FC2ブログ

バナナ? イカの足? 仏さまの手!?

仏手柑1403053


 先日、衝動買いをした飴です。その名も





 仏手柑飴【ぶっしゅかんあめ】






 仏手柑1403052
 この写真は、毎年お手伝いをさせていただくお寺のお正月の様子です。






 右下にありますよね、仏手柑!!






 仏手柑140305






 毎年、「珍しい果物があるなぁ」 と見ていましたが、




 「食べる実の部分はほとんど無い」





 と言う情報を得ていたので食べたいとも感じたことがなかった果物でした・・・





 


 しかし食べられないはずの仏手柑がなんと飴になって売っていました!! 京都の有名寺院で!!!!








 「合掌をしている仏様の手の形をした柑橘類」 と言うことで仏手柑【ぶっしゅかん】と言うそうで、インド原産の果物だそうです。神経を鎮め体内の毒素を出すと言われ昔から漢方として大事にされてきたそうです。





 妻に飴の箱に描かれている仏手柑の絵を見せて




 「何に見える??」




 と聞くと、




 「バナナ?? うーん・・・イカ!!」





 と答えました・・・・・








 禅語に



 渓声便是広長舌 山色豈非清浄心

 【 けいせい これ すなわち こうちょうぜつ  さんしょく あに しょうじょうしんに あらざんや 】



 という言葉があります。





 谷川のせせらぎの音は仏様の説法であり、山の緑は仏様のお姿にほかならない






 と言う意味だそうです。 






 同じ川の音でも、とらえようによっては うっとうしく聞こえてくることもあれば、心地よい癒しの音楽に聞こえてくることもあります。




 富士山を毎日見ていたときには何も感じなかったが、郷里を離れ久しぶりに富士山を見ると感動することもあります。




 自分自身の心によって見え方が変わってしまうのです・・・・









 あ、そう言えば・・・・






 私は毎年仏手柑を見ていましたが、仏様の手に見えたことがなかったことを思い出してしまいました・・・







 心を調えなくては・・・・
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる