おばあちゃん の おはぎ 

500おはぎが繋ぐ命



 おばあちゃん が作ってくれる「おはぎ」が大好きな女の子がいた。



 お彼岸になると、いつも おばあちゃん は「おはぎ」を作ってくれた。



 女の子は いつも



 「おいしいね!」



 といって「おはぎ」を食べた。








 やがて女の子は成長し、離れた町に住む男性と結婚し、子供が産まれ、母となった。




 母となった女性は「おはぎ」を子供に作った。




 おいしい「おはぎ」ではあったが、おばあちゃんの「おはぎ」とは何かが違った・・・




 違いは気になっていたが、子供が「おいしい!」と言ってくれるので特に深く考えていなかった。









 ある日、女性は



「 おばあちゃん が病気になって、長くは生きられない」



と実家の母にに聞かされた。




 おばあちゃん が病気だと知ってから初めてのお彼岸の季節に女性は「おはぎ」を作った。




 やはり何かが違う・・・



 女性は実家の母に 「 おばあちゃんの おはぎ と私の おはぎ は何かが違う」 と相談した。


 実家の母は おばあちゃん に「おはぎ」の作り方を聞いた。



 おばあちゃんは 病気のために心身ともに大変なときであったが、一生懸命作り方実家の母に伝えた。




 女性は実家の母に作り方を教わり、一生懸命「おはぎ」を作った。


 完成した「おはぎ」は小さい頃から食べてきた「おばあちゃんのおはぎ」だった。






 女性が「おばあちゃんのおはぎ」を作った翌朝 おばあちゃん は亡くなった。


 悲しかった


 悲しかったが、女性は自分が作った「おばあちゃんのおはぎ」を見たとき、「おはぎ」の中に おばあちゃん を感じた。


 おばあちゃん との繋がりを感じた。



 女性、実家の母、おばあちゃん、それぞれがお互いを想い合うからこそ伝わり・つながった「おはぎ」。




 


 これからも、おばあちゃんを想い「おはぎ」を作れば、その中におばあちゃんの命が吹き込まれる。





「おはぎ」の中に おばあちゃんの命 が入ってくる。





 そう感じたとき、女性は自然と子供と一緒に「おはぎ」を作りたいと考えていた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる