生きているうちに「極楽」も「地獄」も体験できました!

東京の増上寺で行われた寺フェスというものに行ってきました。


400寺フェス向源150503005



この寺フェスというのはお寺のことをもっと多くの人に知ってもらおうと企画されたもので、宗派の垣根を越え様々な体験をすることができるお祭りです。

先日の記事はこちらをご覧ください





知り合いの方に紹介をしていただき、大変興味深い催し物でしたので行ってきました。






様々な体験をさせていただきましたが、中でもすぐに実践できそうな企画として





極楽箸【ごくらくばし】




という企画を見つけさっそく体験をしました。






これは、地獄と極楽を箸を使って体験すると言う企画です。









なぜだかわかりませんが、私は小さい頃に祖母に地獄と極楽の話をしてもらったことよく覚えています。








祖母は小学校低学年の私に







天国(極楽)と地獄は実は同じなんだよ。


食事をする場所も、食器も、み~んな同じ!!!


違うのはそこにいる人達だけだよ。


でもね、今私達が使っているものと箸は長さが違うんだよ。


と~~ても長いの!!



天国(極楽)では長い箸を使って周りの人達と食べさせあって仲良く食事をするけど、地獄では自分の長い箸で食事をしようとするけど、なかなか食べられないんだよ。


しまいには箸が隣の人に当たってケンカが始まってしまうんだよ。





と教えてくれました。






記憶力が人一倍ない私ですが、強烈な印象を受けたせいか今でもよく覚えています。







なんと、その体験ができる企画があったのです!!!






祖母との思い出を胸にさっそく参加・・・・






なんと参加者のほとんどが女性・・・







単独の男性で参加しているの私だけでした・・・







他の男性は親子や夫婦での参加でした。






少し緊張をしましたが、自分で豆を食べようとしてもなかなか食べられませんでしたが、周囲の人と協力をするとご飯やゴマ豆腐まで食べられました!!







祖母の話は聞いただけでも強烈な物でしたが、実際に体験してみると より一層実感することができました。






当然のことですが、食べさせる側も食べさせてもらう側も、お互いを想わなくては上手に食べることができません。







実は、今回の経験をお寺と言う場所で多くの人に体験をしてもらいたいと考えています。








それは、夏休みに行っている「子供 寺子屋体験」です。







小学生用に体験方法を変化させて、さっそく今回の夏に挑戦をしてみたいと思っています!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる