「駿河の白隠さん」での法話

500駿河の白隠さん1


大変ありがたい御縁をいただき、お寺以外の場所で法話をさせていただきました。




500駿河の白隠さん2


場所はなんとここ!!





500駿河の白隠さん3


静岡市美術館!!





500駿河の白隠さん4



現在「駿河の白隠さん」と題して、臨済禅の中興の祖であり禅の民衆化に努めたことで知らる白隠禅師の書画を中心に、135件が一堂に会して展示されています。




この「駿河の白隠さん」への来場者が自由に坐ることができる場所で法話をさせていただきました。




毎週金曜日の午後2時、3時、4時から2人の和尚様による法話会が開催されているのですが、今週(3月2日)は私も法話の機会をいただきました。





白隠禅師の教えが書かれたものがこれだけの数が、この静岡市で見ることができるということは大変に稀なことです。




例えば展覧会の中では隣同士にはありますが普段はそれぞれ別のお寺にあったり、個人の方がお持ちになったりしています。ですから、展覧会では一歩動けば次の作品を見ることが、次の教えを感じることができるのですが、本来同じようなことをしようと思えば、歩いたり車に乗ったり電車に乗ったりして大変時間をかけなきゃいけないものなのです。





 しかし、展覧会では一歩動くだけで、これだけの教えを感じることができる大変ありがたいものでございます。



 この白隠展(駿河の白隠さん)は250年遠忌という記念すべき年ということで行われていますので次の機会は300年遠忌、つまり50年後となっております。




 この機会を逃すとなかなかこのように一度に見ることはなかなかできないと思いますので、一度会場に足を運んでいただいて様々な教えを体感していただければと思います !!

保育園の親子坐禅体験  【平成29年度】

500親子坐禅体験180301


 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内ある袖師保育園の年長組園児たちが坐禅体験にやってきました。



 しかし、いつもとは少し様子が違います!



 この日は保護者と一緒に座ります!!



 1年に1回の親子坐禅体験です。



 大好きなお家の人が見てくれている、一緒に体験をしてくれるとあって、子供達は多少ソワソワしています。



 しかし、さすがに2年間毎月坐禅をしてきた園児達です。



「カチッ」と 坐禅開始の合図がなれば真剣に坐ります!!



 年中組のときから一生懸命坐禅に取り組む姿を思い出しながら、静かな本堂で一緒に座ることができてうれしかったです。



 坐禅の前の入堂(本堂への入り方)の仕方や、坐禅後のお参り、茶礼【されい:行儀よくお茶を飲む】など、全ての面で園児が保護者の見本となっていました。



 もうすぐ、卒園をしていく園児達ですが、卒園と同時に坐禅も卒業することがないように願い、「親子坐禅体験」に参加してくださった保護者の方には、



「なぜ、袖師保育園の園児は毎月坐禅をしているのか」



ということについて話をさせていただきました。




なぜ子供に坐禅を体験してもらいたい理由はたくさんあります。



その一つを明治大学文学部教授の齋藤孝先生は著書『10歳までに身につけたい「座る力」』の中で、分かりやすい言葉で紹介してくださっていますので御紹介させていただきます。




ちゃんと座れることと勉強ができること、あるいは社会人として安定して生き抜くことは明らかに相関しています。座る力は生きる力です。それは早い段階で身につければつけるほど、あとの人生が楽になります。「座る力」こそが、一生の中で最大の武器になります。






と著書の冒頭に書かれ、様々な体験などを通して、坐る力が大切だと言うことを細かく説明してくださっています。さらに、




キレやすい子やメンタルが弱い子は、坐禅や呼吸法を使って、静かで落ち着いた精神状態を習慣化し、おだやかさを獲得する方向にもっていく必要があります。

坐禅によってなぜメンタル面が強くなるのかというと、なにか事件が起きても過剰に反応しないブレない心を育てるからです。坐禅と言うのは、事実を見てありのままに受け止めることです。どんなことが起きようと、静かに受け止めるのが坐禅のスタイルです。それがメンタルの強さにつながります。

※メンタル【mental】心に関するさま。精神的。心理的。






と、坐禅そのものも説明をしてくださっています。



保育園の園児には2年間かけて坐禅の座り方や呼吸の仕方を伝えてきており、多くの園児が姿勢よく呼吸を調えることができるようになっています。せっかく身につけた実践方法を忘れないためにも、園児や保護者の方々には東光寺の子供坐禅会などに積極的にご参加いただければ幸いです。

写経会開催報告 【平成30年2月】

時代は本当にネットの時代でしょうか?



500写経会180223




東光寺(静岡市清水区横砂)では毎月23日午前10時から写経会を行っています。



もちろん、ホームページやフェイスブックなどインターネット上でのお知らせをさせていただいていますので、



「ホームページを見ました」



と言ってくださる方もいらっしゃいます。



しかし、東光寺ではインターネットを見てやってくる方は少数派です。



今月【平成30年2月】も無事に写経会を開催することができましたが、今月は何と16名の方が参加をしてくださいました!



東光寺の写経会始まって以来、最多の参加者数です。



今回初めて来てくださった方は



「アステンを見て来ました」



と教えてくださいました。




500アステン1801062





1月6日に静岡新聞のアステンでも写経会のことを紹介していただいた効果なのか、先月も大勢の方が参加してくださいましたが、1ヶ月以上たった今月まで影響があることに驚いています。
※アステン掲載についての記事はこちらをご覧ください。




確かに今はインターネットの時代かもしれません。



しかし、東光寺の写経会参加者は



・お寺からのお知らせ

・口コミ

・新聞や情報誌の記事





をきっかけに来て下さる方が大半です。




情報を伝える方法はインターネットだけでなく、口コミや紙面など様々な形があることを改めて実感させていただいています。



これは心を調える方法に、写経、坐禅、読経、掃除など様々な行があるのと似ている気がします。



心を調えるために写経なら写経ばかりに固執し他の坐禅などの行を軽視してはいけないように、



インターネットばかりに目が行ってしまい、他の情報伝達を軽視してはいけないことを忘れずに行動していきたいと思います!



もちろん、インターネットを見ている人が少ないと勝手に決めてけてもいけません。


だからこそ、



「インターネットを見てやってきました!」




と言う方も増やしていきたいと思いますので、東光寺の写経会の内容や特徴もここで紹介をさせていただきます・・・



500hpsyakyoukaititle_20180223235529c34.jpg

日時
・毎月23日午前10時


納経料
・1巻(写経した用紙1枚)を納経(のうきょう:お寺にお経を納める)する際に1,000円を納めていただいています。


特徴
・誰でも参加できます
「檀信徒だけしか参加できないと思っていた」と言われたことがありますが、そのようなことはありません

・イスに座っての写経です。
「正座をして写経をしたい!」と希望される方がいらっしゃれば座布団と低い机を用意しますが、これまで希望されたことはありません・・・皆さんイスの方が良いとおっしゃいます。

・字が下手でも問題ありません
「写経は字が上手か下手かは関係ない。仏教の教えを大切に丁寧に書くことが重要です」との考えで写経会を開催しています。写経用紙を納める箱(納経箱)を用意していますので、他の参加者に自分の書いた写経用紙をじっくりと見られることはありません。

・般若心経【はんにゃしんぎょう】という300文字ほどのお経を写経しています。

・写経終了後、お茶を飲んだりお菓子を食べながら参加者同士でお話をすることができます(自由参加)

・手ぶらでも参加できる
写経用紙、筆ペン、下敷きなど必要なものは御用意しています。もちろん、御自身の道具を持参していただいてもかまいません。

・写経会に2回参加すると東光寺特製の「納経帳」を差し上げます。




流れは

10時00分
挨拶・法話(仏教のお話)

10時10分
読経:皆様と一緒に般若心経をお唱えします。
静坐:姿勢と呼吸を調えます。

10時15分頃
写経開始

10時50分頃
写経終了、お茶






となっています。興味がある方はぜひ一度ご参加ください。

東光寺発・寺嫁まめこのひとこと通信 25号

 結婚するまで(結婚後もしばらく)お寺で生活をしたことがなかった妻が、実際にお寺で体験し学んだことを伝えるために不定期で檀信徒の皆様に発行している「お便り」である、


寺嫁まめこのひとこと通信 25号


が配布されましたの、紹介させていただきます!



今回は「~東光寺の写経会、参加しやすい5つの理由~」です。



mamekotuuusin25.jpg
※写真をクリックすると、大きな図で表示されます。
※PDFファイルでご覧いただける環境の方はこちらをクリックしてください。





 東光寺(静岡市清水区横砂)では少しでもお寺のことや仏教のことを多く方に知っていただきたいと、





東光寺ホームページ

・ブログ(新米和尚の仏教とお寺紹介寺嫁がみつけたゴキゲンの種)、

・お便り、本山関係の冊子、

・法話






など様々な方法で紹介をさせていただいています。





その中の1つに





寺嫁まめこのひとこと通信





があります。 発行依頼、東光寺から配布されるものの中で最も「楽しみにしています」と言われています。この声を聞くたびに、もっともっと自分自身ががんばらなくてはいけないと感じますが、成長できません・・・・

婦人部総会・新年会 【平成30年】


東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年1月最終日曜日に婦人部が主催する「婦人部総会・新年会」を行っています。



今年の様子を写真で御紹介いたします!


500婦人部新年会1801282


10時  開式  



500婦人部新年会1801281




まずは読経・回向・御詠歌です。






その後、・住職挨拶・法話

さらに、新班長紹介です。 今年一年お世話になる班長様を御紹介させていただきました。





引き続き 婦人部総会 (活動報告や会計報告など)








11時 催し物

500婦人部新年会1801284




今年は音楽療法の専門家を招いての健康維持講座でした。
大変興味深い話だけでなく、楽しく音楽と触れ合いながら、簡単なのに健康維持に効果が高い体操などを教えていただきました。



500婦人部新年会1801283

最後は毎年恒例の「甘酒」を皆さんに飲み、昼食を食べていただき無事に終了することができました。




 東光寺は御婦人方のお力によって支えられていると言っても過言でないほど、普段から婦人部の方々に助けていただいています。

今回も準備から片づけまで婦人部役員の皆様には大変お世話になりました。ありがとうございました。

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる