FC2ブログ

私は、どんな子供(人)でも仏教聖典が説く「賢い人」になれると信じています。


数多くあるお経の中から、教えの大切な要素と例え話を選び、それらを日常のやさしいことばにかえて表現した仏教聖典の中にこのような教えがあります。




非常に気が早く怒りっぽい男がいた。


その男の家の前で、二人の人がうわさをした。


「ここの人は大変よい人だが、気の早いのと、怒りっぽいのが病である。」と。


その男は、これを聞くとすぐ家を飛び出してきて、二人の人におそいかかり、打つ、ける、なぐる乱暴をし、とうとう二人を傷つけてしまった。



 賢い人は、自分の過ちを忠告されると、反省してあらためるが、愚かな者は、自分の過ちを指摘されると、あらためるどころか、かえって過ちを重ねるものである。





私は、どんな子供(人)でも仏教聖典が説く「賢い人」になれると信じています。







500まる 二重丸 三重丸



小学校2年生と4年生の娘が通知票をもらってきました。


今は「がんばろう」の評価が“○”なんですね。


ビックリしました。これがほめて伸ばすと言うことですか!?


私にはついていけません・・・





通知表には〇 ◎ そして「三重丸」が並んでいます。


もらってきた子供、通知表を見た私達夫婦の感想は全員一致で


「見にくい・分かりにくい」


でした。






△”や“×” なんて付けたら子供がやる気を失ってしまうと思っているのでしょうか。



もしも、そう感じて通知表の評価方法を変えたのなら、この通知表を作成した人は子供達(保護者も含めて)を「愚かな者」と感じているように思います。


愚かな者は、自分の過ちを指摘されると、あらためるどころか、かえって過ちを重ねるものである。



仏教聖典の例え話の中にもあるように、愚かな者は、自分の過ちを聞くとすぐ家を飛び出し相手を傷つけてしまいました。



通知表のシステム作成者は、評価した人(つまり担任等現場の先生方)が傷つけられないように配慮をしているのかもしれません。



しかし、「賢い人」は間違いを指摘されれば反省し改めます。



どんな子供(人)でも仏教聖典が説く「賢い人」だと信じるのならば、分かりやすく間違いを指摘することも大切なことのように感じます・・・




人は ほめられ続けて急に間違いを指摘されれば戸惑います。


適切な頻度で間違いを正しく指摘されることも大切です。


私は新しい通知表を見て

「自分の過ちを忠告されたとき、反省してあらためることができる人になって欲しい。

ほめられないと前に進めない人になって欲しくない。


そのために、我が家では出来ていないことはしっかりと、分かりやすく伝え、時には叱っていこう」
と心に誓いました。


新車は手がかからないが、古くなれば手がかかる

500車に教えてもらう1


現在私が乗っている車は使い始めてから8年は過ぎています。


燃費が少し悪くなる・・・

エンジンがかかるまでにちょっとだけ時間がかかる・・・

室内が汚れてきな・・・



など、新車で購入したときに比べると、ちょっとした違和感を感じることが増えてきました。

それでも車屋さんに定期的に点検・修理をしてもらったりしているので、安心して使っています。






よく車に関して、「新車は手がかからないが、古くなれば手がかかる」と言われます。その通りだなと感じます。



これは「人」も同じだと感じます。



人の生まれたときの美しい心は 残念ながら次第に汚れていきます。



車には定期点検があります。


私達の心の定期点検はなんでしょう。


この定期点検はお寺にあるように感じます。


合掌・読経・坐禅など、昔から守られてきた良い習慣こそが心の定期的な点検・修理になっています。




車は定期的に点検・修理をすれば長く良い状態を保ち続けることができます。


点検修理から戻り良い状態になった自分の車に乗るたびに、


人として生まれたときから尊い心をせっかく頂いた以上、良い習慣を大切にすることで、この心を長く良い状態に保っていきたいと思います。

「かぁぁぁぁつ!!」 と言われて起きたことはありませんか

500ねているこまめ


皆さんの中に葬儀の最中に「かぁぁぁぁつ!!」 と言われて起きた経験がある人はいませんか。


臨済宗の葬儀を経験した方なら


「私は何度かあります・・・」


という人もいるのではないでしょうか。






最近、ブログで葬儀の喝について

「心に残っている葬儀での光景」


「葬儀(お葬式)で「喝!」と叫ぶ理由」


という記事を書きました。記事では





臨済宗の葬儀では、死者の今生への迷いを断ち切り、悟りの世界に導くために


「かぁぁぁぁつ!!」


と大声で導師(葬儀の中心となる僧侶)が一喝をします。





など紹介をしています。






この話を書いているときに思い出した、私の好きな話を紹介させていただきます。





ある臨済宗のお寺で葬儀が執り行われました。


喪主は大切な方を亡くした男性です。


男性は悲しみの中 数日間ほとんど休むことなく葬儀などの準備をされていました。


そのため、葬儀が始まると疲れが出てついウトウトし始めてしまいました。


すると、突然 大きな 大きな


「かぁぁぁぁつ!!」


という声が聞こえてきました。


男性はビックリして音を立てて体を動かしながら目を覚ましました。




寝ていて怒られたとばかり思った男性は、葬儀終了後に和尚様の所へ挨拶へ行きました。そして


「先ほどは和尚様に 喝! と怒られてビックリしました。本当に申し訳ございませんでした。」


と謝罪したのです。



すると和尚様は 


「決して怒って 喝! としたわけではありませんよ。亡くなった方を悟りの道へ導くために 喝と唱えました。喝を聞いて起きたのなら、それはとっても尊いことですよ。あなたも亡くなった方と一緒に悟り世界へ行けたんですから。」


と答えたのです。男性は和尚様のいうことがよく理解できませんでした。すると和尚様は続けます。


「仏教では目覚めることを悟ると言うんですよ。だから、目覚めたと言うことは悟ったということです。亡くなった方も今回 悟りの世界導かれていますので、あなたと亡くなった方は一緒に悟りの世界へと到達したと言えますね。」


この言葉を聞いて男性は 自分が怒られたわけではないこと、そして大切な方と一体になれたことを知って安堵の表情でニッコリとされていました。






この和尚様は葬儀での一喝だけでなく、その後の言葉で男性に安心【あんじん】を与えているように感じます。


私は男性の心を調えた和尚様の一喝とその後の言葉に感動したことを今でも忘れることができません。

葬儀(お葬式)で「喝!」と叫ぶ理由


臨済宗の葬儀では「かぁぁぁぁつ!!」と大きな声が聞こえてきます。



これを「一喝【いっかつ】する」と言います。



私は喝に関して・・・



一喝を初めてすることになり、お寺で練習をしているところを誰かに見られたら恥ずかしいと考え、車に乗って出かけ

「かぁぁぁぁつ!!」

と車の中で叫びながら近所をウロウロと走り回った和尚さんの話しが好きです。



この話を思い出すと、葬儀での一喝をどれだけ大切にしているものかと感じます。





先日のブログで「心に残っている葬儀での光景」と題して葬儀の一喝について記事を書きました。


そこで、


死者の今生への迷いを断ち切り、悟りの世界に導くために「喝!」と一喝する


と、紹介させていただきました。

※記事はこちらです。




では、「喝」とは何でしょうか。




普段から「喝を入れる」という言葉を耳にしたり使ったりすることがあると思います。




そのときは「叱る」や「励ます」という意味で使っていると思います。




しかし、本来の「喝」は少し意味が異なります。




禅では、教えの伝達を文字や経典にたよらず師匠から弟子へと直接伝えていくことを宗旨としています。言葉では伝えきれない部分を伝えることが喝なのです。


ですから、この「喝」は弟子に対して口をはさむ余地すら与えない力強いものであり、弟子を導き伝えるための大切な行為なのです。


500警策と坐禅180928



現在の葬儀は


・亡くなった方とのお別れをする儀式(告別式)と

・亡くなった方が正式な仏教徒になるための儀式(授戒【じゅかい】)



が合わさった形になっています。


「喝」は葬儀の中でも正式な仏教徒になるための儀式である授戒で行われます。



仏教徒になるとは、お釈迦様のお弟子様になるということです。


しかし、お釈迦様に直接指導してもらい、導いていただくことは残念ながらできません。


そこで、お釈迦様の教えを受けた僧侶(導師)が師匠となり、亡くなった方を弟子とします。


その弟子を導くための大切な行為が「喝」なのです。


葬儀で「かぁぁぁぁつ!!」と聞こえたとき、決して怒っているのではありません。


深い心で亡くなった方を導いておりますので御安心ください・・・

心に残っている葬儀での光景

500赤ちゃんを抱くお釈迦様


私には心に残っている葬儀での光景があります。




それは、葬儀に参列していた赤ちゃんを連れた女性の姿です。


葬儀が始まると赤ちゃんは慣れない環境にグズグズし始めました。


そして時より声を出して泣いたりしていました。


そのたびに女性は赤ちゃんを一生懸命なだめます。


やがて時間が経ち落ち着いてくると赤ちゃんは気持ちよさそうに眠り始めました。


赤ちゃんをなだめていた女性も疲れたのかウトウトしています。




そのとき、葬儀は引導法語に入ったのです。


「これはまずい!」と私は思いました。


東光寺(静岡市清水区横砂)は臨済宗妙心寺派のお寺です。


臨済宗の葬儀(葬式)の場合、「引導法語」という漢詩をお唱えます。


これは、故人の一生や人となりを讃える詩になっています。

そして最後に死者の今生への迷いを断ち切り、悟りの世界に導くために


「かぁぁぁぁつ!!」


と大声で導師(葬儀の中心となる僧侶)が一喝するのです。







大きな声で「喝!」とするまで静かに漢詩を唱えていて、突然大きな「喝」が来るので初めての方は驚かれると思います。


この後 導師が「喝」としたら、また赤ちゃんがビックリして泣いてしまうのではないかとドキドキしていました。





そしてとうとう導師が一喝をされたのです。





その瞬間、女性はビクッと体を動かしたのですが、赤ちゃんは静かに眠ったままだったのです。


女性の腕の中で眠る赤ちゃんは、ただただ素直に泣きたいときには泣き、眠りたいときに眠っています。そして、周囲で何が起ころうとも自分の身体・命を女性にすべて預けて安心して眠り続けていたのです。


この姿が私には、仏教が説く「生まれたときから仏様の尊い心いただいている」という姿をそのままに表しているようにも感じます。


人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる