FC2ブログ

昔話に学ぶこと 【わらしべ長者】

わらしべ長者という昔話があります。

最近になり初めてあらすじを知りました。私はこれまでわらしべ長者の話しは



500右足出して歩くこまめ

1人の貧乏人が最初に持っていたワラを物々交換していき、最後には大金持ちになる話。



500旗もってゴールこまめ

と思っていました。





ですから、“夢のあるおとぎ話”と思っていました。






・・・しかし


わらしべ長者の冒頭部分を知って驚きました。冒頭部分は



昔、ある1人の貧乏な男がいた。

毎日真面目に働いても暮らしが良くならないので、観音様に願をかけたところ、

「初めに触ったものを、大事に持って旅に出なさい」とのお告げをもらった。

男は観音堂から出るやいなや石につまずいて転び、偶然1本のワラに手が触れたので、そのワラを手に取った。





と、あったのです!!





そして、この貧乏な男は持っていたワラやその後交換したものも、欲しいと言ってきた人に迷うことなく渡し、その代わりになるものを差し出されれば迷うことなく受け取っていくのです。





冒頭部分を読んだ後、あらすじを思い出してみると“わらしべ長者”の話しは、仏教・禅の教えを伝えてくれていることに気がつきました。






仏教・禅では「こだわらない」ことを大切にします。


しかし、私達は普段の生活の中で取捨選択をします。


自分の都合の良いものを選んで手に入れ、必要ないものと判断したものを捨てていきます。






しかし、仏教・禅ではこの分別や取捨選択を嫌います。


こだわりのない心で 全てのことを受け止めることで私達は自分の命を生かしきることができると説くのです。




「初めに触ったものを、大事に持って旅に出なさい!」と言われた直後に偶然ゴミ(ワラ)を触ってしまったら・・・


私なら「こんなものはいらないから触っていないことにしよう。」「これは触ったのではなく手に当たったんだ」など理由をつけて“初めに触ったもの”をでっちあげてしまうことでしょう。




結果は明白です。


こだわりのない心でワラを手にすることができた貧乏人は幸せに、

こだわりの心で、取捨選択をしている私は いつまでも変わることなく迷いの世界をウロウロすることになるのです。





自分で判断し行動することは、普段の生活では非常に大切なことです。しかし、全てがそのような場面ではなく、ときには、こだわりの心を捨てて身を任せて生きていくことも大切だと感じます。


これからは、わらしべ長者のような昔話の奥深さを味わっていけるように 様々な昔話の内容を今一度確認して行きたいと考えています。

応援者になる!!

ある日、娘(小学生)がいただいた誕生日プレゼントを見て妻が感動していた。

プレゼントをくださったのは、娘の友達のおばあちゃん。娘と友達は大の仲良し。友達のおばあちゃんにもいつもお世話になっております。プレゼントを頂いたことにも驚き、感動しましたが、妻が一番感動したのは“送り主の名前”です





500ブログ 応援団1




○○○○ちゃんへ

11才のお誕生日おめでとうございます。
暑さに負けずに楽しい学校生活を送ってください。

応援者○○○より




※○○○はそれぞれの名前です。





一般的に自分の名前の上に何かを書くとすれば、そこには肩書が来るはずです。






500ブログ 応援団2

この方は御自身の肩書を「応援者」としたのです。
私も妻にこの手紙を見せられたとき、妻と同じように感動をしました。






会長・社長・局長・部長・課長・係長・・・・ 様々な肩書がありますが「応援者」という肩書は初めて見ました。

社長と部長、部長と課長、多くの肩書は、相手との関係に優劣をつけることに役立ちます。

しかし「応援者」は違います。

応援は優劣をつけることなく、相手と一体となる行為です。






優劣をつけてどちらが上かを争うよりも、贈り物をするときくらいは「応援者」と素直に名乗ることができる心を持ちたいと感じました。

自分と他人の境界線




500ブログ 自分と他人1

自分とは何か?




500ブログ 自分と他人2

“自分”がいれば“他人”がいる




500ブログ 自分と他人3

私達は自分と他人の間に壁を作り区別することができる。




500ブログ 自分と他人4

自分の周囲に他人がたくさんいれば、“自分”を囲むように壁を作って“自分”を形作る。




500ブログ 自分と他人5

多くの他人に囲まれていれば、自分を守るために壁を厚くしていく。これで自分を守ることができる。




500ブログ 自分と他人6

しかし、一口に他人と言っても、いろいろな他人がいる。子供、父母、兄弟、友人、仲間、親戚・・・・




500ブログ 自分と他人7

「自分と子供は一心同体」と言う人もいる。





500ブログ 自分と他人8

そういった人は“自分”の中に子供がいる。





500ブログ 自分と他人9

“自分”を囲む壁をどこに作るかは、個人個人に任さられている。





500ブログ 自分と他人10

子供と友人の外側に壁を作れば、その内側にいる子供と友人が“自分”だ。






私はこの壁はいくらでも伸び縮みする高性能なゴムのようなものだと考えている。




500ブログ 自分と他人11

様々な経験をすることによって、ゴムを伸ばすように心の壁を広げていくことができる。
子供ができれば、多くの経験や努力が必要になってくる。
その経験や努力によって、心の壁は柔らかくなり子供の外側にまで壁が広がる。





500ブログ 自分と他人12
同様に様々な努力をすることで、心の壁はいくらでも広がっていく。





500ブログ 自分と他人13

広がれば広がるだけ、他人と思っていた多くの人が“自分”になっていく。



妙心寺派の教えである生活信条に

人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう

と、あります。






自分を大切にすることができる人は、自分と同じように他人を大切にすることができ、

他人を大切にすることができる人は、他人と同じように自分を大切にすることができます。






つまり、全ての人を“自分”と思えるようになることこそが、自分の生活も他人の生活も大切することになります。






そして、そのために私達は何をしなくてはいけないのかが、



わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう

衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう

社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう





という妙心寺派の教えである信心のことばだと私は考えています。

自由自在な“あやとり”


禅ことについて書かれた書物を読んでいると“自由”という言葉がよく出てきます。



1つのことに執着せず、物事の自然の成り行きにまかせて、ゆったり無心に、淡々と、自由に生きよ、と禅はわれわれに教えているのだ。




と言った内容をよく見ます。





「自由」 「自由自在」 言葉の響きは素晴らしいのですが、私には具体的な姿が想像できていませんでした。




しかし、ある時

「もしかしたら、これが自由というものかもしれない」

と感じたことがありました。








500あやとり190620




それは、小学生の娘が“あやとり”に夢中になっている姿を見たときのことです。


楽しそうに輪になったひもで遊んでいる姿を見ていると、驚かされます。


1本の紐が自由自在に姿を変えていくのです。


ホウキになったり、カメになったり、茶碗にもなるし、定規にもなる。


しかし、次の瞬間には元の輪になっている。







“ゆったり無心に、淡々と、自由に生きよ、と禅はわれわれに教えているのだ”


自由に生きることは自分勝手に生きることではありません。


私はこの違いを



自由に生きることは もとの場所に帰ることができることであり、

自分勝手に生きることは もとの場所に帰ることができないこと



だと考えています。





自由自在に姿を変えながらも、もとの1つの輪の姿に帰ってくる “あやとり”の姿と“自由に生きる姿”が重なって見えた気がします。

写経会のときに どんな話しをしているの? その69

500写経会のときに どんな話しをしているの? その69






400年程前に活躍した医者であり科学者だったウィリアムー・ギルバートという方がいます。


磁石と電気について研究を進め、近代科学としての磁気学(と電気学)を開拓した方です。


この方が、世界で初めて地球が巨大な磁石のようなはたきをすることを明らかにした方であり、電気に関する実験を続けられた方です。そんなウィリアムー・ギルバートは著書の中で



このまるい磁石を、私たちは″小地球″と呼ぶ



という言葉を残しています。



地球は磁石であり、小さな磁石は地球と同じなのです。

400年が経ち、今では小学生でも方位磁石についても勉強をし、地球が巨大な磁石のような働きをすることを知っています。







禅の言葉(禅語)に


芥納須弥【芥に須弥を納る:かいに しゅみを いる】


とあります。



 小さな芥子(けし)の粒の中に、仏教世界の中心に高くそびえる須弥山(しゅみせん)を入れる。



と直訳できる言葉です。



 大小や高低などの相対的な比較を断ち切った、自由自在な心を表現する言葉です。






「地球は大きい、磁石は小さい」といった思い込みを捨て去り、自由な発想を信じて突き進んだウィリアムー・ギルバートは、それまでの常識を打ち破り、新しい常識を作り上げました。




“思い込みを捨てる”簡単なことではありませんが、大切なことだと感じます。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる