保育園児の坐禅体験と施餓鬼【せがき】体験 平成26年8月

 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児が毎月恒例の坐禅体験にやってきました。




 坐禅体験14083




 今月も落ち着いた雰囲気の中で坐ることができました!!!







 さて、今月は8月です。東光寺は8月7日に 「お施餓鬼」 という法要を行っています。




 施餓鬼の法要は漢字を見ていただきますと分かりやすいと思いますが、餓鬼【がき】に施すと書いてあります。 亡くなられた方や餓鬼に洗米と言って 洗ったお米やお水をお供えすることによって亡くなられた方や餓鬼を供養すると同時に水一滴・お米一粒でも満足することができるはずの自分の心を見つめ直す法要です。





 残念ながら保育園の園児は8月7日の法要に参加していませんので、坐禅の後に施餓鬼も体験してもらいました!





 坐禅体験14082

 水向け【みずむけ】と言う洗米や水をお供えする方法を聞き、





坐禅体験1408

 坐禅体験に来た全員でお参りをすることができました。






 ・・・小学校に入る前の園児たちですので、お施餓鬼の意味や習慣などを理解することは難しいかもしれませんが、体験することが理解を深める1番の近道だと考えていますので、今後も様々なお寺での体験を保育園の園児にもしてもらいたいと思います!!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる