寺子屋体験で伝えたいこと 【食事編】その1

 東光寺(静岡市清水区横砂)の寺子屋体験では昼食が出ます。


寺子屋体験食事作り1407313

 昼食の基本は ご飯 みそ汁 漬物 です。




 特別の日には「おかず」があるかもしれませんが、基本的にはこれだけです・・・





 生活のすべてを修行とみなす禅宗では、「食事」をとても大切にします。



 食事は人間が生きていくうえで絶対に必要なことだからです。



 大切にすると言っても豪華な食事をするわけではありません。



 禅宗で大切にするのは、食事の作り方や食べ方です。




 

 そして、寺子屋体験の参加者には



 ・食事五観文(しょくじごかんもん)という、禅の食事作法をまとめた5つの教え

 ・「いただきます」という言葉について




 話をさせてもらっています。






 食事五観文とは、

  一つ、すべてのものに感謝してこの食事をいただきます。
  二つ、自分の日々の行いを反省してこの食事をいただきます。
  三つ、欲張ったり残したりしないでこの食事をいただきます。
  四つ、身体と心の健康のためにこの食事をいただきます。
  五つ、みんなが幸せになるためにこの食事をいただきます。

    

といった食事の前にお唱えする禅宗の教えです。(実際にお唱えする言葉は昔から使っている難しい言葉です・・・) 食事五観文(しょくじごかんもん)については以前、当ブログで紹介をさせていただいています。


興味のある方はこちらをクリックしてぜひご覧ください






 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる