池の波が表すこと・・・・

 御縁をいただき、福井県で行われた研修に参加させていただきました。




 研修終了後にお世話になっている和尚様に





 「せっかくここまで来たのだから、少し足を運んででも見に行った方が良いところがあるよ!」





 と声をかけていただきました。 それは、・・・・





 ・・・・・






 鈴木大拙【すずき だいせつ】館 でありました。





 石川県金沢市にある鈴木大拙館は、研修先から車で片道1時間ほどの距離にありました。





 鈴木大拙氏とは、禅についての著作を英語で書き、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者であり、「近代日本最大の仏教者」や「世界的な仏教学者」とも言われている方です。





 そのような記念館があることを知らなかったのですが、興味があり出かけました。






 とても印象的な場所でした・・・






 その中でも 私が印象に残っているのが、


 水鏡の庭 と呼ばれる中庭にある池でした。



500鈴木大拙館151105




 言葉の通り 鏡のような水が あります。





500鈴木大拙館1511052



 
 この水に美しい景色が映ります。







 美しい景色を眺めていると・・・・






 突然 水に波が発生しました!!!






 この池には小さな波を発生させる装置がついていたのです!!!






 500鈴木大拙館1511053



 水が波打つと 景色は映りません・・・













 しかし、しばらく時間が経つと 「波」 は治まり、再び水面が鏡となるのです。






 仏教では心の動きを水面を使って表現することが多くあります。







 鏡のように調った水面は全ての物を区別・差別なく映し出します。 





 しかし、心が調わずにいると 水面が波立つのと同じように、ありのままに映し出すことができなくなってしまいます!





 中庭の池の波は このような世界観を表現しているように感じました・・・・







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私も6月に訪れました。
シンプル?な展示にも感心しましたが、波紋が広がる池にも魅了されました。
受付のスタッフに作庭の意図を訪ねたのですが、思うように解釈してくださいと言われました。
池を設計した方は、鈴木大拙の本を読み込んでから設計をされたとのことでした。

新米和尚とは違い、私の心はいつも波紋が広がってばかりいます。

Re: No title

スタッフに質問をするとこらが さすが、どくだみ和尚様! 

と感じます。

展示物というよりも空間を楽しむための工夫の多さに驚きました。

今回は時間を気にしながらの見学だったので急ぎ足になってしまったことが悔やまれます・・・

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる