人は裸になれるのか 【その1】

500風呂180531


私達は風呂に入るとき、裸になります。

服を着たまま風呂に入ることはありません。


そして、風呂から出れば服を着ます。

風呂から出て裸のまま外出をしてしまえば、おかしな人です・・・





東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗という禅の教えを大切にするお寺です。



禅の教えを短い言葉で示したものが「禅語」であり、たくさんある禅語の中に



無依の道人 【むえの どうにん】




という言葉があります。


一般的にもなかなか使われない言葉なので知らない方も多いのではないでしょうか。恥ずかしながら、最近まで私もその1人でした・・・



無依の道人は臨済録【りんざいろく】という禅の書物に出てくる言葉です。



500無依の道人 ブログ1



臨済録とは臨済宗の宗祖とも言われる臨済義玄禅師【りんざいぎでんぜんじ】の教えをまとめたものです。



この中で弟子が臨済禅師に「正しい人生観、正しい見解とはどういったものですか。」と質問をする場面があります。



臨済禅師は弟子に「正しい人生観とは」と聞かれ、その中でこの「無依の道人」という言葉を使って答えています。



昭和の禅僧、山田無文老師はこの部分を



永遠に残るものは何もない。そうやって徹底していくのが正しい見解である。ただ実在するのは、そこで今臨済の話しを聴いておるその心、何ものにも頼らぬ、絶対な自由、お互いの中に確かに心だけである。その心が仏を生み出すのである。




と紹介しています。



道人には 仏道を求める人、仏道修行者という意味がありますので、無依の道人とは



何ものにも頼らぬ、とらわれない仏道諸行者



という意味になります。




無依の道人という言葉を見たとき「依」という字に私は注目をしました。




500無依の道人 ブログ2




「依」は「よりすがる、頼る、従う」という意味をもつ漢字です。



500無依の道人 ブログ3




依とは人が衣、つまり服を着ているという字の作りになっています。ですから、人が服を着るから安心するという意味も含まれています。



この依に「無」をつけると服を着ない、裸、ということになるのですが、この無依は物理的に裸になりなさいという意味ではもちろんありません。



ここにある「衣」は服ではなく、私達が普段、身につけることで安心をしている「経験や知識」ということができるのです。



つまり、「無依」は、知識や経験といった余計なものを脱ぎ捨てることの大切さを表す言葉であり、



「無依の道人」という言葉は「知識や経験」といった余計なものを脱ぎ捨てることで、私達自身が仏だと気が付きなさいと説いてくださっているのです。




しかし、いつでも「知識や経験」といった余計なものを脱ぎ捨ていいのかといえばもちろん違います。



風呂に入るときには裸になり、風呂から出れば服を着る



これも「知識や経験」があるからできることです。



大切なことは、余計なものを自由自在に脱ぎ捨てることができることだと私は考えています。



そして、私はこの無依の道人という言葉を見ると思い出す出来事があります。



・・・このまま続けると長文になりますので続きは次回の記事で紹介させていただきます。

法話の勉強会に参加して 【平成30年】

500高等布教1805229



東光寺(静岡市清水区横砂)の本山である、京都の妙心寺へ2週間行ってまいりました。




5月8日より22日まで行われた法話の勉強会に参加するためです。



その名も・・・



高等布教【こうとうふきょう】



正式名



 第39回臨黄合同 高等布教師講習会



端的に表現すれば、



課題を与えられ、15分の法話を作って実際に披露をする勉強会です。



それを2週間・・・



「法話の勉強会」といっても、準備不足・未熟者の私にとって忙しい研修です。



約40人(今回は約40人だったが開催する年によって50人以上になることも)の参加者が発表をするので、その法話を聞かせていただくことも大切な勉強です。



今回も一般の受講者は5回の発表をしますので、



5回×40人=200回



15分の法話を約200回も聞くことができるのです。



さらに老師と呼ばれる僧侶を指導する僧侶の講座(90分)を6回、講師の先生方の講演(90分)を3回拝聴させていただきました。



2週間に渡って多くの学びがありました。更に御指導頂いた和尚様方を始め沢山の方々と素晴らしい御縁を頂きました。



ここで学んだことを、



まずは自分が理解し、納得する。



そして、自分の言葉で伝えられるように努力をしていきたいと思うのですが、あまりに濃密な時間を過ごしましたので、しばらくは学んだことを「まとめる」ことに集中していきたいと思っています!

開山無相大師と十牛図【その10】

500十牛図 その10


東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


臨済宗は禅宗とも言われる禅の教えを大切にする宗派であり、本山は京都にある妙心寺です。


ですから、禅の教えや妙心寺の最初の住職である開山無相大師【かいさん むそうだいし】の教えを大切にしています。


この禅の教えと無相大師の生涯を説いた「無相大師の禅・十牛図 (則竹秀南老師著)」と出会い、その内容を平成30年春の子供坐禅会で話をさせていただきました。自分自身の備忘録としてその内容をまとめたいと考え記事にさせていただいています。


十牛図【じゅうぎゅうず】とは、本当の自分(仏の心)を見つけるための過程を10の段階に分けて示した禅の書物です。10の段階を1つずつ紹介させていただきます。






今回は、その10回目です。


その10 入鄽垂手【にってんすいしゅ】





500仏教豆知識シール 十牛図10


はっきりと真実の自己の分かった人が、世の中の人、社会の人を救うために、社会へ飛び出していく。




十牛図では、牛は本当の自分を表しています。本当の自分のことを「悟り」とも言います。

残念ながら未熟な私は悟っていません。

ぼんやりとも見えていません。

ですから、無相大師の生涯から学んでいきたいと考えています。





無相大師の逸話の1つに「雨漏りの話」があります。



無相大師は妙心寺の住職となり、弟子の教育に力を入れました。



当時の妙心寺は雨が降れば、雨漏りをしていたそうです。ある日、無相大師が雨漏りを見つけ弟子たちに


「お、雨漏りをしているぞ!」


と言うと、一人の弟子が、雨水を受けるためにザルを持って駆けつけたそうです。無相大師は、その弟子を褒めたそうです。そして、少し遅れて後から他の弟子が、桶や鍋を持ってくると無相大師は、その弟子を厳しく叱ったそうです。


初めてこの話を聞いたとき私は「意味が分からない」と私は思いました。


雨漏りにザルなんて役に立たないじゃないか、鍋やバケツを持っていって当たり前じゃないかと感じたのです。しかし、この話は


「仏の心や尊い心は瞬時に現れるが、次の瞬間、選り好みや、ためらいに流れる」


ということを説き、私たちの心の動きを戒めているのです。


良いと思ったことは、その瞬間に行うことの大切さを教えているそうです。


無相大師は雨漏りという日常をも弟子を育てる修行の機会にされました。日常の全てが修行の場となるのです。



これこそが、はっきりと真実の自己の分かった人が、世の中の人、社会の人を救うために、社会へ飛び出していくことを示す、入鄽垂手【にってんすいしゅ】とのことです・・・



開山無相大師と十牛図【その9-2】

500ブログ ごっちん




東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


臨済宗は禅宗とも言われる禅の教えを大切にする宗派であり、本山は京都にある妙心寺です。


ですから、禅の教えや妙心寺の最初の住職である開山無相大師【かいさん むそうだいし】の教えを大切にしています。


この禅の教えと無相大師の生涯を説いた「無相大師の禅・十牛図 (則竹秀南老師著)」と出会い、その内容を平成30年春の子供坐禅会で話をさせていただきました。自分自身の備忘録としてその内容をまとめたいと考え記事にさせていただいています。





十牛図【じゅうぎゅうず】とは、本当の自分(仏の心)を見つけるための過程を10の段階に分けて示した禅の書物です。10の段階を1つずつ紹介させていただきます。






今回は、その9回目の続編です。




その9 返本還源【へんぽんげんげん】






仏の心で感じれば、山の木々の緑が、花の美しさが、川の流れが、人の姿が、鳥の声が、そのまま写し出され、聞こえる。





「そのまま」ということを表す無相大師の逸話があります。







無相大師は悟りを開かれた後、修行していたお寺を離れ田舎の農村へと移り、修行を続けながら、村人と共に農村での生活を送ったのですが、やがて妙心寺の最初の住職となって天皇(皇族)の先生として呼ばれます。




呼びに来たのは、なんと皇族の使い(勅使【ちょくし】)の者です。



毎回のいろんなことをお願いしていた無相大師が天皇家の先生となるなんて村の人達はビックリです。




無相大師は村を離れ京都に向かうことになりますが、村の人達は別れを惜しみ涙を流したそうです。



また、飼っていた牛も別れを惜しみ涙を流したそうです。



この時、一組の老夫婦が無相大師に



「今まで、そんな立派な和尚様だと知らず、いろいろと手伝ってもらって申し訳ない。ここで別れてしまったら会うことはできないだろうから、何か仏教の大切な教えを教えてください。」



と頼んだのです。



無相大師は



「わかりました。では2人ともこちらに来てください。」



と答えたのです。そして近づいてきた2人の頭に手をかけると、ごっちん2人の頭をぶつけたのです。
びっくりした2人は思わず、



「痛い!」



と声を出しました。それと同時に無相大師は



「そこだ!」



と言ったのです。







教えを教えて欲しいという老夫婦の頭をぶつける・・・



驚きました。



しかし、これも無相大師の教えなのです。



人は「そのまま」に、様々なことを見えることを示した句です。



人はどうしても自分の都合で物事を見てしまいます。



偏見を持て判断をしようとしてしまいます。



しかし、頭をぶつけた瞬間は



「痛い」



しか言えないのです。



その後に



「誰だ??」とか「何がぶつかったんだ!?」と意識して考えてしまうのです。



頭をぶつければ「痛い」と叫んでしまうのです。ただそれだけなのです。
それ以外の感情や想いは「痛い」の後に勝手にやってきます。
この後からやってくる感情にとらわれない姿こそが、返本還源【へんぽんげんげん】とのことです・・・


開山無相大師と十牛図【その9】

500十牛図 その9


東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


臨済宗は禅宗とも言われる禅の教えを大切にする宗派であり、本山は京都にある妙心寺です。


ですから、禅の教えや妙心寺の最初の住職である開山無相大師【かいさん むそうだいし】の教えを大切にしています。


この禅の教えと無相大師の生涯を説いた「無相大師の禅・十牛図 (則竹秀南老師著)」と出会い、その内容を平成30年春の子供坐禅会で話をさせていただきました。自分自身の備忘録としてその内容をまとめたいと考え記事にさせていただいています。


十牛図【じゅうぎゅうず】とは、本当の自分(仏の心)を見つけるための過程を10の段階に分けて示した禅の書物です。10の段階を1つずつ紹介させていただきます。






今回は、その9回目です。


その9 返本還源【へんぽんげんげん】




500仏教豆知識シール 十牛図9


仏の心で感じれば、山の木々の緑が、花の美しさが、川の流れが、人の姿が、鳥の声が、そのまま写し出され、聞こえる。


十牛図では、牛は本当の自分を表しています。本当の自分のことを「悟り」とも言います。


残念ながら未熟な私は悟っていません。


ぼんやりとも見えていません。


ですから、無相大師の生涯から学んでいきたいと考えています。





無相大師は悟りを開かれた後、修行していたお寺を離れ田舎の農村へと移り、修行を続けながら、村人と共に農村での生活を送ったのですが、やがて妙心寺の最初の住職となって天皇(皇族)の先生として呼ばれます。


呼びに来たのは、なんと皇族の使い(勅使【ちょくし】)の者です。


毎回のいろんなことをお願いしていた無相大師が天皇家の先生となるなんて村の人達はビックリです。


無相大師は村を離れ京都に向かうことになりますが、村の人達は別れを惜しみ涙を流したそうです。


また、飼っていた牛も別れを惜しみ涙を流したそうです。


村の人達との別れに無相大師も同じように涙を流して泣かれたのです。

無相大師も村の人達も「仏の心」で感じて涙を流されたのです。

これが、返本還源【へんぽんげんげん】とのことです・・・


人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる