FC2ブログ

大般若 報告

大般若2


 東光寺(静岡市清水区横砂)では毎年1月7日に大般若会を行っています。


 大般若とは家運隆昌、五穀豊穣、商売繁盛、交通安全、世界平和の達成を祈る、伝統ある儀式です。つまり、今年一年良いとしでありますようにと祈る儀式です。


 大般若では「十六善神(じゅうろくぜんじん)」を描いた掛け軸をかけます。「十六善神」とはインドの鬼神で、後に、仏法守護の神となった十六の夜叉神のことです。この夜叉神たちには私達の悪心を取り除く働きがあるとされています。この十六善神の前で法要は行われます。

 大般若の一番の見どころは、やはり多くの僧侶が大般若経を転読する様子だと思います。600巻ある大般若経という経本を1冊ずつパラパラと転読する姿は迫力のあるものだと思います。普段あまりお寺に来る機会がない方にも、わかりやすく見ていて飽きない儀式です。是非、まだ参加したことのない方も来年以降に参加していただければと思います。


 東光寺の大般若は檀家様の参加率が非常に高く、本堂内にはたくさんの方が入り、寒い季節ではありますが本堂内はポカポカと暖かくなるほどで、本当にありがたいことだと感じています。 また、参加者には大般若会終了後、祈りが込められた御札(大般若札)と御菓子をお配りさせていただきました。御札は各家々を御守りする御札ですので、家の入口に貼って魔除けにしていただければ良いかと思います。
大般若1


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる