FC2ブログ

保育園で行われた節分の行事で感じたこと 【1】

節分150203

 ↑↑↑ この靴は誰の靴でしょうか?




 正解は 「鬼」 です!!





 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園では毎年2月3日に節分の行事を行っています。



 豆まき



 です。 



 毎年2月3日の午前中に保育園のホールに鬼がやってくるため、 園児たちは 歌を歌ったり 紙芝居を読んでもらったり 節分や鬼の説明を受けて 鬼を待ちかまえます!





 今年も2人の鬼がやってきました!!





 節分1502034

 怖がる園児もいますが、勇敢にも鬼に向かっていく園児もいてホールの中は大盛り上がりです。





 私も記録係りとして現場に向かおうと移動していたところ「鬼の靴」を発見しました。





 ・・・きれいに揃えて並んでいます。 





 この「鬼の靴」を見て以前このブログでも紹介させていただいた詩を思い出しました。

 トイレの張り紙140906





 
 はきものをそろえる


 はきものを そろえると 心もそろう

 心が そろうと はきものも そろう

 ぬぐときに そろえて おくと

 はくときに 心が みだれない

 だれかが みだして おいたら

 だまって そろえて おいて あげよう

 そうすれば きっと 世界中の

 人の心も そろうでしょう






節分1502035


 
 心の調った鬼なので 最初は怖がっていた園児たちも 最後には鬼と握手をして別れを惜しんでいました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる