もうすぐお彼岸!!

 外に出ると「彼岸花」が咲いていました。


彼岸花140916



 毎年、同じ場所に、同じ時期に美しい花を咲かせます。



 この彼岸花を見て、禅語カルタ(花園大学の旧・禅的教育研究所が作成した禅語のカルタ)を眺めていると





 山花咲野鳥語【 さんかわらい やちょうかたる 】 




と言う言葉が目に留まります。





 「自然の無心の営みが この世の真実をしめす」 という意味があるそうです。







 「無心」という言葉を仏教語の辞書で調べると




 ・心の働きがないこと
 ・妄念を断滅した真心を指す





 と書いてありました。 山花咲野鳥語という言葉は





 自然の営みは かっこつけたり、欲におぼれたりすることなく、まさに無心であり、この世の真実が 「無心」であり「真心」 であることを私達に教えてくれている気がします。






 毎年、無心で咲く彼岸花に新しい禅語を教えていただきました・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる