FC2ブログ

今年も保育園児の坐禅体験が始まりました!

 東光寺(静岡市清水区横砂)の境内にある袖師保育園の園児(年中組・年長組)は毎月1回本堂に「坐禅体験」にやってきます。




 今年も4月になり新年度が始まりましたので、坐禅体験も始まりです!






 年長組は昨年度も体験をしていますし、園児の顔ぶれにも変化がないため、いつも通りの坐禅体験です。





 新年度を迎え、最高学年になったとの自覚がきっと胸の中にはあったのでしょうが、それを決して表には出さず静かに坐ることができました。





 年中組は坐禅という未知との遭遇に不安を感じながらの入堂(本堂に入る)でした。しかし、坐禅は決して怖いものではないことや最後にお茶を飲んだりお菓子を食べることができることを知り最後は笑顔で帰っていきました。
 





 通常であれば妻が茶礼(お茶やお菓子をみんなで行儀よくいただくこと)の手伝いや写真の撮影をしてくれのですが、この日はあいにく不在だったため写真を撮ることができませんでした・・・





坐禅手帳1404212
 ちなみにこの写真は、先日紹介した 新しくなった坐禅手帳です。この坐禅手帳、今回の改定によってこれまでよりも「自分だけの坐禅手帳」と思えるような工夫がされています。








 それは表紙の色だけでなく「坐禅手帳」と書かれている部分の背景色も自分で選ぶことができるようになったことです。


坐禅手帳140419

 表紙は全部で4色。背景色は全部で6色









坐禅手帳140421






 つまり24通りの組み合わせから自分に合った色の坐禅手帳を作ることができるようになったのです!!!




 坐禅体験にやってきた園児たちも真剣に悩みながら好きな色の組み合わせを選んでいる姿がとてもかわいらしかったです。





自分だけの坐禅手帳を持って、毎月園児たちが坐禅体験を楽しみに来てくれるとうれしいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる