FC2ブログ

仏前結婚式

 昨日、親戚の結婚披露宴に参加させていただきました。

あふれる幸せを分けていただき、こちらも幸せな気分に

なりました。結婚された二人は披露宴の前にホテル内の

教会で結婚式を挙げられていました。私はこれまでに友人や

親戚など様々な結婚式に参加させていただいてきましたが、

ほとんどが教会での結婚式でした。教会以外の結婚式は自分自身が

寺で行った仏前結婚式と、後輩が行った人前結婚式の2件だけです。

 
 なんで教会での結婚式が多いのか考えてみました。答えは簡単な

気がします。


 披露宴に結婚式がセットで付いてくるから!!そしてセット(おまけ)で

ついてくるのが教会の結婚式だからではないでしょうか。


 今の時代、重要なのは「披露宴」であり結婚式は結婚式は「おまけ」

になりつつある気がします。これは、さみしいと言うより間違っています。

仏壇を買ったら本尊様がおまけにプレゼントされたようなものです。

または、家を買ったら家族がおまけに付いてきたようなものです。

 
 そこで、結婚式(仏前結婚式)とは、どういったものか少し紹介します。

詳しくは 東光寺の仏前結婚式 もご覧いただければ幸いです。




仏前結婚式は、日本でも最も歴史のある結婚式の一つです。

三三九度の杯は、仏教徒の儀式「三拝」、「九拝」が源です。


仏前結婚式には、

 ・神聖な尊い心を得る「洗心」

 ・心の拠り所を明らかにする「帰依三宝」

 ・具体的な生き方を自覚する「授戒」

 ・二人で協力して幸せな家庭を築き、社会への貢献のこころの誓う「誓願」

が全て含まれているのが特徴です。

 個人的には片言の日本語に、早くて聞き取れない本場の英語を交えて

話されるより、普段から使っている日本語を話す和尚さんに見守られて

儀式を行う仏前結婚式が結婚をする2人のその後を、より良いものに

してくれると思います。


 ぜひ、これから結婚する方はせめて一度選択肢に入れていただければと思います。

結婚式を行っているお寺は日本全国にたくさんありますから!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる