何ができるのか!?

 最近、ケネディ新米駐日大使が話題になっています。


 先日行われた坐禅会のときにも話題になっていました。このときにはお父様であるケネディー元大統領の話になり、彼の名言でもある


国家に対して何を望むかよりも、自分が国家に何を奉仕できるかを考えるべきである


と言う言葉も話題にあがりました。この言葉を聞いたとき私は、以前経験した出来事を思い出しました。



 それは、観光であるお寺を訪れたときのことです。そのお寺は山の山頂付近にありました。

手すりと布施1311262
↑↑↑この山の山頂付近です





 残念ながらお寺を訪ねるには徒歩という選択肢しかありません。車を山のふもとの駐車場に止めて登山開始です。






手すりと布施131126

 山道では写真のような階段が続きます・・・








 続きます・・・・・







 手すりに助けられながら階段を登り続けます・・・・







 階段を登りきると・・・・







 手すりと布施1311264
素敵な景色が待っています!!





 私は階段を登りきったところでお寺の関係者とお話をする機会があり、





 長く続く石段にある手すりは、お参りに来た方が



 「ここの階段を登るのには大変だ。大変だから手すりがあった方がいい!私に手すりを寄付させて下さい。」



 と申し出があり、その方が本当に手すりを寄付されたそうです。






 自分が「手すりがあると便利だ」と感じ、他のお参りをされる方のことも考えて手すりを寄付するという行為は本当に立派な布施行だと感じた出来事でした。





 国家に対して何を望むかよりも、自分が国家に何を奉仕できるかを考えるべきである
→階段に対して手すりを付けて欲しいと望むより、自分がお参りにする方のために手すりを付ける!



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる