且坐喫茶【しょざきっさ】


 禅の言葉に



  且坐喫茶【しょざきっさ・しゃざきっさ】




 と言う言葉があります。 「ゆっくりお茶でもお飲みください」といった意味があるそうです。






 お茶と言えば「和菓子」ですよね!




  
  且坐喫茶 から少し話が離れてしまうかもしれませんが・・・・






 先日、いただいた和菓子に感動したので紹介させていただきます!!



 みかんと和菓子

 先日、「みかん」の形をした和菓子をいただきました。 よく見ると、皮がむけていて中身が見えています。 「すじ」まで再現していて驚きました!










 みかんと和菓子2

 あまりに素晴らしい和菓子に出会うことができたので、楽しくなって比較のために本物のみかんも写真に撮って見ました・・・・









 みかんと和菓子3

 和菓子と同様に 本物のみかんの皮をむいてみました。








 みかんと和菓子4

 並べてみました。








 
 性格の悪い私は、本物のみかんを食べながら





「和菓子のみかんは皮をむいたらどうなっているかな? どうせ、見えている部分だけ「すじ」を作っていて皮の部分をむいたら何かわからなくなっちゃうでしょ!」




と考え、皮をむいてみました・・・・






 なんと・・・・







 驚きました・・・・









 まさか・・・・








 こんなことになるとは・・・・・








 みかんと和菓子5







 見えなところまで手を抜かずに作られていました。 








 「且坐喫茶【ゆっくりお茶でもお飲みください】」 という言葉を使うためには、迎える側もできるだけの準備をしなくてはならなし、迎えられ側も相手がどれだけの準備と心遣いを用意してくださっているのか理解する必要があると思います。





 心をこめて準備していただいた和菓子に対して「皮の部分をむいたら何かわからなくなっちゃうでしょ!」なんて考える未熟者の私にはまだまだ使ってもらえない言葉です・・・
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる