FC2ブログ

お寺は誰のもので、誰が主導するものなのか。

東光寺1302231

 お寺で生活をさせていただいていると




 
 「お寺は誰のもので、誰が中心になって主導するものなのか。」







 と、考えることがあります。 









 ・檀信徒
 ・地域の方(お参りに来る方)
 ・寺族(僧侶とその家族)






 様々な答えが浮かんでは消えていきますが、





 「お寺は誰のものでもない、誰か特定の人が主導するものでもない!」






 と自分の考えをまとめることは少なくありません。







 檀信徒があるからお寺が維持できる。

 →お寺が維持されているから経済的な負担をせずにお参りだけをすることができる人がいる。

 →お寺が維持されているから安心して寺族が生活し布教活動を行うことができる。

 →法施(仏教の教えを説く)があるから檀信徒は維持するために力を尽くしてくれる。

 →熱心にお参りする人の姿を見て檀信徒は寺を維持したいと気持ちを強くする。

 →檀信徒があるからお寺が維持できる。

 ・
 ・
 繰り返し
 ・ 
 ・

 



・「檀信徒」
・「お参りする人」
・「寺族」



 このの3つが一体になって仏様を拝み、教えを学ぶのが「お寺」なのだど自分なりに答えがまとまって行きます。





 
 例えるなら3人が肩を組んで「仏教・悟り」という長く険しく感じる山を登るイメージでありましょう。





 しかし、山登りの例え話しで考えると、3人が肩を組んで山を登っていたがそれぞれの歩く速さや方向に少しズレが生じることもあると思います。




 このとき3人は地図(仏法)を見てどの方向が正しいのか判断しお互いのことを思いやりながら再び歩き出すことができれば「お寺」は維持されていくのだと考えています・・・







 「お寺」は誰のものと特定することはできませんが、仏法(仏教の教え・お釈迦様の教え)が中心にあることは間違いのない事実です!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる