コーヒーとドーナッツで人を救うことができるのか!?

 私はコンビニが好きです。



 就職先が決まり1人暮らし用のアパートを決める際も 数件の物件を見て決め手になったのは隣にコンビニがあったことでした・・・・



 
 幼い頃は生活圏にコンビニがなかったため、テレビの中でしか見たことがありませんでした。




 しかし、高校3年生の頃に高校への通学路の近くに初めてコンビニができ、田舎者の私は都会的な香りに引き寄せられるように無理やり理由を見つけてコンビニへ行こうとしていました。






 その後、コンビニは時代と共に変化を続け、今では淹れたてのコーヒーとドーナッツまで求めることができるようになりました。




 そんなコンビニへ用事があり出かけた最近の出来事です。




 私は払込みをするためにレジに並びました。




 すると、レジの横にはおいしそうなドーナッツが並んでいます。


 
「おいしそうだなぁ~」 とながめていると、ドーナッツの下に張り紙があり



「コーヒーを購入するとドーナッツ20円引きのクーポン差し上げます」



と書いてありました。

500コーヒーとドーナッツ001

コーヒーを買うと 20円分のクーポンがもらえる・・・




500コーヒーとドーナッツ002

次回、そのクーポンを使うとドーナッツが20円引きで購入することができる・・・・





 500コーヒーとドーナッツ003

 でも、コーヒーとドーナッツを同時に購入しても割引にはならない・・・






 はずでした・・・・






 私の前に並んでいた男性が




 「コーヒーとドーナッツ」




 と注文をしました。 すると店員さんは




 「まず、コーヒーだけで会計しますね」




 と言ってコーヒーだけを販売しました。お客さんは何故コーヒーとドーナッツをまとめて会計しないのか驚いた様子でした。正直、私もわかっていませんでした・・・





 コーヒーの会計が終わると、店員さんは出てきたレシートをお客さんに見せ





「この部分が割引券になるので切りますね!」





といってレシートに印刷されているクーポンを切り取りました。





そして、ドーナッツの会計をしながらクーポンを利用したのです。





店員さんは元値が100円のドーナツを「80円です」 と言って会計を進めます。





お客さんも2回に分けて会計をする意味が分かり、少し嬉しそうでした。





 私は前で繰り広げられる行為に見とれていると、前のお客さんは店員さんから受け取った20円のお釣りを迷いなくレジの隣にある募金箱の中に入れたのです。




 特に表情を変えることなく、自然の流れの中でお釣りを募金箱に入れていました。




 数多くあるお経の中に 四弘誓願文【しぐせいがんもん】 という短いお経があります。





仏教徒として常に心に留めておく必要がある4つの誓いの言葉であり、読経の最後に心を込めて合掌しお唱えするお経です。





このお経の中に




 衆生無辺誓願度  【 しゅじょうむへんせいがんど 】




 という言葉があります。




 生命あるものは限りなくたくさんありますが、全てのものを救おうと努力することを誓う




 という意味があります。 




 普段の生活から意識をしていく必要のある大切な教えです。





 普段からこの教えを意識することができていたからこそ、20円の予定外のお釣りを受け取ったお客さんは迷うことなく募金箱にとっても自然の姿でお釣りを入れたのだと思います。




 そこに、見返りをもとめる姿はありませんでした。





 このような美しい行為が多くの場所で行われることを願いつつ、 自分だったら迷いなく20円を財布にしまってしまうなぁ と自分の修行不足を痛感しています・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる