御詠歌の力

 自分でも理由はわかりませんが、私の体には感動を感知する場所があります。



・・・・それは、背中です。 映画を観たり、スポーツ観戦をしている時などに感動的な場面に遭遇すると背中にゾクゾクとした感覚がやってきます。


 先日、この感動感知器である私の背中が反応する機会がありました。それは、ある「御詠歌」を聞いたときでした。


御詠歌131105
ご詠歌【ごえいか】とは、仏教の教えを曲に乗せてお唱えするものです。




 御詠歌の歌詞はわかりやすい言葉(日本語)で書かれており、親しみやすいものです。先日はこの御詠歌のひとつで


 みほとけは


という御詠歌を聞くことができました。歌詞は



みほとけは

どこにおわすと

たずぬるに

たずぬるひとの

むねのあたりに




というもので、歌詞の良さと お唱えしてくださった和尚様の声が素晴らしかったため、とても感動させていただきました。





 東光寺では御詠歌を毎月恒例行事の「布薩会【ふさつえ】」や「観音供養」、「地蔵尊供養」など様々な機会に耳にすることができますので興味のある方は是非一度「御詠歌」を聞いてみてください!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、30代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる