仏前結婚式

 なんと、2月中旬に東光寺(静岡市清水区横砂)で仏前結婚式が行われます。東光寺での結婚式は約5年ぶりです。現在、その結婚式の準備をしております。

 このブログで今後も仏前結婚式のことを書いていこうと思っているのですが、確認をしなくてはいけないことがあります。あくまでも「結婚式」の事を書いていきます!!「結婚披露宴」とは違います。

仏前結婚式会場


 昔はお寺で結婚式をすることは、決して珍しいことではありませんでした。どちらかと言うと、ごくごく当たり前のことでした。しかし、私自身も友人の結婚式に何度も参加しましたが仏前結婚式は私だけでした。多くの友人は披露宴会場の併設された教会で結婚式を挙げていました。


 私の個人的な考えですが、お寺は亡くなった後に行く場所ではありません。自宅に仏壇があり、法事などをして御先祖様を供養しているのに、人生の晴れの日である結婚式をお寺で行わないというのは非常にもったいないと思います。



 では、仏前結婚式の特徴は何かといいますと、

 1番の特徴は「日本でも最も歴史のある結婚式」の一つだということです。


 そして仏前結婚式には、


・神聖な尊い心を得る「洗心(せんしん)」

 ・心の拠り所(よりどころ)を明らかにする「帰依三宝(きえさんぽう)」

 ・具体的な生き方を自覚する「授戒(じゅかい)」

 ・二人で協力して幸せな家庭を築き、社会への貢献のこころの誓う「誓願(せいがん)」

が全て含まれているのが特徴です。



 つまり、仏前結婚式は

心を洗い、仏教徒として仏教の教えを守ることを誓い、二人で協力して幸せな家庭を築き、社会への貢献まで誓うのです!!


 知っているようで、知らない結婚式の内容を今後しばらく特集していきたいと思います。

 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

仏前式を考えています

はじめまして。
仏前式をしたいと考えており、
情報を得る中でこちらのブログにたどり着き
拝見いたしました!
ひとつ気になることがあるんですが、
仏前式をするお寺は
好きなところに決めて良いのでしょうか?
私と彼が法事などでお世話になっている寺は
どちらも小さく、
また交通の便も良くないため、
ふたりに縁のある土地で
仏前式をしていただける寺を探そう
と考えております。
そういったことは可能なのでしょうか?
また、直接お寺の方に連絡をとって
大丈夫なのでしょうか?
それとも、今主流になっているように
ウエディングプランナー等にお願いするのが
いいのでしょうか?
質問ばかりになりますが、
仏前式の情報が少ないためわからないこと
だらけです…
お返事よろしくお願いします!

Re: 仏前式を考えています

poco様

始めまして、東光寺副住職横山です。

ブログを見ていただい、コメントありがとうございました。


そして、御結婚おめでとうございます。


「仏前式をするお寺は
好きなところに決めて良いのでしょうか?
私と彼が法事などでお世話になっている寺は
どちらも小さく、
また交通の便も良くないため、
ふたりに縁のある土地で
仏前式をしていただける寺を探そう
と考えております。」


と言うことについて私個人の考えですがお答えさせていただきます。


 理想としては普段からお付き合いのあるお寺で行っていただけるのが1番良いとは思います。

 しかし、そのお寺での開催が難しい場合、又は他の場所を希望されるときの理想の探し方は、お付き合いのあるお寺に聞いてみることだと思います。

 これは、普段のお付き合いの深さによってお寺に聞きやすいか聞きにくいかが変わってきてしまいますが、ウエディングプランナーの方より近隣、または同じ宗派のお寺のことを良く知っている可能性が高いためです。


 普段からお付き合いのあるお寺に聞きにくいなど事情がある場合は、直接お寺の方に連絡をとっていただいても問題はありません。


 せっかく仏前結婚式に興味をもっていただいたのに、情報が少なくて申し訳ありません。今後も微力ではありますが、仏前結婚式の良さを伝えるべく努力していきます。

 もし私のような者でよければご質問にもお答えさせていただきますので、お問い合わせください。


 伝統があり、御先祖様にも見守っていただける素敵な仏前結婚式を挙げられることを祈っています。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる