なぜ塔婆を書くのか!?

500塔婆150713


 塔婆【とうば】を書いています・・・




 毎年8月7日は東光寺(静岡市清水区横砂)施餓鬼会【せがきえ】の法要が行われます!



 施餓鬼とは、餓鬼【がき】に施す法要です。



 亡くなられた方や餓鬼に洗米と言って 洗ったお米やお水をお供えすることによって亡くなられた方や餓鬼を供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要です。





 施餓鬼会では葬儀や法事と同様に塔婆供養を行い、参加していただいた檀信徒の皆様は塔婆を持ち帰ります。






  塔婆は卒塔婆【そとば】とも言い、インドの言葉「スツーパ」の音に漢字を当てはめたものです。


 古代インドでは盛り上げた墓または塚を「スツーパ」と言っていました。


 日本では、お釈迦様の遺骨を納める入れ物(舎利瓶)の形をお墓の墓標として一般的に使うようになると、石板・木柱・木板に刻み目をつけただけの墓標や供養塔が作られるようになりました。


 これが塔婆の始まりです!





 では、なぜ塔婆を立てるのか???



 それは、お釈迦様の徳を尊び供養するためにインドでは「スツーパ」を、日本では「五重塔」を建立し供養するのと同様に、亡くなられた方の徳を尊び供養のために塔婆を立てているのです。





 もちろん供養するために五重塔を建立しても良いのですが、さすがにそれでは経済的にも大変なので塔婆が一般的に使われているのです。






 そんな塔婆をこの時期に心を込めて書かせていただいています、裏面だけですが・・・・






 並んだ塔婆をながめていると習字の練習の必要性をヒシヒシと感じます・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる