FC2ブログ

大いなる命

400P3280218


 以前 参加させていただいた勉強会で、ある和尚様が「いのち」について次のように表現されていました。





 はるか昔から「いのち」はどこかで途切れることなく現在までつながってきました。


 昔から、「私達 1人1人の命は 大きな大きな海の上に出た飛沫【ひまつ】」と表現されることが多くあります。

 
 飛沫はやがて大きな海に帰っていきます。この大きな海を 大いなる「いのち」と表現し、私たちの命もやがて大いなる「いのち」に帰っていくのですね。






 上の写真を見たときに、この言葉を思い出しました。



 滝を流れる水も 無数の飛沫を作り出し、その飛沫は滝の流れに帰っていきます。そして滝の水はやがて大きな海へと流れ込んでいきます。



 「いのち」とは こういうものなのかな~・・・ と考えると同時に、自分の昔の写真を見て「いのち」について考えている自分に驚きました!!



 ・・・滝の下の方に写っている人間が平成19年3月の私です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる