貪る心で何が得られるのか!?

500自販機で当たったお茶


仏教の言葉に「貪【とん】」というものがあります。




人間の心を迷わせる3つの毒を三毒といい、その1つが貪【とん】です。




三毒には




貪【とん】

瞋【しん】

痴【ち】





があります。





貪【とん】は貪欲【どんよく】とも言われる、むさぼり求めることです。





先日、私は見事に貪【とん】に振り回されてしまいました。





ある日、自動販売機で飲み物を購入したところ、直後に聞き覚えのない音楽が鳴り始めたのです。





そして、よく見ると自動販売機の投入金額を示す部分に





「7777」




という数字が表示され、飲み物を購入するボタンが光っています。





状況を把握するのに少し時間がかかりましたが、どうやら





「あたり!!」





のようです。その自販機が当たり付だとも知らず飲み物を購入したら当たったのです。





「あたり」を求める気持ちなど私にはありませんでした。




しかし、思いがけず「あたり」に遭遇した私は





「今の自分には運【うん】があるのではないか!?宝くじを購入したら当たるのではないか!!」




と、考えてしまったのです。





そこで急いで宝くじを購入・・・





当然結果は・・・はずれです。





ありがたい御縁をいただき「あたり」を経験できたのに、貪りの心が出てしまい、最後に残ったのは




「はずれ」という結果と、「後悔」の気持ちです。





見事に貪りの心に振り回されてしまいました。





反省、反省、また反省です・・・・

「天上天下唯我独尊」 と 「世界に一つだけの花」

東光寺(静岡市清水区横砂)では、毎月23日の午前10時より写経会を行っています。





写経会は新米和尚こと副住職が担当をさせていただいていまして、参加してくださる方に絵葉書をお配りさせていただき法話(仏教の話)をさせていただいています。




本日は、その絵葉書作成の為に花の写真を撮影しました。





ガーベラ1703204
こんな写真や、





ガーベラ1703203

こんな写真





ガーベラ1703202

さらに、こんな写真や





ガーベラ1703201

こんな写真が撮れました。





写真を撮影しながら私の頭の中には往年のヒット曲であるスマップの「世界に一つだけの花」が流れていました。





そして、それと同時に この「世界に一つだけの花」を作った槇原敬之氏のインタビュー記事を思い出しました。





2009年12月10日の朝日新聞記事の中で槇原敬之氏は





「ナンバーワンでなくオンリーワン」という主題は、仏教の教え「天上天下唯我独尊」が念頭にあった。





と言っています。さらに、





人生に行き詰ったときに仏教に出合い、作品のテーマを私小説風の世界から「人生」へと広げた。その成果が、SMAPに提供した「世界に一つだけの花」だ。





とも語っていました。





2002年に発表されたこの曲は15年がたった今でも多くの人に親しまれています。






仏教の教えによって槇原敬之氏自身が変化し、その成果である「世界に一つだけの花」を通して多くの方が「天上天下唯我独尊(誰かが偉くて、誰かが偉くないという分類をするのではなく、周囲の全て人達が尊い存在であることを自覚することの大切さを伝えてくれる言葉)」という仏教の教えとも親しんていただけていると思うと嬉しくなります。

大きな音に あたりまえ と おかげさま を感じました。

午前中に本堂で作業をしていると突然、




「ジリリリリリリ!!!!!!」





と、大きな音が聞こえてきました。




500非常ベル170319





信じられないほどの音がお寺に響きわたります。




非常ベルです。




あまりに大きな音に慌ててしまい、原因も分からずあたふたしてしまいました。




しばらく右往左往しているときに、





「原因は保育園だ!」




と気が付きました。




境内にある保育園は日曜ですので園児も先生も誰もいません。




しかし、非常ベルの音は確かになっています。




火災ではないことは一目瞭然です。




そこで、非常ベルの管理システムへ急ぎ音を止めました。




しかし、数分後には消防車、パトカー、警備会社が集まってくる大事になってしまいました。







原因を調べると「熱センサーの誤作動」と判明。




センサーの交換をすると、センサーは約30年前のものとのこと。センサーが経年劣化をして誤作動してしまったようです。




毎年点検をしていただき、正常に動作し続けたセンサーでしたが、これまで30年間働き続けていたセンサーに私は感謝の気持ちを持っていなかったことに気が付きました。




センサーがあることが「あたりまえ」になってしまい、「おかげさま」と思っていなかったのです。




「おかげさま」の気持ちがあれば、正常に動作していても、働いてくれた年数を把握し交換することができていたはずです。




今年も正常。だからこれからも正常であたりまえ。と思い込んでしまっていたのです。




今回の出来事で「あたりまえ」と感謝の気持ちを忘れている自分自身に気が付き、恥ずかしい気持ちになりました。




「あたりまえのことなど何一つない。全てがありがたいことであり、おかげ様だ」




以前、ある和尚様が言っていた言葉を思い出します・・・

涅槃【死】を語るなら、誕生から!

東光寺(静岡市清水区横砂)では3月20日から春休み子供坐禅会を開催します。
※詳しくは ブログ または 東光寺ホームページ をご覧ください。



500子供坐禅会 チラシ 平成29年春休み






子供坐禅会では、坐禅の後に仏教の話しをさせていただいています。




最近はテーマを決めて話しをしています。これまでは



平成28年

冬休み 八正道【はっしょうどう】

夏休み 仏教聖典

春休み 禅と食事






平成27年

冬休み 法事

夏休み 仏教聖典

春休み 布施【ふせ】






平成26年

冬休み 仏前結婚式

夏休み 坐禅和讃

春休み お葬式






をテーマに取り組んできました。





今回の春休みはお釈迦様が亡くなれた際の様子を描いた「涅槃図」をテーマにすると決めています。


500こまめ 涅槃シリーズ 涅槃図 



そして、先日「涅槃図」をテーマにすることを知った和尚様に「絵解き」(涅槃図を用いて話しをする)のDVDを貸していただきました。





 さっそく拝見させていただいた所、目からウロコが雪崩のように落ちていきました。





なかでも衝撃だったのが、お釈迦様が亡くなれた場面を描いた涅槃図を前に、お釈迦様誕生の話しを始めたところでした。





私は



「涅槃図の話しをする」ことは「亡くなる際の話しをする」




と思い込んでいました。しかし、涅槃図を説き続ける方は「誕生」を紹介し、その際の出来事が「涅槃図」につながっていることを見事に表現されていました。





仏教ではどんな出来事(結果)にも「原因」があると説きます。




そして、その例として非常によく使われるのが




「死」という結果の原因は「誕生」である




といった表現ではないでしょうか。




涅槃図の絵解きDVDを拝見したときに、




「涅槃」の説明を「誕生」からすることが非常に分かりやすく奥が深いと感じました。





絵解きのDVDを拝見んし、涅槃図の奥深さや自分の不勉強を感じると同時に、涅槃図の話しは春休みの坐禅会(全16回)では足りないことに気が付きました。






・・・夏休みのテーマも涅槃図でほぼ決まりです!

イスを慣れべる保育園児

春は別れと出会いの季節と言われます。




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園でも卒園式が行われます。





500卒園式準備4

会場の準備も整い、後は本番を迎えるだけです。





500卒園式準備2

会場準備のため、園児は自分が教室で使ってきたイスを会場に運びました。








500卒園式準備3

そして、その後園児たちは保護者が坐るイスを運びました。





園児がイスを運んでいる様子を見ていると、彼らは実に楽しそうにイスを運んでいました。




「めんどくさいなぁ」

「やりたくないなぁ」

「だれかやってくれないかなぁ」





などと愚痴を言う子供は1人もいません。





黙々と、しかし笑顔で楽しそうにイスを運んでいました。





大人用のイスですので、子供が運ぶには少し大きいのですが、彼らは何回も会場とイスが置いてある場所を往復していました。





卒園式の主役はもちろん園児です。




しかし、彼らは「誰が主役なのか」ということなどにこだわることがありません。





だからこそ、主役であるはずの園児自身がお世話になった保護者の為に黙々とイスを運んでいる姿がとても美しく感じられた気がしました。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる