ペットボトルの水とガソリン

500ペットボトルの水



タクシーの運転手さんが
「俺に言わせりゃさ、このペットボトルの水とガソリンがほぼ同じ値段で売ってるなんておかしな話だよな。だってガソリンのほうは、外国からはるばる海を渡ってやって来てるんだぜ」
と言いながら知らずに海外の水を飲むのを見て、それ外国から来てるなと思った。




というTwitter【ツイッター:つぶやき】を目にしたとき、災害用に長期保存できるペットボトルの水のことを思い出しました。




東光寺(静岡市清水区横砂)の境内には保育園があり、ここにも備蓄用に長期保存ができるペットボトルの水があります。



購入したことがある方は知っていると思いますが、この「お水」高級品です。



スーパーやコンビニで売っているペットボトル入りの水に比べると・・・



値段が高いのです!!



そのため(!?)、備蓄されているものは、もったいない感覚があり なかなか使えません。



しかし、使わないと消費期限が過ぎてしまいます。高級品なのに使わずに期限を迎えてしまうのは、とてももったいない話です。



しかも、かなりの量が・・・・



ですから、「消費期限が過ぎてしまったら、どのような問題が発生しますか?」と製造会社に問い合わせました。



すると驚きの答えが返ってきました。



「消費期限は中身の水ではなくペットボトルの容器が劣化しない目安になっています」



とのことでした。






言われて見ると容器は厚手で丈夫です。


長期保存が可能な水は、水が特別なのではなく容器が特別でしっかりとしているから、しっかりとした値段だったのです。


もちろん、消費期限が過ぎてしまった場合は飲まない方が無難なのですが、災害時に体をふいたり手を洗うために使用することも可能だと教わりました。



「ペットボトルの水」の価格は水の質だけではなく器であるペットボトルの品質にもよって大きく変わるのです。





仏教では心が落ち着いている状態を「水面がおだやか」などと、私達の心を「水」に例えます。


私は心を「水」だけで例えるのではなく「水と器」と考えてみるもの面白いと感じています。


私達は生まれたときから尊い心をいただいています。


この心が「水」であるならば、自分自身が器になります。


しっかりとした器があれば「水」は腐ることなくいつまでもキレイなまま保つことができるはずです。


ペットボトルは一度作られれば劣化するだけですが、私達(器)はたとえ劣化したとしても修復することができます。


そしてその修復方法こそが、これまで大切に守られてきた良い習慣であり、この良い習慣が多く残っている場所のひとつがお寺なのだと思います。

情けなくて恥ずかしい私 【その1】

500龍澤寺180430




若かりし頃、祝日はうれしいものでした。


しかし、祝日の意味など考えず「ただ休みが増えた」くらいの感覚しかもっていませんでした。


・・・恥ずかしい。




若かりし頃、地元(静岡)を離れ神奈川県や愛知県で過ごした時期があります。その頃出身地の話しになったときに


「静岡って何が有名?」


と聞かれることがありました。そういったとき私は


「静岡なんて 何もありませんよ!」


と答えていました。



・・・情けない。






自分が学ぼうとしていないことや知らないことを棚に上げ「何もない」などと言っていたことが、情けなくも恥ずかしい・・・





4月29日は「昭和の日」という祝日です。

この日は


「激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす」




ために祝日となっています。




私は「激動の昭和」と言われると、終戦の際にラジオの前で姿勢を正して天皇陛下の


「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」


という言葉を聞いている映像を思い出します。




当時の映像を見たり、話を聞くたびに、戦争と言う想像を絶する日々が終わり、先人たちの必死の働きによって見事に復興した日本で生活ができることは奇跡的な体験だと感じます。



しかし、どうしても日々の生活の中で、今の現状がどれほど恵まれた環境にあるのかを忘れてしまうことですがあります。こういった感謝の気持ちをもって祝日を過ごすことが大切だと改めて感じます。



さらに、この「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び・・・」の文言を当時の首相に進言した和尚様が、実は静岡県のお寺の住職(静岡県三島市にある龍澤寺を再興した山本玄峰老師)だったと言うことを知ったとき、


「静岡なんて 何もありませんよ!」


と答えていた私はなんて情けなくて恥ずかしい奴なのだと感じますし、多くのことを学ぼうとすることが大切だと改めて実感をしました。

「いいね!」と言いたからシールを作りました。

私は相手を褒めることが苦手です。


相手の「良さ」を見つけることは、どちらかと言えば得意です。


しかし、そのことを相手に直接伝えることが苦手なのです。



なんだか照れくさいと言うか・・・



ですから、本当は毎回子供坐禅会に参加してくれている子供達を毎回褒めたいと思うのですがなかなか言葉に出せていません。



毎月坐禅を体験するためにやってくる東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児に1人1人声をかけられずにいます。


そこで、「いいね!」と思っていることをどのように伝えるか考えた結果「いいね!シール」を作りました。



500いいねこまめシール1



東光寺未確認キャラクター「こまめ」がいいね!をしているシールです。



もちろん非売品です。



どこのお店にも売っていません。



手作りです。



500いいねこまめシール3



シールにひとつずつハンコを押して完成です。




500いいねこまめシール2



このシールは坐禅を一生懸命坐禅に取り組むことができた子供の「坐禅手帳」に貼ることにしました。




※坐禅手帳とは東光寺の子供坐禅会に3回参加してくれた方に差し上げている手帳であり、坐禅の仕方や坐禅会で読むお経、お寺の説明、仏教豆知識シールを貼るページなどからなる、東光寺特製の冊子です。



さっそく、4月に坐禅体験にやってきた園児の坐禅手帳に貼ったところ、喜んでくれたので安心をしました。



これからは保育園児の坐禅体験だけでなく、小学生が多く参加してくれる子供坐禅会でもこの「いいね!シール」を使っていきたいと思います!!

「自分が正しい」という思い込み

500ブログ 星の書き方1



先日、「星の書き方で性格が分かる」という心理テストが紹介されていました。



驚きました。



星の書き方が人によって違うなんて知りませんでした。



「星の書き方は誰でも同じ」



と思い込んでいましたが、人によって書き始めの位置が違うそうです。



500ブログ 星の書き方2



・・・しかも、①~⑤まで 見事なくらい書き始めが人によってバラバラだそうです。




私達はついつい、なんの根拠もないのに



「自分の考えと周囲の考えは同じ!」と思い込んでしまいます。



私自身も



「星は誰もが④から書き始める」



と思い込んでいました。




決して「自分が正しい」と思い込んではいけないことを、星の書き順に教えてもらった気がしました・・・

大切な心を見せていただきました。

500笑顔のタケノコ収穫


先日、近所の子供達とタケノコの収穫をしました。


タケノコを収穫することは竹林の整備に直結する大切な作業です。


東光寺(静岡市清水区横砂)の観音山は竹の勢力が強く、タケノコを取り残すと冬の整備が大変になってしまいます。




ですから、タケノコを見つけると


「敵発見!!」


と心の中で呟きながら作業をしています。




しかし、タケノコの収穫にやってきた子供達は


「やった!タケノコ発見!!」


と、まるで友達に再開したかのような喜び方で、タケノコを取り囲みます。




同じタケノコを見たときに、素直に笑顔があふれ出る子供達を見て




いろいろ考えたうえで、「敵だ」と感じる私は、仏教では好まれない「分別【ふんべつ】」の心でタケノコと接していることに気がつきました。




分別することなく素直にタケノコの季節を楽しめ心を取り戻すべく精進していこうと、子供の笑顔に誓いました・・・
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる