FC2ブログ

菜箸【さいばし】 と 竹ろうそく と 一鏃破三関【いちぞくさんかんをやぶる】


 禅の言葉に



 一鏃破三関 【いちぞくさんかんをやぶる】




 という言葉があります。 



 ・ちょっとした覚悟と工夫で難関をあっけなく通り抜ける

 と、いった意味や

 ・師匠の優れた(鋭い)一言で、修行者の妄想を断ち切ってしまう様子



 と、表現する言葉です。




 東光寺(静岡市清水区横砂)でおこなった「竹ろうそく」で今回初めて使われた菜箸【さいばし】も一鏃破三関ような品物だったと思います。







 竹ろうそくと菜箸3

 今回の「竹ろうそく」では実に800個程のろうそくを使用し、境内を照らしました。




 「竹ろうそく」 ですので、 「竹」 の中に 「ろうそく」 が入っています。




 「竹ろうそく」を実施する際に多くの苦労がありますが、想像よりも大変なのが「ろうそく」のセットと点火です・・・・





 「 点火!? 先が長いライターで点火していけばいいじゃないの!?? 」





と感じる人もいるかもしれませんが、実は先の長いライターでの点火は 実際にやってみると予想よりも時間がかかり、さらに点火しずらいと感じます。






 点火しずらい理由としては


 1.竹の中に「ろうそく」があるため、点火するために手を入れようとしても狭くて入れにくい。
 
 2.最近のライターは子供のいたずら防止のためスイッチが固い


 などが考えられます。 と、言うことは 広いところでライターを使わない点火の方法が必要になってきます。






 「 なにか良い点火方法はないものか? 」






 と悩みながら100円均一のお店を歩いていた時に出会ったのが




竹ろうそくと菜箸

料理用の「菜箸トング」 でした。 初めて「菜箸トング」を目にしたとき






「これは、使える!!」





 と感じました。 





竹ろうそくと菜箸2


広いところでライターを使わない点火の方法が実践できるのです!!






 方法 (手順)

 1.広い場所で1つの「ろうそく」にライター等で点火をする。
 2.火のついた「ろうそく」から火をもらい次の「ろうそく」に点火する。
 3.火のついた「ろうそく」を菜箸トングでつかみ竹の中に入れる
 4.「2」と「3」を繰り返す。





 この方法は大成功でした!! 「菜箸トング」という商品は これまで使ったことがありませんでしたが、この商品を使うと「竹ろうそく」を行う際には 劇的な労力と時間の節約になります。




 この 今までにない道具を使っての新しい点火方法のおかげで、800本のろうそくへの点火は上手に行うことができました。


 まさに 一鏃破三関 【いちぞくさんかんをやぶる】ようなお話だと感じました。





 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる