FC2ブログ

葬儀・葬式シリーズ 【10】 山頭念誦【さんとうねんじゅ】 


この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。



600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も105


葬儀・葬式シリーズ 【10】 山頭念誦【さんとうねんじゅ】





深呼吸【しんこきゅう】をすると落ち着くのはなぜでしょう?

緊張したり、あせったときに深呼吸をしたことはありませんか。

ゆったりと深呼吸ができれば、落ち着きますよね。

でも、なぜ落ち着くのでしょうか?

これは私の勝手な想像ですが、「人は寝ると落ち着く」と言うことに関係しているように感じます。

嫌なことがあっても、夜寝て 朝起きると 少し心が落ち着いたという経験はありませんか。

人は寝ることで気持ちが落ち着くようにできています。


人は毎日寝ています。

と言うことは“寝ると落ち着く”ことを毎日体験していることになります。

では、寝るときには何をしているのでしょうか。

人は寝るときには、自然とゆっくり呼吸をしています。

もちろん深呼吸もゆっくりと呼吸をします。

と、言うことは深呼吸をすることで、短い時間ですが “寝ると落ち着く”という状態になっているのではないでしょうか。


だからこそ、緊張などしたときに自然と深呼吸をしていると私は考えています。







山頭念誦【さんとうねんじゅ】

お葬式では山頭念誦【さんとうねんじゅ】をお唱えします。


これは、山頭(葬場)で唱えるお経で、阿弥陀如来【あみだにょらい】の名をお唱えし、阿弥陀様の力で亡くなった方の心を浄め悟りの世界に向かうことを助けために行っています。


本当は、坐禅を一生懸命する禅宗では、阿弥陀如来【あみだにょらい】を一生懸命お参りするという教えはありません。


しかし、禅宗の教えが広がるより前に阿弥陀如来【あみだにょらい】を一生懸命お参りする習慣がすでにありました。

ですから、昔の禅宗の和尚様が阿弥陀如来【あみだにょらい】をお参りする習慣をお葬式に取り入れることで、人々が安心すると考えたと言われています。







習慣が大切

毎日寝るから、深呼吸をすると落ち着くことができる。

そう考えることができるのなら、

阿弥陀如来【あみだにょらい】をお参りする習慣があるから、お葬式で山頭念誦【さんとうねんじゅ】をお唱えし安心できる

と言えるのではないでしょうか。



いつもお参りなんかしないよ!

と、言っている人が お葬式の時だけお参りをしても なかなか安心できません。

やはり、お参りをする習慣がある人の方が、お葬式(山頭念誦【さんとうねんじゅ】)をすることで得られる安心は大きいように感じます。

普段からの良い習慣があれば、その良い習慣によって自分自身を救ってくれているのです。






今回は

お葬式には阿弥陀様の名前をお唱えする山頭念誦【さんとうねんじゅ】というものがあり、これは普段からの習慣をとり入れたものです。

と覚えてもらえればうれしいです。



葬儀・葬式シリーズ 【9】 引導法語【いんどうほうご】 その2

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。


葬儀・葬式シリーズ 【9】 引導法語【いんどうほうご】 その2


600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も104



お葬式で、突然 和尚さんが 「かーーーっつ!!」と叫ぶのを聞いてびっくりしたことはありませんか?

または「喝を入れる」という言葉を使ったことはありませんか。




ある葬儀に参列していた方の中に赤ちゃんを連れた女性がいました。

葬儀が始まると赤ちゃんは慣れない環境にグズグズし始めます。

そして時より声を出して泣いたりしていました。

そのたびに女性は赤ちゃんを一生懸命なだめていました。

やがて時間が経ち落ち着いてくると赤ちゃんは気持ちよさそうに眠り始めました。

赤ちゃんをなだめていた女性も疲れたのかウトウトしています。

そのとき、「かーーーっつ!!」と導師(葬儀を中心になって行う和尚)が叫んだのです!


その瞬間、女性はビクッと体を動かしたのですが、赤ちゃんは静かに眠ったままだったのです。

その赤ちゃんの姿が妙に印象に残っています。




臨済宗では引導法語の最後に大きな声で「喝【かつ】」とお唱えします。

引導法語とは前回の記事で紹介をしたように

亡くなられた方の素晴らしさをたたえ、亡くなった方の死を悲しむ心を漢詩にしてお唱えすることで、亡くなられた方を仏さまの世界に導くことです。

※詳しくはこちらをご覧ください。






禅では、教えの伝達を文字や経典にたよらず師匠から弟子へと直接伝えていくことを大切にしています。


ですから、この「喝」も実は弟子に対して教えを伝えるための行為なのです。


亡くなれた方にも最後に迷いを断ち切り、悟りの世界に導くために「喝!」と大声で一喝されるのです。


言葉では表現することのできない禅宗の大切な教えを、この「喝」の一声にこめるのです。





ということは、お葬式中に「かーーーっつ!!」という声を聞いても、気持ちよさそうに寝ていて反応しなかった赤ちゃんは、断ち切る迷いがない状態だったのかと感じます・・・






今回は


お葬式で、「かーーーっつ!!」と聞こえたら、亡くなった方に大切な教えが伝わり、迷いが亡くなった!


と感じてもらえればうれしいです。


葬儀・葬式シリーズ 【8】 引導法語【いんどうほうご】


この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。




葬儀・葬式シリーズ 【8】 引導法語【いんどうほうご】




600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も103



「引導【いんどう】を渡す」はお寺の言葉



最近はあまり聞かないかもしれませんが、大人が


「引導を渡す」 「引導を渡された」


などと言っていることを聞いたことはありませんか。


聞いたことがない人も、これから聞くことがあるかもしれません。


そのときは、「あ、引導って仏教の言葉だったな!良い言葉だったな!」と思い出してください。







引導法語【いんどうほうご】の今と昔



最近、「引導を渡す」・「引導を渡された」と使う時は「引退をさせる」・「引退をさせられる」と言った意味で使っています。


スポーツ界では「あの人は、そろそろ体力も落ちてきているし、限界だよね。引導を渡しましょう」と言った具合に使われています。


スポーツニュースでも「若い選手に負けて引導を渡されました。」など言っているのを聞いたことがある人もいるかもしれません。


あまり、引導を渡した方も渡された方も良い気持ちになっているようには感じにくい使い方です。




しかし、本当の「引導」の意味は違います。



引導はもともと仏教の言葉で、人びとを仏の道に入らせるために導くことを意味しています。


仏の道に入らせることは、人を助けることになりますので、引導とは亡くなった方を成仏させ、助けるという意味もある言葉です。



そして、現在のお葬式では


亡くなられた方の素晴らしさをたたえ、亡くなった方の死を悲しむ心を漢詩にしてお唱えすることで、亡くなられた方を仏さまの世界に導くことを引導法語と言うようになりました。







引導法語の流れ



お葬式に出たことがある人の中には和尚さんが



1.炬火【たいまつ】のようなものを持って円を空中に書く。
2.普段使っているより少し難しい言葉で亡くなった方のことを話す。
3.かーーーーつ!! と大きな声で叫ぶ



としている所を見たことはありませんか。


これが、現代のお葬式で行われている引導法語です。







グルっと円を描く炬火【たいまつ】



2番の難しい言葉で語っているのは、亡くなった方の一生、そしてその人の良さなどを讃える詩になっています。


そして、1番の炬火【たいまつ】のようなものを持って円を空中に描いているのは、昔の和尚様(黄檗希運禅師【おうばくきうん ぜんじ】)が、大切な母親を亡くされたときの話しに由来しています。


この和尚様、大変厳しい修行をされていました。修行中は家族である母親とも連絡を取らないようにしていました。修行が終わるまでに母親と会ってしまったら甘える心が出てしまうことを心配したのです。

しかし、修行の途中に母親が溺れていると知ったのです。和尚様は一生懸命探しますがとうとう母親を見つけることができませんでした。和尚様は探すために使っていた炬火【たいまつ】で円を描き母親が溺れた場所に投げ込み、母親のための詩をお唱えしたのです。




本当に大切な方のことを想っての行動だったのです。


ですから、その後、大切な方が亡くなった時には、炬火【たいまつ】で円を描き、詩をお唱えするようになったのです。


お葬式のときに炬火【たいまつ】のようなものを持って円を空中に書く和尚さんを見たときには、

これから亡くなった方の為の詩がお唱えされるんだと考えて、少し難しい言葉が出てきますが一生懸命和尚さんの言葉を聞いてみてください。






今回は


お葬式では、本当に大切な方のことを想って炬火【たいまつ】のようなものを持って空中に円を描く


と覚えてもらえればうれしいです。

葬儀・葬式シリーズ 【7】 鎖龕・起龕【さがん・きがん】

この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。


葬儀・葬式シリーズ 【7】 鎖龕・起龕【さがん・きがん】



600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も102





忘れないために

小学校に行くときに持っていくものって何ですか?

ランドセル・横断バック(静岡限定)・水筒、この3つは確実に持っていきますよね。

でも、私の娘は よく水筒を忘れていきます。横断バックを忘れたこともあります・・・

娘が出かけた後、机の上を見ると水筒がひとつだけポツンと寂しそうにしていることがあります。

横断バックは玄関に置いてけぼりでした。





忘れ物子供だけではありません。

もちろん大人もします。


私は、玄関の鍵を閉めたかどうか忘れます。

出かけた後、

あれ!?玄関の鍵を閉めたかな!?閉めた気もするし、閉めてないかもしれない・・・

そんな気持ちになるのです。

でもドキドキしながら帰ると、鍵は閉まっているのです。

鍵を閉めたことを忘れてしまっているのです。






丁寧【ていねい】に・集中して

このように、自分がしたことを忘れてしまう原因を脳科学者の方が説明をしていました。

「集中していないからです。」

この一言でした。

靴を履きながら鍵を閉める。

次の行動を考えながら鍵を閉める。

このような状態だと、鍵を閉めたことを忘れてしまうそうです。






鎖龕・起龕【さがん・きがん】

お葬式では鎖龕・起龕【さがん・きがん】の際にお経を読みます。


鎖龕【さがん】とは棺桶にフタをすること。

起龕【きがん】とは棺桶を運び出すことです。



フタをして運ぶだけならお経なんか読まなくていいじゃん!

と思う人もいるかもしれません。


しかし、大切な人が亡くなったとき、私達は「できるだけ丁寧に亡くなった方を送りだしたい」と考えます。

そのため鎖龕諷経【さがんふぎん】といって、棺桶にフタをする際のお経と回向と、起龕念誦【きがんねんじゅ】といって、棺桶を運び出す際のお経と回向をお唱えせずにはいられないのです。





丁寧にするから記憶に残る

一つ一つの行動を丁寧にすることで私達はしっかりとした記憶を作ることができます。

私はお葬式での鎖龕・起龕【さがん・きがん】は丁寧にお参りをすることを象徴しているよう感じます。

亡くなった方を丁寧に送ることができれば、亡くなった方を忘れません。

亡くなった方を忘れないと言うことは、亡くなった方が私達の中で生き続けてくれるのです。

私達の中で生き続けてくれると言うことは、私達はいつまでも亡くなった方から多くのことを教えてもらうことができるのです。



ですから、お葬式では鎖龕・起龕【さがん・きがん】というお参りをするのです。





今回は

お葬式では棺桶のフタをして運び出すときにも丁寧にお経をお唱えしお参りをします。
丁寧にするからこそ、亡くなった方と共に生きていくことができる。

と覚えてもらえればうれしいです。





葬儀・葬式シリーズ 【6】 龕前念誦【がんぜんねんじゅ】


この記事は東光寺(静岡市清水区横砂)で行われて子供坐禅会で私が話した内容をまとめたものです。

600仏教豆知識シール96-108 葬儀 葬式シリーズ 108法事も101




葬儀・葬式シリーズ 【6】 龕前念誦【がんぜんねんじゅ】






雷【かみなり】が光っている時間は短い

雷を見たことはありますか。

雷が光っているのは短い時間です。

でも、近くで光った雷を見ると本当にまぶしいですよね。

あまりのまぶしさに、光が消えてからも目がチカチカします。

そして、時間がたってから目をつぶるとぼんやりと光が残っているように感じます。

写真を撮るときのフラッシュもそうですね。

パッシャ!と光ると、しばらく目の中に光が残っているように感じます。





龕前念誦【がんぜんねんじゅ】

お葬式のときに、いろいろな種類のお経をお唱えします。

その中に龕前念誦というものがあります。

龕【がん】は普段なかなか見ない文字です。

龕【がん】とは、棺桶【かんおけ】のことです。

もともとは土や石の壁に、仏像・仏具を納めるために掘ったくぼみ(穴)を龕【がん】と言っていました。

くぼみに仏様を納めている姿と、棺桶に亡くなった方を納める姿が重なって見えたので、龕【がん】の前でお経を唱える龕前念誦【がんぜんねんじゅ】と言うようになったと私は思っています。





さて、この龕前念誦【がんぜんねんじゅ】などのお経は決しておまじないや呪文ではありません。

昔から使っている言葉なので少し分かりづらいですが、よ~く聞くと意味が分かる言葉です。

内容はもちろん、亡くなった方が成仏に安らかに旅立たれることを祈る言葉です。




この言葉の中に、


この世に人が生まれてくることは

雷が大空に激しく鳴り響くように瞬間的であり

この世を去ってしまえば波静かな大海のように消えて行きます。



とあります。




私達が“生きている”期間は本当に短い。

雷が光る時間くらい アッと言う間だ。





そのように教えてくれています。


確かに雷の光は一瞬で消えてしまいます。


しかし、眼を閉じればその光はいつまでも残っています。


私達の命も同じなのではないでしょうか。


人の命というものは長い宇宙の歴史の中では、本当に一瞬の出来事です。


確かに亡くなった方の命はそこで消えてしまいます。


しかし、雷の光が目に焼き付いて消えないように、私達は亡くなった方のことを考え続けることができます。



そう考えると、



この世に人が生まれてくることは 雷が大空に激しく鳴り響くように瞬間的であり・・・



という言葉は、「人の命は短いから悲しいね」という意味ではなく、短い命をどうすれば輝かせ続けさせることができるのかを教えてくれているように感じます。





今回は

お葬式は呪文だけを唱えているのではありません。

仏教の教えが書かれたお経をお唱えすることで、その教えを学んでいるのです。


と覚えてもらえればうれしいです。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる