子供に坐禅会で話したこと 第284番 長者の不幸2 【仏教説話26】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その26 【長者の不幸2】

です。

500スライド3


東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。


みなさんは友達と喧嘩をした時どうしますか。



友達が殴りかかってきたら、ついつい殴り返したくなりませんか。



今まで友達だと思っていた人から嫌なことを言われたら、ついつい言い返してしまいませんか。



本当に腹が立った時どうしたらいいのか、実はお釈迦様のお話の中に答えが書いてあるのです。



その答えこそ、「長者の不幸1」というお話の続きです。
※「長者の不幸1」はこちらをご覧ください。




「長者の不幸1」はお金持ちの男(長者)が娘を殺されてしまう話です。



娘を殺されてしまったお金持ちの男性は多いに悩みました。



お金持ちの男性は娘を殺されたという大変な不幸に遭い、そして娘を殺した太郎くんに対して大変な怒りの気持ちを持っていました。



しかし、太郎くんはもうすでにこの世にはいません。自殺をして死んでしまったからです。



娘を殺した太郎くんに対する怒りや恨みという気持ちを持ったままクヨクヨしながら生活をしていた男性に周りの人が



「そんなに悩むならお釈迦様の所に行って話を聞いてきてごらん」



とアドバイスをしてくれました。



そこでお金持ちの男性はお釈迦様の所へ行き、自分の娘が殺されてしまったことなどをお話しました。




そして太郎が既に亡くなっていて自分の怒りや恨みをどこにぶつけたらいいのかわからない、自分の怒りや恨みによって自分の心が乱されているということを相談したのです。



するとお釈迦様は静かにこの男性に話を始めました。その話の内容というのが、



「怒りによって怒りを鎮めることはできません。恨みによって恨みを鎮めることもできません。しっかりと自分の心を見つめることができたなら、怒りの炎や恨みの炎は自然と消えていくんですよ。」



と話してくださいました。



男性は怒りの気持ちを太郎君にぶつけなければこの怒りの炎を消すことができないと思っていたので、許すということをお釈迦様に教えてもらい少し気持ちが楽になったそうです。その後、このお金持ちの男性は修行を続けやがて怒りを怒りの炎を消すことができたそうです。



しかし、こういう話を聞くと「何を言っているんだ、殴られたらついつい殴り返しちゃうだろ。」



「嫌なことを言われたら、やり返さなきゃしょうがない。」



そんなふうに思うかもしれません。しかし、自分が殴られたからといって相手を殴ってしまったらどうなるでしょう。



向こうはもっと強い力で殴り返してやると言って襲ってくるかもしれません。


そうなれば、こちらももっと強い力でやり返さなければいけない。最初は向こうが10の力で殴ってきて、こちらが20の地下で殴り返したとします。



そうすると、相手はどんどん、どんどん強い力で殴り合うしかなくなってくるのです。



これでみんなが幸せになるということはありません。



たとえ殴られてつらかったとしても、そこでぐっと我慢をして自分の心を綺麗にし自分の心を整えることが大切なんですよ、とこのお話は教えてくれています。



ただ、なかなか実践する、本当にそのことをするのは難しいことです。しかし、坐禅をしてくれているみんなは、怒りの炎を消す方法を既に知っているのです。



坐禅は姿勢を良くして、ゆっくり呼吸をする。たくさん息を吐いてゆっくりと息を吸う。 人によってみんなの心はきっと綺麗になっていきます。相手に嫌なことを言われた時、ふと坐禅のことを思い出し姿勢を良くしていき、ゆっくり踏むと怒りの炎が少しは小さくなることを感じます。



すると、少しずつ少しずつ怒りの炎を消すこと、または怒りの炎を消す力を毎日毎日一生懸命坐禅をすることによって大きくしていくことが、みんながこれからも幸せに生きていく方法だと「長者の不幸」という話は教えてくれています

子供に坐禅会で話したこと 第283番 長者の不幸1 【仏教説話25】



子供坐禅会(平成29年冬休み:テーマは仏教説話)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

仏教説話シリーズ その25 【長者の不幸1】

です。



500スライド2



東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。




そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。




自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・



 ※以下の内容は子供向けに話したものです。






皆さんはお家の人に怒られたことがありますか。



厳しく何か言われたことはありますか。



多くの人が「はい」と答えると思います。



でもそんな時どう思ったでしょうか。



「うるさいなあ」



と、どうしても思ってしまいますよね。



でも自分を怒ってくれる人がいることがとっても幸せなんことだと教えてくれるお話があります。





「長者の不幸」というお話があります。



長者というのはお金持ちのことです。お金をたくさん持っている人の事を昔は長者と言いました。



この長者さんが不幸になるというお話です。「お金がたくさんあれば不幸になんかならない」そう思うかもしれませんが実はお金持ちの人でもあっという間に不幸になってしまうことがあるというお話です。



昔々のお話です。あるところにお金持ちの家がありました。お金持ちの家にはいっぱい仕事をしてお金をたくさん稼いでいるお父さんと、そのお父さんが大切にしている一人の息子がいました。



息子の名前は「太郎」。



しかし、残念ながら太郎は全く仕事をしません。



それでもお父さんは太郎を大切にしているので、仕事をしなさいとか勉強しなさいなどと厳しいことは一切言わず、大切に育てていたそうです。



お金がたくさんあるので太郎が



「これが欲しい、あれが欲しい」と言えばすぐ買ってやり、「あそこに行きたい、ここに行きたい」と言えば連れていったそうです。



太郎もそんなお父さんのことをありがたいなぁと思いながらいつもいつも甘えて生活をしていました。



ところがある日のこと、父さんが事故で突然なくなってしまったのです。



さあ大変です。



しかし、今まで仕事をしてくれていたお父さんがいなくなった太郎でも少しは働くかと思いましたが、なんと太郎はまったく働きません。



お父さんが残してくれた財産をどんどん使って、とうとうお家のお金を全部使い終わってしまいました。



お金がなくなってしまい、住む家を失った太郎は外に放り出されフラフラと街中をさまよっていたそうです。



そんな時どこかで見たことがある男の人と太郎は出会いました。



太郎は挨拶をするとその男性は父親の親友だったのです。男は親友だった太郎の父親が亡くなった事を知ると大変悲しみ、そしてお金がなくてフラフラしている太郎がかわいそうだと思って自分の家に招待することにしました。



大切な友達の子供だからということで、この男も太郎が何か欲しいと言えば買ってやりながら大切に育てました。


そんなある日、この男の娘と甘やかされて育った太郎が結婚をすることになりました。


親友の子供が自分の娘と結婚してくれるということに喜んだ男性は今までよりもたくさんのお金を使って自分の娘とその旦那さんである太郎を大切にしたそうです。



ところが結婚をしたにも関わらず、太郎はまったく働きません。それどころか優しくしてくれる男に色々な物を買ってもらっては無駄にしていました。



さてさて娘の父親はだんだん悩み始めます。自分の大切な娘がこんなにもだらしない男と結婚してしまったことで娘が不幸になるのではないかと心配になってきました。そこで、ある日のこと相談をして娘と太郎を別れさせようと考えたのです。



しかし、そのことを知った太郎は突然刃物を振り回し、妻つまりお金持ちの娘を殺してしまったのです。



そして自分が刺してしまったことで気持ちが乱れ、とうとう 太郎は自殺をしてしまいました。



お金持ちのお父さんは自分の娘が殺されただけではなく親友の息子である太郎君も同時に失ってしまったのです。



なぜ、長者は不幸になってしまったのか。



それは、甘やかされて育った太郎君をさらに甘やかしてしまったからなのです。


甘やかすことなく、時には厳しく、時には優しく、「太郎くんがどうしたら成長できるのか」ということを考えてお金持ちの男性が接していれば、決してこのような結果にはならなかったはずです。



お金持ちの男性が不幸になった理由はまさに自分自身に原因があったのです。




ですから、このお話を通して友達に対してもっと厳しいことを言っていいよということではありません。



お家の人や学校の先生、みんなのことを考えてくれる人から時々厳しい言葉や怒られたりすることがあるかもしれません。だけどそれは皆が幸せに生きていくために必要で、大切なことなんです。そのことを決して忘れることなく毎日の生活を送っていくことが大切ですよと、この「長者の不幸」という話は教えてくれています。

腹の使い


以前、出会った方の中に電車ではできるだけ椅子に座らない方がいました。



座らずに立つことによって体を鍛えるというわけではありません。



本当は席を譲るべき人がいたら、サッと譲りたいのだが躊躇してしまって誰かに席を譲るのが苦手だから、できるだけ座らないようにしているということでした。



確かに席を譲ろうと思っても、すっと立てないことも多くあります。



立ったはいいが、どのように声をかけていいか悩むこともあります。








500仏教豆知識シール260 仏教説話2




仏教の物語の中に「腹の使い」という話があります。




ある国の王様は飢饉によって苦しむ人々のために、これまで国が蓄えてきた穀物を分け与えようとしました。


そして、国中に知らせを出し、「困っているものは城の倉庫まで穀物を取りに来なさい」と呼びかけたのです。



しかし、王様の家来は毎日のように減っていく蓄えがいつかはなくなってしまうのではないかと大変心配になりました。



そして、とうとう王様には内緒で


「困っても穀物を分けることができない」


という知らせを出してしまいました。 さらに、家来たちは困った人が王様に助けを求めたらまた王様は穀物を分けてしまうのではないかと心配になり


「国内の人は王様に面会することはできない」


という知らせまで出してしまいました。そのため本当に困った人達は王様に会ってお願いをすることもできなくなりました。



この状況を見かねたある和尚さんは自分の身分を偽って城へ行きました。家来は和尚さんに言いました。



「お前はどこからやって来たんだ。この国のものなら王様に会うことはできないぞ」



そこで、和尚さんは



「私は腹の使いとしてやってきました」



と答えます。「腹」という国の使者と名乗ったのです。



そのように言われてしまった家来は、しぶしぶ和尚さんを王様に合わせることにしました。そこで和尚さんは国中の人が困っていることを王様に伝えました。王様は穀物を分けていないことを知り大変驚き、家来に命令をして国中の人々を救うことができたそうです。








王様は人々の為に何かできることをしようと思ったのに家来が止めてしまっていたのです。



物語では王様と家来という二人が登場しますが、この二人こそが私たちの心の動きを示す物語であります。




王様の行動は私たちが誰かのために何かをしたいと願う心であり、それに対して家来の行動は良い行いをするのはいいけれども、そこに躊躇してしまう私たちの心を示しているように感じます。




本来であれば、良い行いを堂々とすればいいのですが、どうしてもできないことがあります。
そこで、物語の和尚さんの行動は、ちょっとした発想の変化によって、自分の正しいと信じることを実践することができることを示してくれているように感じます。

ヒマワリの大きさが教えてくれたこと

500大きなヒマワリと小さなヒマワリ




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児は年中組以上になると毎月坐禅体験にやってきます。



500坐禅の経験とグラグラ指数5

坐禅をしたり、





500坐禅体験1709072

お参りをしたり、




茶礼【されい:お茶を飲んだりお菓子を行儀よく食べる】をしたりして過ごします。





せっかくお寺に来ているので毎回仏教に関係する話をします。





500坐禅体験170907

前のめりで聞いてくれるので、私も力が入ります。






さて、今月は園児が見に行ったヒマワリについて話をしました。






500大きなヒマワリと小さなヒマワリ2

保育園が管理する「子供の畑」に満開になったヒマワリを園児が見に行ったと信じて話を考えました。






話した内容は以下の通りです。




子供の畑に今年はたくさんのヒマワリが咲きました。



でも、よく見ると大きな花が咲いている場所もあるし、小さな花しか咲いていない場所もあります。



どこも同じように種を植え、同じように雨が降り、同じように太陽の光が当たっていました。



でも、大きな花が咲いている場所と小さな花しか咲いていない場所ができてしまいました。



何が違うのか??



観察するとすぐに分かります。



それは土です。



良く耕された場所には大きな花。



耕したつもだが石が混ざって固い土の部分には小さな花しか咲いていません。



土が違うのです。



これは、ヒマワリだけではありません。



どんな植物でも、土によって作物の出来は大きく違ってきます。



では、この大きなヒマワリと小さなヒマワリは私達に何を教えてくれているのでしょうか。



もちろん「しっかり土を耕せ!」ということです。



ここで、土を自分の心だと考えてみましょう。



良く耕された調った畑には大きな花が咲くように、心が耕された状態、つまり調った状態ならば、その心から多くの「良いこと」を受け取ることができるのです。



逆に、耕されていない・耕したつもりでも耕されていなかったり石が混じっているような調っていない畑では、本当は大きな花が咲くはずの種をまいても小さな花しか咲きません。これは、私達の心が調っていない時には得る物が少ないことを表しています。



畑は一生懸命クワなどの道具を使って耕すことができます。



みんなの心も耕して調えることができます。その方法が坐禅やお参り、お家の人や先生の話しをしっかり聞くといった「良い習慣」と呼ばれるものです。



みんなの心に大きな花が咲くように、がんばって過ごしましょう!






このような話をしたところ子供達は「うんうん」とうなずいていてくれたので話の内容が伝わったと信じています。



・・・この話には続きがありますが、それはまた後日。

子供に坐禅会で話したこと 第258番 跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】


子供坐禅会(平成29年春休み:テーマは涅槃図)で話した内容を紹介させていただきます。今回は

涅槃図シリーズ その16 【跋難陀龍王:ばつなんだりゅうおう】

です。


500仏教豆知識シール258 跋難陀龍王

東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。



そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・


 ※以下の内容は子供向けに話したものです。






お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた図を「涅槃図」と言います。 




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王2

突然ですが、問題です!!




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王3

バレンタインの次の日、2月15日は何の日ですか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王4

そう、涅槃会です。




2月15日にお釈迦様が亡くなったと言われていますので、その御恩に感謝する法要・お参りを行います。これを涅槃会【ねはんえ】と言います。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王5

では、4月8日は何の日ですか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王6

ヒントは仏教に関係あります。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王7

さらにヒント!「お花」があります!!





500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王8

そうです、お釈迦様の誕生日をお祝いする「花まつり」です。





花まつりでやることと言えば何でしょうか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王9

ヒントはこちらの写真!




そうです、生まれたばかりのお釈迦様の像に甘茶をかけます。





500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王10
花まつりと言えば




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王11
「甘茶」です。





では、なぜ甘茶をかけるのでしょうか。





それは、お釈迦様が誕生したときに「甘露の雨」が降ったといわれているからです。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王12

甘露とは漢字からも「甘い」ものとわかります。実際には蜜のように甘く、飲むと不老不死になるという伝説の飲み物であり、お釈迦様誕生という素晴らしい出来事に対して天がお祝いをしたと考えられます。





そして、この甘露の雨を降らせたのが、なんと




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王13

跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】なのです!!




お釈迦様が誕生したとき甘露の雨を降らせた跋難陀龍王はなんと涅槃図にも描かれています。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王14

どこか分かりますか?




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王15

少し拡大してみます。





東光寺(静岡市清水区横砂)の涅槃図ではお釈迦様の足元の近くにいらっしゃいます。




500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王16

この跋難陀龍王、




お釈迦様の教えを守る八大龍王の一つ。




雲を呼び雨を降らす龍王であり、お釈迦様誕生の時に甘露の雨を降らしてお祝いをしました。




その後も教えを聞き、お釈迦様が亡くなった後も永く仏法を守護した。




とも言われています。





私はお釈迦様の誕生を祝った跋難陀龍王が涅槃図に描かれていることに深い意味を感じます。




跋難陀龍王を描くことで、お釈迦様の教えである



全てはつながっている




という教えを示しているのではないでしょうか。




私たちはどうしても様々なことを分けて考えます。



この方法は非常に便利で、普段の生活では欠かすことができない大切な方法です。



良いことか悪いかことか

価値があるか、ないか

えらいか、えらくないか



一見便利のように感じますが、仏教では



すべてはつながっていて分けることなどできない


と説いています。




子供が生まれる「誕生」と亡くなること。


誕生はめでたいことであり、亡くなることは悲しいこと


分けて考えます。 もちろん間違いでは決してありません。



しかし、誕生から亡くなるまで 当たり前のことですが どこかで人間が入れ替わることはありません。



誕生した人が そのまま生きて、そして亡くなっていくのです。



ひとつの命を生きていきます。



分けることなどできません。



しかし、命を分けることはできないのに、人は様々なことを分けて考えよとするのです。



分けて考えれば、すべてのことがつながっていることを忘れてしまい、失敗をしてしまうかもしれません。


500子供坐禅会 法話 涅槃図  跋難陀龍王17

だからこそ、涅槃図に跋難陀龍王【ばつなんだりゅうおう】を描くことで



命はつながっていることを示し、



さらに、「分けて考えることなどできないんだ、すべては1つなのだ」、このことをこのことを忘れずに 命を大切に生きて行って欲しいとの願いが込められている気がします。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる