仏教とハロウィン

 ハロウィンはもともとはケルト人の秋の収穫祭や、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事だったそうです・・・









 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある保育園は




 「仏教教育」




を教育理念に掲げています。





 この保育園には観音様に見守られている「こどもの畑」があります。






 そんな畑で観音様に見守られて育った大きなカボチャが仮装して、保育園の玄関に飾られています・・・・





 500ハロウィン151017





 禅の言葉に





 張公喫酒 李公酔 【 ちょうこう さけを きっすれば りこう よう 】





 と言う言葉あります。





 張さんが酒を飲んだら、李さんが酔っぱらった




 という意味です・・・





 時間や場所、さらには自分だとか他人と言う分別を超越した世界を表す言葉です。






 保育園の玄関に飾られているカボチャのオバケは、きっと 「分別の世界を超えていけ!!」と私達に伝えてくれているのだと信じています!!







 張さんが  酒を飲んだら  李さんが  酔っぱらった




 観音様のカボチャが 帽子をかぶったら ハロウィンの 飾りになった
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる