FC2ブログ

捨てる と 生かしきる その1


断捨離【だんしゃり】という言葉が定着すると同時に、


捨てる = 素晴らしい


という価値観が定着しているように感じます。


しかし、私は「捨てる」だけでなく「生かしきる」ことも素晴らしいことだと感じています。







600鉄拳


皆さんは鉄拳という方は御存じでしょうか。


数年前からパラパラ漫画を描く方として知られており、多くのメディアで紹介をされているのでご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。


もともとお笑い芸人としても活躍をされていた方で、見た目はプロレスラーのような格好に、素顔が分からないほどメイクをして、スケッチブックに絵を書いて面白いことを言うという芸をされていました。


そんな鉄拳はあるときパラパラ漫画を描くようになります。そして、その作品に多くの方が感動したのです。代表作である振り子という作品は250万回以上再生されています。また、多くの作品を作っておりどの作品も100万回以上の再生回数を誇ります。


最近では法務省が罪を犯した人の健全な社会復帰をすすめる「社会を明るくする運動」でもイメージキャラクターに任命され作品を作りました。


先日、この鉄拳が法務省の「社会を明るくする運動」と関わりのある更生保護という冊子で特集されている記事がありました。

そこには、御自身の半生が書かれていました。







【更生保護2017年1月号 「いつも心に太陽を」 鉄拳】

僕は元々、漫画家を目指していました。絵が得意で、高校の頃に描いた漫画がちばてつや賞に入選しました。しかし、その後、面白いものが全然作れなかったので、漫画を描くことをやめてしまいました。

第二の夢は、プロレスラーでした。高校卒業後、プロレス団体のオーディションを受けて合格し、喜こんだのもつかの間、レフェリーとしての採用だったことを知り、「プロレスラーになれないのじゃあ意味がない」と諦めました。

そして、今度は俳優になろうと、劇団東俳に入団しました。演技の練習などを一生懸命したのですが、「滑舌が悪い」と言われ、「滑舌が悪かつたら役者にも向いてないな」と思い、また、挫折を味わいました。

ちょうどその頃、世間では「ボキャブラ天国」というお笑いバラエティ番組がはやっていて、今度は芸人になろうと思いました。
格好は、プロレス好きなので、プロレスラーっぽくすることにしました。そして、滑舌が悪いのは俳優をやっていた時に分かっていたので、「格好はいかついけれど、しゃべると滑舌が悪い芸人をやったら面白いのではないか」と考え、思いついたのが、今の鉄拳です。


漫画家、プロレスラー、俳優という3つの挫折が合体したからこそ、今の僕があるのです。

~中略~

僕が作るパラパラマンガのストーリーは、僕の実体験が基になっていることが多いのです。たとえば、『振り子』のストーリーも、理容店をやっていた父が、病気がちだった母の髪を切る光景からヒントを得ています。僕の失敗経験も制作に役立っています。
僕の人生は、挫折の連続です。3つの職業以外にも、いろいろな経験をしてきました。傷ついたり、嫌な思いをしたことなどが頭に自然に残っていて、制作中に、それらがふっと、「こういうこと、あったなー」と浮かんでくるのです。成功ばかりじゃなくて、失敗したことが良かった。そういう経験がなければ、社会を明るくする運動”の作品のように、少年が失敗を乗り越えていく物語は描けなかったと思います。だから、たくさん失敗をしてきて良かったと思います。









私は情けない人間です。



テストで悪い点を取れば、テストを捨てようとします。

失敗をすれば、無かったことにしようとしてしまいます・・・






しかし、鉄拳は違うのです。


漫画家、プロレスラー、俳優という3つの挫折を捨てることなく、生かしきったのです。



たくさん失敗を捨てるのではなく、生かしきるからこそ「たくさん失敗をしてきて良かったと思います。」と語れたのだと思います。



この記事を読んだとき、鉄拳の姿そのものが「生かしきった姿」なのだと感じ、生かしきることの大切さを教えていただいたと思っています。

基本を忘れてはいけない 【過去の不二に学ぶ 第62号】



現代人は頭にのみ力を集中して考え行動をするから、ひとたび行き詰まると、フラフラになります。青年僧は腹で考え、腹で行動するように心掛けてもらいたい。





野火止 平林僧堂 師家(当時) 指月庵 野々村玄龍老師の言葉です。



6001過去の不二62号
臨済宗青年僧の会の機関紙「不二【ふに】」で示された言葉です。



臨済宗青年僧の会(臨青)は昭和55年1月に「青年僧よ立ち上がれ、歩め」をスローガンに掲げ発足した全国組織です。この臨青の機関紙が「不二(ふに)」です。


私は現在、臨済宗青年僧の会 ホームページを担当させていただいています・・・
※ホームページはこちらです。




不二62号(平成8年9月)は、野火止 平林僧堂 師家(当時) 指月庵 野々村玄龍老師へのインタビュー記事が紹介されています。



先ほどの言葉は、野々村玄龍老師がインタビューの中で話してくださったものです。



この言葉の前には



禅僧の生活の中心は坐禅にあります。坐禅をしている気持ちで考え、人に接し又行動することが肝心です。坐禅もただ座布団の上で形通りに坐っているようでは役に立ちません。白隠禅師の言われるように「丹田禅」でなければならない。そこから生れる「禅定」が基本にならなければならない。






とあります。




基本をおろそかにしてはいけないことを説いてくださっています。

知識や経験も大切です。しかし、私達は生まれたときから尊い心をいただいており、その尊い心から発せられる声・動きを大切にしていかなくてはいけないことを改めて感じることができました。
 



全文はこちらです。興味のある方は是非ご覧ください。



晋山式【しんざんしき】との御縁に恵まれる

600起雲寺晋山式1


たくさんの人が集まっています。

これは、なんの集まりでしょう?








600起雲寺晋山式2

観客が写真を一生懸命撮影しています。





600起雲寺晋山式3-2

そうです、お稚児さん【おちごさん】です!






お稚児さんと言えば、花祭りでしょうか!?



今回は晋山式【しんざんしき】です。




私はこれまでに、結婚式に2週続けて参加したことがあります。

御葬式に2週続けて参加したこともあります。

法事に2週続けて参加したこともあります。

坐禅会に2週続けて参加したこともあります。


2週続けて何かがあることは珍しいことではないかもしれません。


しかし、晋山式が2週続くことは珍しいことです。






この度 大変にありがたい御縁をいただき晋山式【しんざんしき】を2週続けて手伝わせていただきました。





晋山式とは、新たに住職に任命された僧侶を迎える儀式です。

「晋」は進み入ることを表す言葉です。

また多くのお寺は山号を用いるので、その山である寺に晋む式と書いて晋山式と言います。

式は新住職が身支度を整え、お稚児さんや新住職を支える人々と共に寺まで行列を行います。

そして山門から入る時や御本尊に対面する時に新住職としての決意を唱えます。

晋山式は新住職の決意を見届ける儀式であり、一生に一度の儀式です。








この一生に一度の晋山式を2週続けてお手伝いさせていただくことができて、本当にありがたい御縁をいただいたと感じています。

富士山を「有難い」と感じたとき 【 間が大切 その2 】


「間」は大切です。




「間」を取ることで 「当たり前」を「ありがたい」に戻すことができることもあります。




どこから見ても富士山はきれいです。



間違いありません。



でも、その中から1番きれいに見える場所はどこかと聞かれれば 私は、



「富士川から見た富士山」



と答えます。







600富士川から見た富士山181124


本当にきれいだと感じます。






私は富士山が丸見えの高校に3年間通いました。


ちなみに、私は高校3年間で欠席は1日だけです。


ですから私は、毎日 毎日 美しい富士山を見ていました。


もちろん、「きれいだな」とは感じていました。


しかし、いつの間にか




富士山が目の前にあることが あたりまえ



という感覚になっていました。


そんな私は高校卒業後、関東の大学へ進学し1人暮らしを始めました。


富士山は全く見えませんでしたが、充実をした毎日を過ごしていました。


季節は過ぎ去り大学1年生の冬休みのことです。


年末年始のお寺での手伝いも終わって、電車に乗って下宿へ戻ろうとしていたとき



「うわぁ、すごい!」



と思わず声が出てしまいました。



電車で富士川を渡るとき、そこには3年間 毎日のように眺めていた富士山があったのです。



高校時代、美しい富士山を見て



「きれいだな」



と感じていましたが、いつの間にか「当たり前」の存在になっていました。



しかし、しばらく富士山を見ることができない「間」があって 富士山を見ると



「きれいだな!」を超えて「すごい!」と感動するようになっていました。



「こんな美しい富士山を毎日見ることができていたなんて なんと有難いことなんだ。」



と素直に感じたことをよく覚えていますし、富士川から美しい富士山を見るたび、あの時の感動を思い出します。







「間」を取ることで 「当たり前」を「ありがたい」に戻す以上に、「ありがたい」に囲まれていたことに気がついたできごとでした。




やっぱり「間」は大切です。

臨済録の「無事」

最近、娘が九九【くく】の練習をしている声が聞こえてきます。


「あ~、そういえば幼い頃は9の段が苦手だったな~」


と、昔のことを思い出します。


また、うまく口が動かず、できるようになるまで何度も何度も繰り返して必死に覚えたことを思い出します。



そして九九が言えるようになると多くの問題を解くことができるようになりました。だからこそ九九は算数や数学の基礎基本になっているように私は感じます。九九ができなかったら多くの場面で苦労をしただろうと今になればよく分かります。




東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗のお寺です。
 


臨済宗は禅宗のお寺ですので禅の教えをとても大切にしています。その禅の教えを学ぶ際に必ず目にすることになるのが臨済録という書物です。



臨済宗の最初の和尚様は、臨済義玄禅師【りんざいぎげんぜんじ】です。



臨済禅師は約1200年前、唐(現在の中国)の僧侶であり、お釈迦様より数えて38代目の和尚様です。臨済禅師は御弟子様達を大変厳しく指導されました。その臨済禅師の教えを弟子が編集したものが臨済宗では最も大切な語録とも言われる臨済録です。









この臨済録には「無事」という言葉たくさん出てきます。私がざっと数えただけでも「無事」という言葉を使った話が17個出てまいります。くどいほどに出てきます。






640臨済録181121


今、私達が臨済録を読みたいと考えて本屋さん言ったとします。するとそこで購入できるのはこの入矢儀高先生が訳注した岩波文庫の臨済録だと思います。




この臨済録の表紙には



『臨済録』は「無事の人」に到達しようとする臨済のきびしい自己格闘の跡をまざまざと描き、語録中の王といわれている。





とあります。さらに解説にも



臨済は「無事の人たれ」と繰り返し教えた





とあります。



それだけ、無事ということの大切さを臨済禅師は伝えてくださっているように感じます。






無事という言葉は日常的に使われる言葉で、日頃は「変わりがないこと」や「健康であること」、「平穏に過ごしている」といった意味で使われています。しかし、




禅では、無事 は 仏や悟りを外や他に求めない心の状態を言い 「一切の作為を離れた自然なあり方」 や 「こだわりのない生き方」 を意味しています。





九九が算数の世界であらゆることの基礎基本になっています。だからこそ、繰り返して覚えます。




同様に、「無事」が私達の生き方の基礎基本だと感じています。
だからこそ、臨済録の中で何度も何度も「無事」と繰り返す必要があったのではないでしょうか。





娘が繰り返し九九に挑戦する姿を見て、私も臨済宗では最も大切な語録とも言われる臨済録の無事について もっと学んでいきたいと感じています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる