FC2ブログ

施餓鬼会(せがきえ) 平成25年

東光寺(静岡市清水区横砂)では、毎年8月7日は




ご先祖様をはじめ、すべての霊を供養する


山門大施餓鬼会(さんもんだいせがきえ)






を行っています。




毎年10時より法話、11時より施餓鬼会(せがきえ:法要)といった流れで施餓鬼会が行われています。



 
 施餓鬼会(せがきえ)とは、飲食(おんじき)供養をすることによって、亡くなった方を救う行事として起こったものです。 法要の際は外に施餓鬼棚をつくり、「三界万霊牌」を置き、洗米と水などを供えます。 





「餓鬼」とは欲深く他を省みることなく、常に飢えて欲求不満になっている状態を言います。このような餓鬼を救済するための法要でもあり、自分自身の中にある餓鬼に気付き、「自分がしてもらって喜ぶ心を、他にわけてあげる」という気持ちになれる行事です。





 今年も、8月5日の準備から役員さんや班長さんをはじめとする多くの方に助けていただき無事に施餓鬼会を開催することができました。 本当にありがとうございました。





 今年の様子を写真も使ってご案内させていただきます。





施餓鬼会1308074
東光寺の特徴でもある山門(さんもん)に幕を張ります。

施餓鬼会1308071
玄関にも幕を張り、皆様をお迎えします!


施餓鬼会1308072
10時より法話です。毎年、大般若(だいはんにゃ)と施餓鬼会の法要の際にお話をしていただいている布教師の和尚様に施餓鬼のことについてお話をしていただきました。


施餓鬼会1308075
近隣の縁のある和尚様に多数参加していただき法要を行いました

施餓鬼会1308073
参加者全員に水向け(みずむけ:お米や水をお供えする)を行っていただきます。毎年参加してくださる方は慣れた様子で「素早く」そして「美しく」水向けを行ってくださいます。



施餓鬼会1308076
気付いていない方もいらっしゃるかもしれませんが、東光寺では施餓鬼会のときに「放生会(ほうじょうえ)」を行っています。放生会とは、殺されてしまう(食べられてしまう)はずの鳥や魚などの生き物を助けるために川や野に放す儀式です。東光寺では、例年ウナギを助けます。


 今年も法要に参加してくださる方々や、お手伝いをしてくださるかた、それから出頭をしてくださった和尚さま方など、多くの方の力を借りての法要となりました。本当にありがとうございました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

人物紹介

新米和尚

Author:新米和尚
横山友宏
東光寺 副住職
【静岡市清水区横砂】

中学校で理科を教えていた男がある日突然和尚になった。(臨済宗妙心寺派)そんな新米和尚による、仏教やお寺についての紹介をします。 気軽に仏教やお寺に触れていただければと思います。


元:中学校教師
  (理科・卓球担当)

現:臨済宗妙心寺派の和尚
2人の娘の父親であり、育児にも積極的に参加し!?失敗を繰り返す日々を送る、40代を満喫しようとしている どこにでもいる平凡な男

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる