FC2ブログ

甘茶の作り方を補足します!!

4月8日はお釈迦様の誕生日です。






 東光寺(静岡市清水区横砂)でも毎年の花祭りの法要【降誕会:ごうたんえ】を行います。





 東光寺では毎年

 ・読経
 ・焼香
 ・甘茶を誕生仏へそそぐ
 ・御詠歌
 ・布教師の和尚様のお話を聞く



 といった流れで法要を行います。



 花祭り(お釈迦様の誕生を祝う法要)では、お釈迦様が誕生されたときに甘露【かんろ】の雨が降ったという話があるので、産まれたてのお釈迦様(誕生仏)に甘茶をかけます。そして、花祭りのときに甘茶を飲むと縁起が良いとも言われています。



 東光寺の花祭りで仏様にかける甘茶とお参りに来られる方に飲んでいただく甘茶作りは私の担当です。






 実は、昨年の4月に 『甘茶【あまちゃ】』 の作り方を 当ブログで紹介をさせていただきました。












 暗記ということが昔から苦手な私は、ブログに甘茶の作り方を書いておけば来年以降自分が困らないであろうと考えて、以下のように紹介をしました。










 甘茶という名の通り 御茶です。甘茶の葉っぱは

花まつり140408

花まつり1404083


このような姿です。









花まつり1404084

↑↑↑これをティーパックに入れます。







そして、沸騰したお湯に甘茶を入れて煮出します。





1リットルのお湯に5gのお茶の葉を入れました。






花まつり1404082


隠し味に甘草【かんぞう】も1リットルに対して0.2~1gほど入れて煮出します










すると・・・



花まつり1404085




甘すぎず、苦みも少ない おいしい甘茶の出来上がりです!!





以上です!!







昨年の自分は、この内容で満足していました・・・・







今年の私はこのブログを見ながら実際に甘茶を作ろうとして




「説明が足りない!!」




と感じました。






何分間 甘茶を煮出したのかが分からなかったのです。






と、言うのも昨年は 味見を繰り返しながら 「よし!」と思うまで煮続けたので時間が正確には分からなかったのです・・・






そこで、今年は時間を測定しながら実験をしてみました。






400甘茶150408001

完成した甘茶を湯飲みなどに分けやすいようにやかんで煮出します。





400甘茶150408002

煮出す時間を変化させながら 色や味を確認しました。





結果、煮出す時間は沸騰した状態のお湯に甘茶を投入してから4分間が一番おいしく、色も良いと私は感じました!






甘茶の作り方をまとめますと・・・


・1リットルの水に対して5gの甘茶と0.2~1gの甘草を用意します。

・水を沸騰させ、「お茶パック」に入れた甘茶と甘草を入れます。

・4分間煮だし、お茶パックを取り出します。



これで、おいしい甘茶の出来上がりです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが理科の先生!
ありがとうございました。
人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる