仏教とクリスマス

 12月に入り、「クリスマス」を感じることが増えてきました。


 「クリスマス」はイエス・キリストの誕生を祝う祭りだと私は認識しています。


 
 
クリスマスのお地蔵様




 昨年のクリスマスには、東光寺の水子・子育て地蔵尊にもたくさんのお供え物がありました。


 私の個人的な考えですが、


 お供え物は「これ」でなくてはいけない・お参りの仕方は「こう」でなくてはいけない!という決まりよりも、常に身近な場所で暖かい笑顔で見守ってくださるお地蔵様へ、「亡くなったお子様への祈りの気持ち」や「健やかな成長を祈る気持ち」を素直に表したお供え物の方が尊いものだと感じています。






 現代の日本ではクリスマスが宗教行事だと強く感じている人は減ってきているのかもしれません。






 しかし、最近少し気になるチラシを見つけてしまいました。それは、






 クリスマスコンサート!






のチラシです。






 「え、クリスマスコンサートなんてどこにでもあるじゃん!?」






 と言う方もいらっしゃるかもしれません。



 もちろん、私もどこにでもあると思います。しかし、今回はあって欲しくない場所にありました。






 それは以前、写経会のポスターの掲示を依頼したところ



「宗教活動だからダメ!」



 と断った公共施設だったのです・・・断られたときは納得しましたが、キリスト教の行事が良くて仏教がダメとなると話は違います!!文句でも言おうかと感じてしまいましたが、文句を言ったところで何も解決しません。






 なぜ、公共施設でキリスト教がは許されて仏教がだめだったのか!??




 答えは簡単かもしれません。キリスト教というよりも「クリスマス」が宗教行事を超えた国民的行事と認識されているからなのでしょう。



 もっともっと仏教行事を普段の生活の中に浸透していくように努力や活動が必要なのではないかと、12月から始まるクリスマスで盛り上がる時期になると感じます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる