子供が背負っているものとは・・・

 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児が法要のためにお寺の本堂にやってくることがあります。



 このとき、園児たちはお揃いの服を着てきます!




 500保育園児の成道会151208004

 写真の園児も揃って着ているますね。





 その名も・・・





 法輪ケープ 【ほうりんけーぷ】






 500法輪

 



 園児たちが背負っているものが 法輪 なのです!!







 
 法輪 【ほうりん】を仏教語辞典で調べると、





 仏の教え。 







 と書いてあります。 仏の教えを具体化、図として表現をしたのが写真のマークです。







 つまり、法輪ケープを着て祈るということは、仏様の教えを背中に背負って、目の前の仏様を祈っているのです。






 そして、このお参りする姿は 前からも後ろからも仏様に見守れていることを示しているのではないでしょうか!!?





 

 そのように感じながら、園児たちがお参りをする光景を目の当たりにすると、彼らの姿がより尊く感じます・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる