東光寺カレンダー 平成26年1月

 東光寺では年末のお参りに来ていただいた方にカレンダーをお配りさせていただいています。

 このカレンダーはA4サイズ程度の大きさで、半分が仏教に関する絵や文字になっており半分が書き込みもできるカレンダーになています。



 お配りさせていただくと、


「いつも楽しみにしています。」

「ちょうどいい大きさなので毎年使わせていただいています。」



と言った言葉をいただきうれしく思っています。私自身も部屋で使っています。





 使ってはいるのですが、今まであまり絵や文字の部分には注目をしていませんでした。




 今年は、絵や文字にも興味を持ってみようと今月(平成26年1月)のページを開いてみると




カレンダーH2601




う~ん、達筆すぎて読めないなぁ・・・



と思ったら、下に解説が!



眼流星 機掣電 殺人刀 活人剣



??ますますわからない・・・・?? と思っていたら さらに解説が




 眼は流星 機は掣電 殺人の刀 活人の剣(無門関第十一則頌)





 う~ん、説明ができない・・・




 自分の勉強不足だけがよくわかりました。




 このカレンダーは私に今月の課題を出してくれていると受け止め、勉強をしていこうと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる