仏前結婚式・和合の茶礼(されい)

茶礼 さくら茶



 仏前結婚式だけでなく、禅宗では何かあると「茶礼(されい)!!」と声がかかります。法要の準備の為に和尚さんが複数集まると、仕事をする前からお茶を飲みます。知らない方が見ると

「え、仕事もしないでいきなりお茶なの!?」

 と、驚くかもしれません。しかし、このお茶には「ちょっと休憩してお茶でもいかが!?」などどいう軽いものではありません。

 禅宗の習慣で、様々な行事のけじめとして、和合をはかる意味で、一堂に会して、一つの釜で沸かしたお茶を頂きます。

「この出会いは二度とない一期一会の出会いであり、この出会いを大切にします。」

 と言う意味があります。ですから、茶礼をとても大切にします。どんなに忙しくても全員が集まり茶礼をしてから、動き出します。



 仏前結婚式でも、式の始まる前に参列者全員が「和合の茶礼」と言って茶礼をします。両家の親族や関係者が集まる機会は多くはありません。


 その貴重な時間を大切にし、御両家の益々の和合を祈念するために茶礼を行います。

 仏前結婚式などおめでたい席では「さくら茶」を使用することが多く、東光寺でも仏前結婚式のときに使用します。さくらのピンク色が鮮やかで、おめでたい気分を盛り上げてくれます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる