義務教育

学校の教室131106
 中学校の教員をしていた頃に、生徒が


「なんで学校にこなきゃいけないの!? 学校に行くのが義務だなんてきついなぁ」


と言うことがありました・・・このようなことを言う生徒には


「いや、別に来なくてもいいよ・・・君たちには教育を受ける権利はあるけど義務はないよ。保護者に教育を受けさせる義務があるのだよ。」


と答えていました。この言葉を聞いた生徒は間違いなく驚きます。意外と誤解している大人も多くいますが



 「義務教育は子供が必ず学校に行かなくてはいけないこと!」



ではありません。あくまでも



 保護者が子供に教育を受けさせる義務があるのです!!



そして、国が教育を受ける場所として作ったのが「学校」なのです。





私は子供坐禅会などでお寺にやってくる子供に



「お寺は学校と同じように人生をどのように生きるかを勉強するところだよ。学校では勉強のために教科書を使うけどお寺では勉強のためにお経を使うよ。」



と話します。お寺の良さは、お寺で学ぶことができる期間は義務教育の9年間だけでなく一生涯学び続けることができることだと思います。学ぶ方法もお経を読むだけでなく、坐禅・写経・布薩(ふさつ)・授戒(じゅかい)・作務(さむ)と数えきれないほどあります。

 そして誰にでもお寺で学ぶ権利があるのです。この権利を活用しないのは非常にもったいないと思いますし、私はお寺で生活をさせていただいている以上、皆さんがお寺に来ていただきやすい環境を作っていくことが「義務(勤め)」だと考えています。


 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる