FC2ブログ

コンビニのお弁当と給食

とらわれない こころ

かたよらない こころ

こだわらない こころ

ひろく  ひろく  もっとひろく

これが般若心経   空【くう】のこころなり






 この言葉は 故:高田好胤【こういん】師が残したものです。





 仏教では こだわらない ということをとても大切にします。






 こだわらない ことは大変に難しいことです。





 私自身も、何かに迷ったり・怒ったりして心が調っていないことに気が付いたとき




 
 自分自身の無駄な こだわり が原因だったと気付くことも少なくありません。






 先日、学校給食について討論をしているテレビ番組を見ていた時に こだわりのない眼で発言をされている方がいて驚きました。






 お笑い芸人の 千原せいじ さんです。





500弁当151106





 横浜市在住の女性が、中学校の給食実施を求める内容の発言をしていたとき





 女性 「 毎日お弁当を作るのが大変でコンビニの弁当を買って持たせていたら、誰が作ったかも分からないものを食べるなんて子供がかわいそうだと思いませんか?」




 と言うと 千原氏は





 「 コンビニ弁当の何が悪いの?  誰か分からなくても一生懸命作ってくれている人がいるでしょう! そんなこと言ったら給食だってセンターで作ったらコンビニ弁当と一緒じゃないか!」






 と答えていました。





 私はドキッとしました。





 どんな食べ物でも 自然の恵み と 多くの人の苦労があって初めて食卓に並ぶはず。





 しかし、「あれは良い・これは悪い」というような必要以上のこだわりを持ってしまうことで、 「コンビニの弁当はかわいそう」という気持ちを持ち 自然や食べ物のいのち・多くの人の苦労を感じとることができなくなっていた自分に気づかされました・・・






 「何が良いのか・悪いのか」 を 考える前に 「感謝の気持ち」 を持つことの大事さを教えていただいた気がします。





 

 そして、感謝の気持ちを持ち 日々の生活を送ることが 「こだわらない心」 つまり こだわりを捨てる実践 なのだと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる