北風と太陽・・・ 今日は北風が勝ちました!!

 東光寺(静岡市清水区横砂)には 「こまめ」 という未確認キャラクターがいます。

こまめ らくす
   ↑↑↑これは 「絡子こまめ」 です。




 絡子【らくす】 とは、お参りの際などに首にかけて使用するものです。




 僧侶が身に付ける袈裟【けさ】を簡略化したもです!



 仏教は東南アジアなど暖かい地域で広まりました。暖かい地域では寒さ対策の為に多くの衣服を着ることはありません。身に付ける物は1枚の布だけです。



 それが、袈裟です!!





 つまり、強引ですが 




 服 = 袈裟【けさ】 = 絡子【らくす】 




 と言えます・・・




 
 ~ 平成の北風と太陽 (和尚と絡子【らくす】バージョン) ~ 

    ※本日起こった実話です





 今日はとても風の強い日でした。 




 お墓へのお参りに行き、お寺に向かって歩いていました。




 その時です!! ただでさえ風が強いなぁと感じながら歩いていたのに、さらなる突風が私に襲いかかってきました。





 それでもなんとか風に飛ばされないよう気を付けながら歩き続けました・・・




 しかし・・・・



 なんと・・・




 突風にあおられ絡子【らくす】が空へ飛んでいったのです!!!



 信じられない光景でした・・・



 もちろん初めての体験ですし、このような体験を聞いた記憶が私にはありません。



 絡子【らくす】 = 服


 と、さきほど強引に紹介しました・・・





 つまり、私は北風に服を脱がされたのです!!





 今までの童話では北風は旅人の服(コート)を脱がすことができず、太陽が旅人を暖めることによって服を脱がされるという話でしたが、平成の時代では 絡子【らくす】 = 服 を吹き飛ばすことができる北風が登場したようです・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる