏教には次のような言葉もあります。



心の豊かな人は他人の長所が見え

心のまずしい人は他人の欠点ばかり見える

み仏の心とは慈悲心である





私達は、おこづかいをもらって豊かになることもあれば、無駄遣いをして貧しくなることもあります。

心も同じです。

豊かになったり、貧しくなります。




心は生まれたときから貧しいのではありません。

慈悲の心をという尊いものを持っています。

しかし、見失い貧しくなってしまうときがあるのです。




つまり、悪口が出ているということは、大切な心を見失っていると言ことなのです。


そんなときはどうしたら良いのでしょうか。


カバンの中の鉛筆が見つからない時には、カバンの中を整理します。


同じように、私達も大切な慈悲の心を見失ってしまったときには心の整理をします。



これを、仏教では「心を調える」と言います。



もちろん、坐禅も心を調えます。





さらに、悪口が出てしまう心を調える言葉もあります。

それが、


人間の尊さにめざめ 

自分の生活も 他人の生活も大切にしましょう


という言葉です。




自分の中にある尊い心に気がつけば、自分だけでなく周囲の人も大切にせずにはいられないことを伝えてくれる言葉です。


同時に



悪口を言わなければ、

自然と他人の生活を大切にすることができ、

それが自分の生活を大切にすることにつながってくる。

そうなると、自分の中にある尊い心に気がつくことができる。




と言うことも教えてくれています。


誰かの悪口を言いそうになったとき、この言葉を思い出してみてください。

なんで学校へ行かないといけないんでしょう? その3

600オンライン坐禅会 法話 子供坐禅会 学校へはいかなくてはいけないのですか。5




臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会(子供坐禅会)で話をしたときの原稿です。



この記事は「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」という質問に対して3つの回答を考えました。


今回は、その3つ目です。





1つ目の答えは、憲法や法律から見た答え。
※記事はこちらです。

2つ目の答えは、先日見た映画をヒントにした答え。
※記事はこちらです。



そして3つ目の答えは、仏教・禅の言葉をヒントにした答えです。



これまでの記事で、



「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」



という質問は”思い込み”が生んだ間違いだと紹介をしました。



”義務”は学校へ行くことではなく、大人達がこれからを生きていく子供達に教育を受けさせる義務なのです。



ですから、「行かなければいけない」場所などないのです。


学びたいと思う子供達には学ぶ権利があり、大人には子供を育てようとする義務があるのが義務教育なのです。




では、なぜ「行かなければならない」と思ってしまうのでしょうか。


原因は大きく分けると2つあります。



1つは「義務教育」を間違って解釈すること

そしてもう1つが、学校で嫌な体験をしたり、嫌な体験をしそうだと予想できるからです。




禅の有名な言葉に

無分別

という言葉があります。

一般的には軽率なことを意味する言葉です。



しかし、禅・仏教では“区別や差別をしない”という意味で使います。

つまり、こだわらない・ありのままに受け入れる尊い心を「無分別」と呼ぶのです。



そして、このような尊い心を誰もが持っているとも説いています。


しかし、自分自身や周囲の人も持っているはずのこの尊い心が見えなくなってしまうこともあります。


落ち葉が降り積もったり、雑草が生えてきて、美しい地面が見えなくなってしまうのと同じです。


では、どうしたら良いのでしょうか。


落ち葉を掃除し、雑草を取り除けば美しい地面は再び見るとことができます。




私達の尊い心も同じです。


心の掃除が大切です。


臨済宗には


一日一度は静かに坐って 身体と呼吸と心を調えましょう



という言葉があります。




”静かに坐る”ということは坐禅をすることです。


坐禅も大切な心の掃除なのです。


学校で嫌な体験をしたときには様々な解決方法があります。


相手と話し合う、先生に相談する、大人を頼る、問題と距離をとる、時間が経過することを待つ・・・


しかし、「この問題には、この解決方法がよい」という正解が必ずあるわけではありません。


簡単には解決しない問題も多くあります。


相手がいる問題の場合は特に複雑です。





しかし、自分だけでできることもあります。


それが、”無分別”です。


まず自分自身が区別をしたり差別をやめるのです。


それが無分別の心です。



誰かを変えることはできません。


しかし、自分を変えることができます。


自分自身の心を調えることで、無分別の心になること。


「行かなきゃいけないのか」


という疑問は誰かに答えを求めなくても、自然と自分の中にある答えに気がつくことができるのです。

なんで学校へ行かないといけないんでしょう? その2

臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会(子供坐禅会)で話をしたときの原稿です。

この記事は「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」という質問に対する3つの回答の2つ目です。

今回はこの質問に対して、以下の3通りの答えをお伝えしようと考えています。




1つ目の答えは、憲法や法律から見た答え。
※記事はこちらです。

2つ目の答えは、先日見た映画をヒントにした答え。

そして3つ目の答えは、仏教・禅の言葉をヒントにした答えです。






今回は

先日見た映画をヒントにした答え

を、紹介します。




前回の記事で、

「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」

という質問は”思い込み”が生んだ間違いだと紹介をしました。

”義務”は学校へ行くことではなく、大人達がこれからを生きていく子供達に教育を受けさせる義務なのです。

ですから、「行かなければいけない」場所などないのです。




しかし、”思い込み”は誰にでも起こるものです。



600オンライン坐禅会 法話 子供坐禅会 学校へはいかなくてはいけないのですか。1

先日見た「ドリーム」という映画にも印象的なシーンがありました。

この映画は2017年に公開されたアメリカの映画です。

内容は、1962年にアメリカ人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフの物語です。



私はこの映画を見て、そういえば人種差別の問題が露骨にあった時代があることを学生時代に習ったことを思い出しました。そういった差別とどうNASAの人達がどのように向き合い改善していったのかを描いた映画です。



主人公の3人は黒人であるというだけで理不尽な境遇に立たされるのですが、それでもひたむきに夢を追い続け、やがてNASAの歴史的な偉業に携わることとなるのです。




600オンライン坐禅会 法話 子供坐禅会 学校へはいかなくてはいけないのですか。2

印象的なシーンの一つに、白人の男性責任者がトイレの看板を破壊し、「NASAでは小便の色は同じだ」と叫ぶシーンがあります。



あるとき、白人の男性責任者は自分の部下の黒人女性が毎日のように長い休憩時間をとっていることに気がついて


「君はなぜそんなに長く休憩をしているんだ!?」


と質問をします。




このとき、黒人女性は怒りに震えながら


・黒人用のトイレが、この建物にないこと

・トイレに行くために何百メートルも離れた、多くの黒人が働く建物にしか黒人用のトイレがないこと

・そのためにトイレに行くたびに”休憩時間”と多くの労力が必要なこと


を訴えたのです。




このことを言われて、初めて白人の男性責任者は、黒人用のトイレが近くにないことを知ったのです。


自分がいつも近くにあるトイレを使っていたので、そんな遠くにまでトイレのために移動する人がいるとは思っていなかったのです。


黒人女性が休みばかり取るから、自分の仕事が進まないと感じていた白人の男性責任者にとっては、自分が持っている「トイレは近くにある」という自分勝手な”思い込み”こそが、相手を深く傷つけ、そして自分自身を苦しめていたのです。



白人の男性責任者は自分の間違った”思い込み”を反省し、正しい行動にでたのです。

それが”白人専用”と書かれたトイレの看板を破壊し、「NASAでは小便の色は同じだ」と叫ぶシーンだったのです。



このシーンから私達が学ぶべきこと、「差別はよくない」ということだけではありません。


誰もが差別をしている、思い込みをしていることに気がつかなくてはいけないのです。


身近にある情報だけを信じて、それが”当たり前”になってしまう。




もちろん、悪いことばかりではありませんが、時には間違いをしてしまうことになるのです。


「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」


も同じです。



いつの間にか、「学校はいかなくてはいけないところ」という思い込みに植え付けてしまっているのです。


広い世界をみて、広く情報を集めることが容易になった今だからこそ、自分が正しいと思っていることも見直してみることが大切なのかもしれません。

なんで学校へ行かないといけないんでしょう?

10円ガム



臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会(子供坐禅会)で話をしたときの原稿です。



中学校の教員をしているときに、



「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」


と聞かれることがありました。




今回はこの質問に対して、3通りの答えをお伝えしようと考えています。


1つ目の答えは、憲法や法律から見た答え。

2つ目の答えは、先日見た映画をヒントにした答え。

そして3つ目の答えは、仏教・禅の言葉をヒントにした答えです。




この記事では

1つ目の答えである、「憲法や法律から見た答え。」

を、紹介します。




誤解を恐れずに例え話をするならば、私は学校の教育は、


子供の頃、仲間からもらった駄菓子屋さんで売っているガムの当たり券だと思っています。




子供にとって、駄菓子屋さんのガムはとてつもなく貴重なものです。


購入しようとすると、全財産を出さないと買えないこともあるほど高価なものです。


ガムの当たり券と言えは、この価値あるガムを手に入れることができる価値ある代物です。




話しを学校に戻します。




私は

「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」

と聞かれれば

「行かないといけない人なんていませんよ。」

と答えます。

そうなんです。日本では学校へ「行かないといけない」という人はいません。





では、なぜ「行かないといけない」と思うのでしょうか。


それは義務教育という言葉を知っているからだと思います。


でも、義務教育という言葉を正しく知ろうと思うと2つ言葉を学ばなくていけません。



1つが「教育を受ける権利」

これは、日本の憲法や法律で私達は誰でも、教育を受けることができると言っているのです。



そして、もう1つが「教育を受けさせる義務」です。

これが「義務教育」です。




では、この「義務」は誰にあるのでしょうか。


もちろん、大人達です。子供ではありません。


ですから、教育については


受ける権利があって、受けさせる義務がある


言い方を変えると


「行ってもいい人」と「行かせないといけない」人しかいないのです。



では、なぜ「行かないといけない」と思うのでしょうか。それが「思い込み」です。



・みんなが行くから、自分も行かなくてはいけない

・「義務」という言葉がついているから、教育を受ける義務が自分にはある



と思い込んでしまうことがあるのです。




もったいないですね。


本当は、「学びたい人が学ぶことができる」場所が義務教育の現場です。


そして、ここで学ぶことができる内容は、諸先輩方が、後輩のために準備をしてくれたものです。






まさに
子供の頃、仲間からもらった駄菓子屋さんで売っているガムの当たり券です。


仲間はなぜ、当たり券をくれるのでしょうか。


自分が食べておいしかったガムを、せっかくなら大切な仲間に味わってほしいからです。


そして、この当たり券を受け取った人は使いたい人だけが使うことができるのです。


ただし、ここには「しなくてはいけない」ことなど何もないのです。





多くの人が「学校に行かなくてはいいけない」と思い込んで、自分に必要以上にプレッシャーをかけたり、自分を奮い立たせようとしたことがあるのではないでしょうか。


そのせいで、心がモヤモヤしてしまうこともあるかもしれません。


そんなときには、


学校へ行く権利はあるが、行かなくてはいけない義務はない。

学校は駄菓子の当たり券。


ということを思い出してくれればうれしいです。





※「なんで学校へ行かないといけないんでしょう?」

という、質問に対して、3通りの答えのうち、

2つ目の答えである、先日見た映画をヒントにした答え。

3つ目の答えである、仏教・禅の言葉をヒントにした答え。

は次回以降の記事で紹介をさせていただきます!

子供坐禅会 法話 【あの有名人も坐禅をしている】

臨済宗青年僧の会で開催しているオンライン坐禅会(子供坐禅会)で話をしたときの原稿です。




突然ですが体育の授業の最初に何をしますか。


「今日はマット運動をします」最初に何をしますか?

「今日はドッチボールをします」最初に何をしますか?

「今日はサッカーをします」最初に何をしますか?


どんなスポーツをするにしても、ランニングとストレッチをしませんか?


なぜでしょう。


そう、ケガをしないためです。


ランニングをして体を温めれば、激しい運動をしてもケガをする確率が下がります。


ストレッチをすることで、これから使う部分を伸ばしておけばケガをする確率を下げることができます。


だから、ランニングをしたり、ストレッチをします。


どんな運動の前に ランニングとストレッチをするとことは、どんな運動にも共通する大切なことです。


運動の前にはランニングとストレッチ。


これは運動の基礎基本です。






では、人生を歩む前に必要なこととは何でしょうか。


これからみんなはたくさんの勉強をします。運動をします。経験をします。


その後、様々な生き方を選択していきます。


そんなときに、必ず必要になる基礎基本があります。



皆さんは、今何をしましたか?


そうです、坐禅です。



これが、人生の基礎基本です。



え、坐禅が人生の基礎基本か!?



疑いますよね。


坐禅をしたら勉強ができるようになるのか?


運動ができるようになるのか?


自分が望む人生がすぐに手に入るのか?




もちろん・・・ 入りません。


でも、これが人生の基礎基本なのです。


さっき、ランニングとストレッチが運動の基礎基本だと言いました。


ランニングとストレッチをずっとしていたらマット運動が上手になりますか?


ドッチボールで上手くよけられるようになりますか?サッカーですごいシュートが打てるようになりますか?


なりませんね。でも、みんなランニングとストレッチをします。



なんでか?必要だからです。



もちろん、ランニングとストレッチをしなくても運動はできます。しかし、ケガをしたり上手になりにくかったりします。


実は坐禅も同じです。でも、お坊さんがいくら「坐禅が大事」と言っても面白くありません。


そこで、今日はお坊さん以外の人が「坐禅が大事」と言ってくれていたことを紹介したいと思います。
 






さて、毎日いろいろなニュースがありますが、最近うれしいニュースがありましたよね。最近と言うより少し前ですが・・・そうです。サッカー日本代表がワールドカップ出場を決めました。最後はオーストラリアに勝てばワールドカップ出場が決まると言う試合に見事勝利してワールドカップ出場を決めました。



 このサッカー日本代表のキャプテンを知っていますか。そうです、吉田 麻也(よしだ まや)選手です。


では、その前のキャプテンは知っていますか?


これまでの日本代表で一番長くキャプテンを務めたのが静岡出身の長谷部選手です。2010年南アフリカ大会、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会まで、日本代表史上最も長くキャプテンを務めました。


キャプテンとして、そしてドイツのチームでも活躍をしているので知っている人も多いと思います。今、日本でサッカー協会に登録をしている人、つまり遊びではなくしっかりとサッカーに取り組んでいる人が約90万人と言われています。その中で日本代表になるだけでも大変なのに、そのキャプテンをしていたのだからとってもすごい人ですね。



長谷部選手は長い間日本代表のキャプテンをしていました。その間には、うれしいことだけでなくとっても苦しいことや辛いこともあったと思います。


うれしいとき、悲しいとき、苦しいとき、キャプテンになる前からどんな時でも長谷部選手は毎日続けていることがあるそうです。それは、長谷部選手が書いた本の中にこのように書いてありました。




600本 長谷部選手


1人で部屋に入ると電気をつけたままにして、ベッドに横になる。音楽もテレビも消す。そして、目を開けたまま、天井を見つめるようにして、息を整えながら全身の力を抜いていく。大事なのはザワザワとした心を少しずつ落ち着かせていくことだった。練習と緊張でざらついた心をメンテナンスしてあげるのだ。





と。実は坐禅を一生懸命することの大切を表す



「一日一度は静かに坐って身と呼吸と心を調えましょう」



という言葉があります。坐禅は身と呼吸と心を調えるものですよという意味です。


私は長谷部選手の本を読んだとき、これも「1日1度は身と呼吸と心を調える」ことの実践だと思いました。


しかし、それと同時に「なんでサッカー選手が坐禅と似たことをしているのだろう?」と疑問に感じました。


長谷部選手はなぜ毎日「身と呼吸と心を調える」のでしょうか。実は長谷部選手はいくつもの大きな会社を作った稲盛さんという人が「1日1回、深呼吸をして、必ず心を鎮める時間を作りなさい」と言っているのを聞いて「これは良いことだ!よし、自分もやってみよう!」と考えて毎日やるようになったそうです。



実は大きな会社を作った社長さんである稲盛さん、みんなと同じように坐禅をしたことがある人なのです。


みんなと同じようにと言っても1回だけではありません。



大きな会社の社長をした後に修行を一生懸命するお寺に入って、修行をした和尚さんなのです。そして、今ではお寺から会社に戻って坐禅などの修行で勉強したことを使ってさらに活躍をしている人です。



つまり、坐禅は、私達お坊さんのように頭を剃って衣を着ている人だけのものではなく、社会で一生懸命働く人にも、スポーツ選手にも、そしてみんなにも必要とされている、とってもすごいものなのです。




では、坐禅とは何でしょうか。



坐禅というと、足を組んで痛いのを我慢するもの。少しでも動いたら木の棒を持った人が来て叩いていく。そのように考えている人もいるかもしれません。でも安心してください。そんなに怖いものではありません。



「一日一度は静かに坐って身と呼吸と心を調えましょう」これが坐禅です。静かに坐って、姿勢を良くして、ゆっくり息をする。すると心が落ち着きます。心がきれいになると言っても良いかもしれません。心が落ち着くことを感じることができるのが坐禅です。




長谷部選手は本の中で


心は、車で言うところのエンジンであり、ピアノで言うところの「弦」である。だから車のエンジンに油をさし、ピアノの弦を調律する。そんな感覚を心に対して持っているのです。だから「心を強くする」と言うよりも、「整える」と言った方が良いのです。


と書いてありました。




長谷部選手はベッドで横になって心を調えました。稲盛さんは深呼吸をして心を調えました。二人が心を調える基本にしたものこそ、今みんなが実際に行った坐禅です。


いつでも、どこでもすることができる、そして和尚さんだけでなく誰もが本当は必要としているのが坐禅です。ですから、今から一生懸命坐禅に取り組んで見てください!!そして、この実践が普段の生活の中にも活かせることを長谷部選手だけでなく、これまで多くの人達が教えてくれています。
みんなも勉強をする前、授業を受ける前、いつでも どこでも 姿勢を正してゆっくりと呼吸をするための練習を今日はしていただきます。後はどれだけ皆様1人1人が実践をするかなのです。

さあ、一緒に身体と呼吸と心を調えましょう

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる