辞書によって答えは違うのか!?

 先日、このブログで



 春休み子供坐禅会の主題は「布施」
 




 ど題して、「布施」という言葉を紹介させていただいました。
  ※興味のある方はぜひこちらをご覧ください




その中で、辞書で調べると


 
「布施」は「施し」


「施し」は「恵み」


「恵み」は「慈しみ」



と書いてあり、


 「慈しみ」は「仏様の心」を表すので、布施は「こだわりのない仏様の心で、自分のできることを誰かの為に行うこと」と紹介をさせていただきました。





 個人的には、辞書で調べた結果を並べたら美しい変換ができて気持ち良かったと感じていました・・・・



400辞書による違い



 ・・・ところが、最近になって驚くべきことを発見してしまいました!!!



 私が昔から使っている別の辞書を使って



 「施す」という言葉を調べてみると




 ・弱い立場の者に無料で与える

 ・効果を期待して与える





 と書いてあったのです!





 辞書によってここまで表現の違いがあることに驚きながらも、自分が普段から使用している言葉も受け取る方によって感じ方に大きな違いがあることを改めて感じさせられる出来事でした・・・


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる