子供に坐禅会で話したこと 第52番

 東光寺(静岡市清水区横砂)子供坐禅会では毎回お寺や仏教に関係する話しをしています。


 そして、話の内容にあった「仏教豆知識シール」を参加者に配布しています。



 自分自身の備忘録も兼ねて紹介させていただきたいと考えています・・・・



 ※以下の内容は子供向けに話したものです。







 仏教豆知識シール 第52番  題名 【六波羅蜜:ろくはらみつ】



500仏教豆知識シール 052



 突然ですが、今日から 六波羅蜜 【らくはらみつ】 という言葉を毎日紹介していきます!!




 六波羅蜜?? 



 聞いたことがありますか??




 あまり普段は使わない言葉ですが、お寺ではとっても大切にしている言葉です。






 「六」とい数字が入っているので想像できるかもしれませんが、とっても大切な「6つ」の教えです!





 どんな教えかと言いますと、シールには






 彼岸(悟り)の世界に到達するための六つの方法(六つの正しい実践の道)







 と書いてあります。 難しい言葉を使ってしまっているので分かりにくいですが、 「彼岸」 とは 悩んだり、苦しんだりすることがない世界のことですので、六波羅蜜とは





 苦しんだり、悩んだり、迷いのない、みんなが仲良く暮らすことができる場所へ行く方法





 と言い換えることができます。





 そして、その方法が 「6つ」 あると言われているのです。






 みんなが仲良く暮らせる場所ってどこだろう?






 お空の上かな?? 

 夢の中かな??

 シールに書いてあるような虹の向こうかな??

 それとも海の向こうの外国かな??






 実は・・・・・






 その場所は 「ここ」 なんです!!






 え、仲良くないって!?? ケンカしている子もいるの??





 そうだよね、たまにはケンカをしたり無視をしちゃったりするよね。





 でも 六波羅蜜は私達に 「苦しみがなく、みんなが仲良く暮らせる世界」 はどこか遠くにあるのではなく、実はとっても近くにあることを教えてくれています。





 ですから、明日から(朝の子供坐禅会の中では) 何をしたら 「苦しみがなく、みんなが仲良く暮らせる世界」 へ行けるのかみんなと一緒に勉強していきたいと思っています!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる